« 平成20年度大崎松山地域振興協議会設立総会に出席して | メイン | 「平和の祭典」開催の光と影 »

2008年8月 8日

「幸せへのみちしるべ」文化講演会

大崎市松山地区在住の日本画家櫻田勝子さんが、先日ギャラリーにいらして「日本の神話」伝承の会 会長 出雲井晶先生を講師にお迎えして文化講演会を催しますので是非お聴き下さいと、ご案内のチラシを持って来て下さいました。

私は、子供の頃、おばあちゃんから神様のお話しをいっぱい聞きました。

祖母は、信仰心のある人で、「誰が見ていなくても神様はみんなご存知で、神様だけはごまかせない。」と言いながら幼い孫たちの心に、絶対者として、目には見えないけれど偉大な存在として神さまを位置づけて育てました。

母にも「自分と神様だけには、絶対に嘘はつけない。」と言われ私達は、その言葉を信じ切って大きくなったような気がしています。

おばあちゃんは、天之御中主神から国づくり任された伊佐那岐尊や伊佐那美尊の話し、大国主神と稲羽の素兎との出会いの物語や、おろち退治をする須佐之男命の話し、黄泉の国へ向かう時と、逃げる時の神の話し、高天原の話し、、、、、、この年齢になっても昨日のことのように熱心に耳を傾けて聞いた日本の神話が心に印象深く残っています。神さまの物語は、大好きでした。

櫻田さんのお話しでは、講師の出雲井晶先生は、我が日本国のもっとも古く、尊い文献であり我が国の文化の源である「日本の神話」の素晴しい真実を多くの人々に知ってもらい、更に次世代へきちんと伝承して行く責任を痛感されて、ご高齢でありながらも精力的に多面的に活動をなさっていらっしゃるそうです。

特に子育て中の親や子には、気軽に読んでほしいと願い、「親子で読める日本の神話」「新・わかりやすい日本の神話」なども発表され、この度、神道文化奨励賞も受賞されたそうです。

出雲井先生は、日本画家としても有名で、国内外でもご活躍の先生でいらっしゃいます。絵のタッチも柔らかく、線が優美で素敵な神さまたちをお描きです。

同じ日本画家でいらっしゃる櫻田さんも大変絶賛されていらっしゃいました。

作家としても数々の作品を発表されていらっしゃいますが「無私の聖 昭和天皇」「戦を とどめえざりし くちをしさ」は、大変興味深く読ませて頂きました。

21世紀を逞しく生き続ける道しるべとなり、生きる支えとなりうる文化講演会になり得るものと思われます。

開催日時などをお知らせ致しますので、ご都合のよろしい方は、是非、会場に足をお運びくださいますようご案内申し上げます。

開催日時:平成20年8月17日(日)

開催時間:午後2時より

開催場所:宮城県布教センター(古川ICを越えて鳴子方面へ向うとJOMOのスタンド後ろに駐車場有。JOMOの向い側、道路を挟んで清水ドライブインの裏手にあるのが県の布教センターです。)

*入場料は無料です。

今日のガンディーの言葉「宗教は、この宗教という食べ物を食べたり、食い散らかしたりすることではなくて、自分自身の中の神を見い出すことにある。」「真実の言葉の力強さは、自己中心主義から無私の境地を導くようなものである。」

投稿者 jizai3 : 2008年8月 8日 13:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/482

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)