« ひたむきさを求めて | メイン | 生涯学習の楽しさ »

2006年1月23日

松高ナイン 筋力測定

DSCF0422.jpg
DSCF0428.jpg

今日は、月曜日、グラウンドでの練習はなく午後4時から監督宅前にダイナミックコーポレーションのバスが来て、バスの中で松山高校硬式野球部員の一人一人の筋力測定(第1回)が行われました。2006年は筋力、体力アップを目的に指導を受け科学的な裏づけに基づいても強い身体づくりを目指すそうです。

今年は、大飛躍の年になるようにとの考えから、監督は、専門家の筋力トレーニングを受けさせ、時々は筋力測定をして野球部員の強い身体力アップを目指して、今日は、初めての筋力測定が行われました。

子供達は、バスの中での筋力測定、トレーニング室での筋トレ、ギャラリー構内での素振りなどに分かれてそれぞれに自分の成すべき事を黙々とこなしていました。

一人一人が自分の努力目標に向かい自分の筋力アップに挑戦する姿が如実になっています。

ゴムなどを使い、それぞれが自分の筋力アップに活き活きと立ち向かっています。

連日の寒い中での練習ですが、月曜日は、グラウンドへは行かず、以前から監督宅のトレーニング室で筋トレ、柔軟体操、素振りなどに励んでいましたが、今回は更に専門家の力を借りて子供達一人一人の
運動スポーツ能力をもっと高めようと新しいことに挑戦しようとする積極性は楽しみなことです。

子供達は皆、とても張り切っていました。

今日は、一段と活き活きしている松山高校硬式野球部員達の顔を見ました。

「目標」を持って生きる人間の強さを見せ付けられる思いです。活き活き生きるコツは、「夢」を持って生きることに尽きると思います。

子供達は、厳しい寒さの中でも心には熱い思いを抱いて頑張っています。

今の時代は、「情熱」を持ちながら生きてゆく事がとても大切なことだと思います。

何か夢中になれるものを大切にして、かけがえのない一人一人の人生を大事に欲しいと思いました。


今日のガンディーの言葉 「我々は、自分自身の運命の製作者である。」

投稿者 jizai3 : 2006年1月23日 16:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/262

コメント

数値化して客観的に判断することも大切なのでしょう。オリンピッ
ク選手も食事と筋力の付き方の関係など研究しているようですね。

投稿者 kaz : 2006年1月23日 20:10

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)