« 第2回「フランク永井歌コンクール」実行委員会立ち上げについて | メイン | 平成20年度大崎松山地域振興協議会設立総会に出席して »

2008年8月 6日

降り注ぐ陽射しを浴びて

絵になるお庭、松山上野地区の孝也先生宅です。この撮影の後、2分ぐらいで急に空が真っ暗になり、局所的集中豪雨、”ゲリラ豪雨”に見舞われました。こんなにも短時間で天候が変化する瞬間に出遭った事は初めてでした。

今日は、朝から気温が上がり、昼ごろには30度を越えたような暑さでした。降り注ぐ真夏の太陽を浴びながら、、、、昨日東京ではゲリラ豪雨の被害が出て工事中の作業員の方々が亡くなり、行方が判らない人たちがいる現実の残酷さに目眩がしそうでした。

私が経験した7月24日のゲリラ豪雨は、5分もかからないうちに急激な雨が降り出しました。今までの雨の降り方は、空が暗くなっても、強い雨になるまでには時間がかかりましたが、ゲリラ豪雨は、天気の変化を感じたらすぐに激しい雨がバケツをひっくり返したように降り出します。

今回のように下水道工事マンホールの中での作業であれば、避難が遅れたとしか言いようが無いと思います。とにかく昨年までの雨の降り方とは激しさがまるで異なりますから予測出来なかったものと思われます。

それにしても、犠牲者が出てしまった事は本当に残念です。これからは、マンホールの中で仕事をする人の人命を守る監視体制の強化に務めることが最優先課題だと思います。我々の生活の利便性が高くなれば、高くなるほど、どこかにそのしわ寄せが出るものと思われますが、最先端で働く方にばかりリスクを背負わせることは出来ないと思います。

この悲しい出来事は、都市構造計画の脆弱さを露呈し、利便性を追及する現代人への警告ともとれる要素を含んでいます。

私達は、私達が見失いつつある大切なものにもう一度きちんと目を向けて、人としての生き方を真摯に見つめ直さなければいけないのではないでしょうか。

おりしも63年前の今日は、広島に原爆が投下された日です。

そして、8月は、日本が終戦を迎えた暑い夏でもあります。

一年に一度くらいは、日本中で暮らす人々全員が日常に感謝をし、犠牲になった人々に対して心から手を合わせて平和への祈りを願う一日にしたいと思います。

今日のガンディーの言葉「非暴力、真理とかは、自己が発光しなければならない。それらは他の方法では本物ではありえないからだ。」「心のうちのランプが燃える時、全世界を照らす。」

投稿者 jizai3 : 2008年8月 6日 13:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/480

コメント

お久しぶりです。突然ですが、今年も松山夏まつりはあるのでしょうか? いつも14日あたりだったと思うのですが・・・詳細等お分かりでしたら教えていただきたいのですが・・・。

投稿者 鹿踊マニア : 2008年8月 7日 14:12

鹿踊りマニア様
先日は、Blogコメントありがとうございました。
まつやま夏まつりは8月14日(木)です。雨天時は15日です。
詳しい日程は、8月2日(土)のJK-Blogに掲載しておりますのでご覧頂きたいと思います。14日は、16時半から始まります。
鹿踊りマニア様の返信メールに2回入れましたが、、エラーになってしまいます。メールアドレスの確認をお願い致します。
どうぞ、よろしくお願い致します。
残暑厳しい折、健康管理にご留意下さい。
                   小野寺京子

投稿者 小野寺京子 : 2008年8月 7日 17:49

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)