« 十五夜の午後は集中豪雨に見舞われて | メイン | 秋晴れに映える大崎市立松山小学校 »

2008年9月15日

「秋行事」スタートの大崎市松山地区

先日の大崎市松山地区「平成20年度 敬老会」で大拍手を頂いた舞台発表の様子。歌や踊りを愛する人はやはりおいくつなってもお若いようです。若さの秘訣を伺うとお元気な声で「好きなことを続けているからね!」という答えが返ってきます。

祝日「敬老の日」の今日は、午前11時から大崎市松山地区の鎮守様 羽黒神社の「秋季大例祭」の神事が執り行なわれます。

神社役員の主人は、お賽銭をポケットに入れ出掛けて行きました。

地区の秋行事もいよいよスタートです。

9月19日(金)県大会初戦には、松山高校隣の稲荷神社が秋季大例祭を迎えます。

神事は午前11時から執り行なわれますが、「奥州石関獅子躍奉納舞」は12時から披露されます。素晴しい奥州石関獅子躍奉納舞には、いつもながら感動します。

それからただ今は、九代目「法華三郎刀剣展」(酒ミュージアムで)が行なわれています。23日までの開催となります。

恒例の「コスモス祭り」は、9月28日(日)、10月5日(日)、10月12日(日)とDCに合わせて3回も開催されるそうです。カラオケ教室の生徒さんたちの発表や、松山地域の伝統芸能などのお披露目もあるそうです。

又、今回はコスモス公園のコスモスの開花時期を少し遅らせたと聞いています。

ふるさと歴史館企画展では、9月27日(土)~12月21日(日)まで。ロング開催と致しまして大好評の「フランク永井展」がスタートします。

10月に入ると、10月11日(土)には地域の子どもたちに大人気の第9回「子どもふれあい祭り」が開催されます。時間は午前9時半から12時まで。

大崎市松山公民館&老人福祉センターで開催されます。

人形劇や体験ものづくりコーナー、食べ物コーナー、それに今回はジャンボかるたとりなども行なわれるそうです。ギャラリー前に貼り出したポスターを真剣な表情で見て行く子ども達の数が増えてきました。

13日(月)には体育の日に因んで「2008スポーツチャレンジデーinまつやま」が開催されます。どんなニュースポーツを取り上げるのか楽しみですね!      会場へ出掛ければ、何種目でも参加可能だそうです。

その後11月には、「邑まつり」「松山文化祭」、と地区の秋行事は目白押しです。

今年の松山地区 「豊穣の秋」は、五穀豊穣・家内安全・世界平和を祈りながら、小さな城下町の秋色はますます濃さを増しそうです。

それにしても、昨晩の満月は見事なまでの満月でした。

黒い墨を流したような暗い雲がたなびく中に、まん丸お月様は明るい光を輝かせて穏やかに人々の暮らしを照らし続けていました。               午後の集中豪雨など、、、まるで知らぬかのように、、、、。

今日のガンディーの言葉「無私無くして、どのように畏れることが無いように生きられますか。」

投稿者 jizai3 : 2008年9月15日 10:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/524

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)