« 今日の強烈な寒波には参ってしまいましたが、、、、 | メイン | 大きく熟れたようなお月様を見て、、、、、、 »

2008年1月25日

心が喜ぶ出来事はシンプルな人との繫がりから生まれるもの

DSCF4839.jpg
DSCF4840.jpg

昨日大崎市松山を襲った猛吹雪の様子です。夕方近くには前方視界ゼロ状態で、車はライトをつけノロノロ運転でした。本当に怖くなるくらいの爆弾低気圧のすごさに驚いてしまいました。でも、強い寒波は一日だけで、今日はお日様が顔を出し、お部屋の中は暖かかでした。自然の脅威と優しさを感じ、「北風と太陽」を思い浮かべたりしました。午後、仙台からの℡で入場券を購入したいと言う方が、わざわざ松山まで来て下さるそうです。利府街道をご案内致しましたが、、、、悪天候の次の日ですから、くれぐれもお気をつけていらして下さいと話しました。昨日同じフランク永井歌コンクールの実行委員会の方と話したのですが、℡でのお問い合わせについて、「みんな、受け答えが丁寧だし、みなさん本当に紳士淑女なのよ。」と言いましたら、「京子さん、それはね、フランク永井ファンだからですよ。」と言われ妙に納得出来る言葉でした。フランク永井さんの歌い方は、本当に丁寧で、発音がとてもきれいで、歌い方が、すごくお洒落です。ですから、フランクさんを愛する人たちが紳士淑女であることは当然の事として受け止めることが出来ました。先ほど、仙台からのお客様二人が到着して入場券をお求めになり、フランク永井が如何に素晴しい歌手であるかをたっぷりとお話下さいました。「まちおこしには最高の企画だね。続けて下さいね。俺達毎年必ず来るから!」と励まして頂き、大変嬉しく思いました。今日のガンディーの言葉「単純の中で大きさがあるように良き事は存在している。決して豊かさの中ではない。」

投稿者 jizai3 : 2008年1月25日 13:42

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)