« 出雲井晶先生をお迎えしての文化講演会「幸せへのみちしるべ」を聴いて | メイン | 夏を惜しむ蝉の鳴声に、、、、、 »

2008年8月18日

涼しい朝を迎えて

今朝は、6時半に起床しましたが朝の空気の涼しさに驚いてしまいました。    昨日も午後から夕方、夜にかけては本格的な秋が訪れたかと思うような涼しさでした。そんな中、市内に存在する六角型のお堂は見る人の心に安らぎをくれました。

連日連夜、北京オリンピックで熱くなっていますが、感動の競技の裏にある個人性を越えたような努力を知る時、本当に心打たれます。

4年先に焦点を合わせて生きる、並々ならぬ努力精進の塊のような生き方には、ただただ頭が下がります。

私は特に運動神経が鈍いので、、、、感心感服の連続です。

「諦めない!」ということを目の当たりにした時、人間の持つ底力のすごさからは大きな勇気がもらえます。

今朝のゴミ出し帰りに、小学生の男子5人と逢い挨拶を交わしましたが、その時の会話「北島はすごいよね!3人は初めてのオリンピックなのに北島が入ったら銅メダルを取ったよ。ナンバーワンと一緒に泳いだから3位になれたんだよ。」と一人の男子が言いました。

別の子が「俺も今日はゆう君と競争するよ。早い人と泳ぐと早くなるから。」と言いましたが、、、、、「俺は駄目。早い人と泳ぐとドンドン泳げなくなるから。」「水泳選手になりたいわけじゃないから、僕はマイペースで泳ぐんだ。」などと言いながら私の前を歩いて行きました。

子供たちも北京オリンピックを見ているようで、いろいろ刺激を受けている様子でした。オリンピックへ出場出来る人はわずか一握りではありますが、、、オリンピックを見てスポーツが大好きになり、高齢になるまで何十年も継続してスポーツを楽しむ人もいるようです。

人は何がきっかけで、昨日までの自分と決別をして新しい自分に出逢うかも知れません。いくつになっても自分の可能性を信じて努力することの出来る人間でありたいものだと思う一日でした。

今日のガンディーの言葉「我々は最大の努力と言うことに、どう名づけたらいいのでしょうか。割り当てられた仕事でなく自分のエネルギーを全て費やすような努力です。成功することは、一般にそのような清純な努力に通じることです。」

投稿者 jizai3 : 2008年8月18日 12:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/492

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)