« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月31日

2008年「大晦日」

2008年「大晦日」午前9時半、自在窯&ギャラリー前の冬景色です。昨晩からの雪が少しちらついていました。寒さはそれ程ではありませんが、大根おろしのような道路はとても歩きづらく、気温が下がって凍結したら怖いだろうなと、思いながらギャラリーにやってきました。

「旧年を除く夜」という意味で、大晦日の夜を「除夜」と言うそうですが、「除夜の鐘」の風習は、日本独自のものだそうです。

除夜の鐘~~「108回」~~は、幼少の頃から聞いていますが、、、、108の煩悩

人間の感覚を司る眼、耳、鼻、舌、身、意の六根、それぞれに好、悪、平の3種類があり、3×6=18の煩悩となり、これが、浄(きれい)、染(きたない)の2種に分かれ、18×2=36の煩悩となり、現在、過去、未来の3つの時間が関わって108となるのだそうです。

このように、人間が持つと言われる煩悩を考えてみますと、、、、、あなたも、私も本当に厄介な生き物だと思います。

如何にこの厄介な感覚を持つ人間という自分自身と、上手く、命ある限り付き合うかということは、人生の大きな課題になるなと改めて考えさせられました。

2008年終了の今夜こそは、全ての煩悩を振り払い、静かな大晦日を迎えたいという気持ちでいっぱいになりました。

後は、スチームクリーナーをかけて、ギャラリーは早じまいです。

2009年が、皆様方にとって良い年になるようお祈り申し上げて、今年にお別れをしたいと思います。

1年間 JK-Blogをご覧頂き、ありがとうございました。

今日のガンディーの言葉「経験を積めば積むほど、人間自身が、不幸と同様、幸せの源泉なのだと実感する。」「我々は、自分自身の運命の製作者である。」

投稿者 jizai3 : 13:28 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月30日

いよいよ年の瀬も押し迫って、、、

押し迫った年の瀬を背景に、先日降った雪がまだ残っている大崎市松山地区の田んぼです。今日は夕方から、又、寒くなるという天気予報が出ています。年末年始には強い寒波が、、、、と言われています。

今日は、ギャラリーにいらしたお客様と「人間は、安心して暮らせることが一番大事!日本の終身雇用には良い所がいっぱいあったのに、、、、。競争社会だけではいつも不安を抱えながら生きるようなもので、長い人生の山あり谷ありに対応することは難しいのではないか。」というような話をしました。

日本の雇用に関する問題点が今年は急激に浮き彫りになりました。

働くことは成人した人間の義務でありますが、義務を果たせないような社会環境は、もはや個人の力ではどうすることも出来なくなっている所まで来ていると思います。

正しい雇用関係は、健全な納税にまで至ると思いますが、、、、働く義務を果たせない人間が多くなれば、人間社会の営みはぎすぎすして、犯罪などにも容易に結びついてしまう危険性が高くなってしまいます。

法治国家の土台、そのものが揺らいでしまうと思われます。法治国家とは、秩序ある社会の中で法に従って政治が行われる事を指すのですから、、、、。

今の日本で起きている象徴的な事件は、社会生活が危険水域に達している背景を感じないわけにはゆきません。使い捨て時代には、良い人材は育たないと思います。人間性を貶める社会は、衰退するばかりです。

人を正しく育てる環境を整えることが急務だと思いますし、働きたい人には雇用を与えられる健全な社会である事が要求されると思います。

正規雇用関係の再構築が望まれるところですが、企業の体質強化も必要ですし、何よりも経営者の経営理念が大切だと思います。

もう一度原点に立ち戻って、会社設立の理念や、商売を始めた頃の自分を思い出すことが大切だと思います。

現代の日本は、本当にいけない所がみんな浮き彫り状況になっていますから、この状況から目を逸らさず、凝視する勇気を持ち、そこから問題点を紐解く努力をすることが大事だと思います。

それには、戦後焼け野原になってしまい、全てを失った日本の立ち上がりを、もう一度みんなで振り返ることが、何よりも大切なことだと思います。

来年こそは、良い年でありますように!と、願わずにはいられない年の瀬です。

今日のガンディーの言葉「ルールなくては、何事も成就しない。ルールで動いている中で、ちょっとでも違反があったとしたら、全体の太陽系のシステムも、部分に分解されてしまう。」

