« いくつになっても学ぶ事の大切さ | メイン | Kyoko anniversaryは、秋晴れに恵まれて »

2008年10月24日

NHKの取材を受けた人形作家の敦子さん

Blog写真は、大崎市松山酒ミュージアム企画展示室入り口に飾られているお花です。今回の人形展を祝って私達が贈りました。秋をイメージして若い男性がアレンジしてくれました。彼はお人形さんの表情にとても胸を打たれたそうです。

今日は午前中に、敦子さんはNHKの取材を受けました。

NHKさんは丁寧に取材をして下さいました。取材の時間帯には強い風が吹き、強い雨が降っていたのでお客様の入りを心配しましたが、、、、そんな心配もなく、いろいろな人たちが会場に足を運んで下さいました。

取材の助手として来て下さった女性も「素晴しい表情のお人形さんたちですね!」と驚きの声を上げていました。

今回の人形展については、地域の商店の方々がチラシをお店に置いて下さったり、みんなに声かけをして下さったり、自分が感動したので友人を案内して再度いらして下さったりと、敦子さんが心を込めて創ったお人形の気持ちを汲み取って、感動が感動を呼んで、、、、、という現象が見られています。

夕方のNHK「てれまさむね」で早速放映されみんなで見ましたが映像でみるお人形さんたちは、一層リアルでいとおしさに溢れていました。TVでみる人形達は新鮮で豊かな表情を醸し出していました。

今日は会場にフランク永井の歌が流れていましたが、本当に良いものは、人々の気持ちを穏やかにし、その音楽を聴いたり、そのお人形を見たりすることで、あの頃の自分を思い出し、なつかしい気持ちに浸ることが出来るのだと思います。そして~~遠いあの頃~~の自分に逢える時間を私は心から慈しんでほしいと思います。

私は、お人形さんと逢うと本当に優しい気持ちになることが出来ます。

会場を訪れる方、一人一人の良き出逢いを祈りたいと思います。

今日のガンディーの言葉「Godは、唯一つである。いつも不変で形が無い。我々はその鏡である。我々が真っ直ぐで素直であれば、Godもまた同じように反映する。しかし、我々が曲がって不正であればGodのイメージは同じように曲解してしまう。そうだから、いつも素直で純であるようにするのが望ましい。」

投稿者 jizai3 : 2008年10月24日 15:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/561

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)