« 昨今の気になる携帯依存の現象について | メイン | NHKの取材を受けた人形作家の敦子さん »

2008年10月23日

いくつになっても学ぶ事の大切さ

Blog写真は、昨日の「てつのくじら館」の向かい側、港付近に咲いていたきれいな八重の花弁をつけた「コクチナシ」クチナシの変種だそうです。背丈は低いのですが、一見さくらのはなびらのように見えました。

今朝の地元紙大崎タイムス社に”郷愁誘う豊かな表情”というタイトルで敦子さんの人形展の記事が掲載されました。

いろいろな方々から「素晴しい人形展でした!」と言う声が上がっております。

心の機微を見事に表現している人形たちに感動した人たちが、友人に声かけをし、2回、3回とリピーターとして足を運んで下さっているみたいで本当に感謝ですと敦子さんはおっしゃっています。

私も何人もの方から「京子さん、教えてくれてありがとう!」と言われています。

敦子さんは「人形作りはライフワーク。体力が衰えてもアイディアと忍耐力で続けていきたい。」とお話しています。

一日何時間も集中できる喜びを活き活きと話す敦子さんはとても素敵です。

昨日は、「県市議会議長会秋季定期総会」が古川で開催されたそうですが、総会終了後に議員さんたちは、松山ふるさと歴史館と松山酒ミュージアム・華の蔵を視察したそうです。

主人の妹の照子さんの話ですと「奥さんを連れてもう一度来ますから。」と話して大変熱心にお人形たちを見て下さった議員さんたちもいらしたそうです。

バス2台での視察だったそうですが、私は、お人形さんたちを見て感動するような議員さんたちに県議会や市議会で大いに活躍をして頂き、県民市民の為に本気で汗をかいてほしいと思っています。

今日は午後から、私はPC指導を受けますが、よりよきものを求めるためには、それぞれの分野で各自が努力を続けることが大切だと思う一日の始まりになりました。

人間はいくつになっても学ぶ気持ちを持って生き続けることが大事だと思います。

今日はプロの絵描きさんが自在窯&ギャラリーにいらっしゃるそうですが、お逢いすることが楽しみです。

今日のガンディーの言葉「運命と人間の努力との間には、長く続けられる葛藤がある。努力を続けよう。そして、その結果は神に委ねよう。」

投稿者 jizai3 : 2008年10月23日 10:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/560

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)