« 県大会初戦5:1で松高A勝ち! | メイン | 準々決勝大会は1:6で負けました »

2008年9月20日

胸が痛くなる苦しい試合11:10で勝ち

今日は大変苦しい試合展開でしたが、やっとの思いで何とか11:10で勝ち進み、明日は、準々決勝戦に出場出来る事になりました。

やはりシード高で出場の宮農は強く、1回の表で4点を入れた松山は、4回表には4点、6回表には3点で計11点入れましたが、宮農には3回うらに3点取られ、4回裏には2点、6回裏には3点、そして9回裏には2点で計10点も取られました。

点取りゲームのすえの勝ち星でした。

やっとの思いで逃げ切り、勝利することが出来ました。

Blog写真は、守りきりベンチに帰り氏家監督の話しに耳を傾ける松高ナインです。

松山BUS応援隊やご父兄達もみんな胸が痛くなるような思いでグラウンドを見つめ続け、勝利を信じ、祈るような気持ちで声援をおくりました。

でも、最後には行きのバスの中での校歌の練習の成果が発揮出来て嬉しく思いました。試合終了後には、涙を流している人もいました。私も本当に胸が痛くなり、肩が凝り、、、すごく疲れ、すごく嬉しかったです。

明日は、又、新メンバーで「松山BUS応援隊」を組織して出掛ける事にしました。

ベスト8に残れた松山を心新たに精一杯応援したいと思います。

それにしても、名取スポーツパーク愛島は、素晴しい眺めの素晴しい山に囲まれた球場で、いろいろなスポーツ施設を持ったテーマパークでした。

        ””フレーフレー松高!頑張れ頑張れ松高!””

今日のガンディーの言葉「隣人が清純でなかったら個人の清純さは価値が無い。」

投稿者 jizai3 : 2008年9月20日 18:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/529

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)