« 農家同士が手を取り合って、生き残る農業へ夢を托して! | メイン | 仙台市水の森の社会福祉法人・老人介護施設は共生の地域づくりを目指して »

2008年7月21日

梅雨明け宣言が出されたのに、、、、、

IMG_5896.jpg

Blog写真は、7月18日午後から夏休みを取り、短いお休みを終えて7月20日午後から練習に励んでいる松山高校硬式野球部員達の夕方の様子です。これからは、新人戦へ目標を定めて猛練習が開始されました。梅雨明け宣言後の東北は前よりも涼しくなり「海の日」の今日も涼しい一日になりそうです。

多少の蒸し暑さはあるものの、日曜日と今日「海の日」、月曜日は涼しい一日になりそうです。

昨日は全国で多くの水の事故があったようです。
幼い子供の事故には本当に心が痛みます。

私も以前、盛岡の「賢治ワールド」のプールに孫を連れて行った時には、何度も孫の姿を見失い、私は疲れてしまい主人に見張り役を替わってもらいましたが、、、、主人も見ていても見失ってしまうと言い、連れて来なければ良かったと思うくらい後悔した事がありました。

現在の大規模な施設プールは、楽しい構想でプールが造られているので、思いもがけない仕掛けなどがあり、子供達は楽しそうですが、、、、親達は心配顔で子供の姿を追っているようです。

もっと遊びたいという孫をギリギリ、お風呂に連れて行き、、、、、、あとは無事に帰ってきましたが、もうプールはたくさんというのが本音で、それ以来一度も行っていません。

「これからは、親と行きなさい。」と言い、その後は何度せがまれても連れて行きませんでした。

孫連れの水遊びにはすっかり懲りてしまった私達です。

水の中で子供を追う事は本当に神経がくたびれることですから、見ているつもりでも見失ってしまうということは良く解ります。水着しか着用していないので、見分けがつかないことの方が現実だと思います。

夏になるといつも痛ましい水の事故のことが報道されますが、そんな時にはいつも孫を連れて行った時の大変さを思い出し、今でも時々夢を見てしまう私です。

大変さが強烈だったからだと思いますが、、、、、、、。


昨日夕方は、短い夏休みを追えた松高ナインの練習ぶりを見てきました。

高校野球を卒業した3年生たちも混じって練習をしていました。
グラウンド整備を手伝ってから、一足先に帰りますと言っていましたが、相変わらずの練習ぶりでした。

一生懸命な姿を見るとすぐに感動してしまう私ですが、、、、、ひたむきにボールを追う一途な姿を見て、私は、理屈抜きにこれからも精一杯応援してゆきたいと思いました。

夕方の広岡台は、カナカナカナカナと 、、、、、蝉の声が響き渡り、涼しさを通り越して少し寒さを感じるくらいでしたが、梅雨明け宣言が出されたばかりなのにと思いながら若者たちの頑張りを見てきました。


今日のガンディーの言葉「人は自分自身を外部で探す事によっては高めるはずが無い。成長への展望は内部に存在している。」

投稿者 jizai3 : 2008年7月21日 10:12

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)