« 雨の為運動会延期・チャレンジ事業松山は採択されず | メイン | 敗者復活戦の初戦は白星で、、、、 »

2008年8月25日

ヒートアップした北京オリンピック閉会

Blog写真は、ある庭園に静かに横たわる石です。ヒートアップした北京オリンピックとは対照的な静けさを感じます。昨晩は、オリンピックの閉会式を見ながら厳戒態勢の中で行なわれた平和の祭典が無事に終ってホッとして眠りに就きました。

大気汚染、チベット問題、人権問題、民主化問題、五輪妨害襲撃事件、、、、徹底した異状とも思われる厳戒態勢の中で躍動感溢れる北京オリンピックは幕を閉じました。

素晴しいアスリート達の競技は、見る人々を感動させました。

閉会式では、仙台育英学園出身のワンジル君が見事にケニアの国旗を掲げました。

宮城の育英学園に留学し、卒業後にはトヨタ自動車九州に所属していたようですが日本語で答える優勝インタビューにはとても驚きました。

ワンジル君の「渡辺先生から我慢を教わった。」という答えには、日本人以上に日本人らしさを持ち続けて頑張ったことが良く解り大変感心しました。

彼の金メダルは、素晴しく、信じられる人の導きで手に入れることが出来たものであり、表彰台では日本人と同じような御礼の仕方で恩師の言いつけを守り「がまん、がまん。」で勝ち取ったものでした。

日本での良き出逢いが優勝に繋がる栄光への道だったことは、本当に喜ばしいことだと思いました。

大変見応えがある閉会式を終え、4年後にはロンドンでというメッセージを残し中国の国家威信をかけた華々しい平和の祭典は全て幕を閉じました。

私は、国際国家の仲間入りを果たした後の中国が、これから国民と共にどのように歩んで行くのかを見定めたいと思っています。

北京オリンピックが成功だったのか、そうでなかったのかは、五輪後の中国の姿が我々に教えてくれるはずですから。

とにかく、日本選手団が無事に帰国出来て本当に安堵しました。

今日のガンディーの言葉「きれいな心から叫ばれた言葉は、決して空しく進まない。」

投稿者 jizai3 : 2008年8月25日 13:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/500

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)