« 生涯学習の楽しさ | メイン | 松山町 第52回文化財防火デー・消防訓練日 »

2006年1月25日

交通ルールを守って元気に下校

IMG_3827.jpg
IMG_3826.jpg

午後、ギャラリーの前の交差点をすごいスピードで車が走り抜けて行きました。丁度松山小学校の下校時間と重なっていましたので、心配で外に出てみました。車は、小学校の脇を通り抜けてコスモスロード方面へ走って行きました。辺りに子供達の姿はありませんでしたので一安心しました。

現代は、いろいろなことに関して倫理観の欠如が懸念されます。

心痛む出来事が多く、哀しくなり、やり切れ無さを感じることがあります。

「人命」に関することさえ疎かに扱われていることに対しては、義憤を感じています。

今日の午後にはギャラリー前の交差点をすごい音とすごいスピードで乗用車が走り抜けて行きました。

丁度、松山小学校の下校時間と重なっていましたので心配で表に飛び出しましたが、子供達の姿は無く本当に安心しました。

車を運転する人には交通ルールを守って頂きたいと思います。

先日、松山駐在所のおまわりさんにお聞きしましたが、町内は時速40キロ走行だそうです。

制限速度をきちんと守っている人は少ないとのことですが、子供を見かけたら、徐々に減速して欲しいとのことでした。今日の運転者は、20キロぐらいは、オーバーしているようなすごいスピードでした。

小牛田方面から来て交差点で左に曲がり、小学校、幼稚園、保育所の前を通ってコスモスロードへ抜けたようでしたが、遅い夜の時間帯には、猛スピードの車の音を聞くことはありますが、今日のような時間帯には大変珍しいことでした。

人生を生きる上では、自己の好き勝手は許されないことが多々あります。

法治国家では、違反すれば逮捕され、刑に服さなければなりません。

幼い時から、いろいろな形で約束事を守るよう躾けられますが、破った時のペナルティーの重さ軽さでも
約束違反に対する観念がそれぞれ違って植え付けられていると思います。

しかし、重大な出来事に対しては、ルール違反が命取りになる事もあり、取り返しのつかない事態に陥ることもあるので、小さな頃から、約束は守るものと、しっかり躾ける必要があると思います。

もしも破った時には、厳しく対処する必要があると思います。

幼い子供の時期には厳格さは通じますからこの時期にこそしっかりと教え込むことが大事だと思います。

先日、松山小学1年生が交通事故に遭いました。
ほんの軽傷で済んだようでしたが、今日のような無謀な大人がいると本当に困ってしまいます。

暴走する大人じゃなく、子供を守る大人であって欲しいと思いました。

そして、交通ルールを守って元気に登下校する子供達をそばから見守っていたいと思いました。


今日のガンディー言葉 「一つのルールを無視した場合、そうすれば全てのルールは破れてしまう。
何故なら、全てのルールは一つの基盤を持っている。それは、一つのルール違反は、自己コントロールの一つの違反になってしまう事だ。」

投稿者 jizai3 : 2006年1月25日 15:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/264

コメント

文化丁の交差点は交番の前なのに信号無視する車もあると聞いたこ
とがあります。ドライバーによっては、「黄信号は進め」「赤は注
意」と思っている人がいるとか。それと大いに気になるのは飲酒運
転による事故は氷山の一角だということです。相当数の人が飲酒運
転しているようです。運転に関してこのような感性を持っている人達
は、いかなる面においても信用がおけない人達だと思います。

投稿者 kaz : 2006年1月25日 19:38

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)