投稿者 jizai3 : 16:34 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月29日

エリアの大型スーパーには大勢の人々が、、、

今日は3日ぶりの晴天でした。冬の青空は澄み切ってきれいでした。暮の鳴瀬川は、冬空に映えていました。遠くには雪が見えて冬の情緒をたっぷりに湛え、静かな趣を醸し出していました。

お隣の町のスーパーへ出掛けましたが、多くの知り合いの方と出逢い今年1年の御礼と、来年も宜しくとご挨拶を交わしました。

大型スパーには本当に多くの家族連れがいらっしゃいました。不景気とは言うものの、いつもの暮の賑わいを感じながら帰ってきました。

久しぶりのお買い物は、気分転換となり、、、、何となくスッキリしました。

午後3時を過ぎてからも暖かく、気持ちの良い一日を主人は読書で過ごし、私はシチューを作りながら、「乾燥は肌の大敵」というかわら版を読みました。 最近、私は、お風呂上りに水分を含ませたガーゼに化粧水をつけて顔に少しのっけて置くことをしています。何となく起きがけのお肌がしっとりして、ファンデーションのつき具合がいいみたいです。保湿が上手く行くとシワやシミを予防できますという記事を読んでから1ヵ月ぐらい実践していますが、、、、何事も毎日の心がけが一番大切と悟ることばかりです。

毎日の積み重ねが、全ての結果に通じるということを実感する12月最後の月曜日となりました。

今日のガンディーの言葉「一マイルを歩こうと千マイルを歩こうと、最初の第一歩は、常に第一歩を刻む。何故なら第二歩は、第一歩が始まらなければ歩まれないからだ。」

投稿者 jizai3 : 15:32 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月28日

今日も冷たい木枯らしが吹き荒れて

今日も木枯らしが吹き荒れて寒い寒い一日の始まりでした。報道によりますと、雪道でのスリップ事故が多発しているということですが、、、、自宅からギャラリーの歩きの道でも緊張しますから、車の運転は本当に怖いと思います。

ギャラリー前を走る車も、最近は、みんなノロノロ運転です。スピードさえ出さなければ大事故には至らないと聞きますので、くれぐれもドライバーの皆様方には気をつけてほしいと思います。

先日のTVで知ったことですが、宮城県はシートベルト着用が日本一で、90,6%だそうです。後部座席での着用も言われていますが、、、、私も乗ったらすぐにシートベルトは習慣になりましたので、シートベルトをしないで車に乗ることの方が不安で、私にとって、シートベルトはすっかり習慣化されました。

生活の中での習慣化は、結構大事なことで、それをしないと落ち着かない、気持ちが悪いとまでなるとほんものだと思いますので、”これだけは”と思うことは、自分で習慣化をしてしまうと良いと思います。

もうすぐ今年もおしまいですが、、、、、、本当にいろいろなことを考えさせられる”変な出来事”の多い年だったような気がしています。

日本の暗い時代へ入るきっかけを真剣に考えた年でもありました。秋に出掛けた広島・呉の旅行も私には、「生きている限り戦争を忘れてはいけない!」という強いメッセージ受け取る旅でもありました。

100年に一度の経済危機・金融危機を迎えた日本ですが、、、、本当にこの危機は予想不可能の出来事だったのでしょうか?

投機心をベストに掲げて生きる人間の姿(生きざまとその結果)を想像する事は、決して難しい事ではなかったように思えてならないのですが、、、、。

もうすぐ新しい年・2009年が近づいてくる訳ですが、日本がどんな国家を目指すのかをはっきり明示しての国づくりが求められる新年になりそうです。

我が家は、二人が健康で私達らしく”足るを知る”シンプルライフを目指したいと思っていますので宜しくお願い致します。

今日のガンディーの言葉「人は、自分の思うとおりの人間である。」

投稿者 jizai3 : 14:25 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月27日

2008年最後の土曜日は大荒れ天気!

柳の芽が色づき膨らみ始めています。

新しい年を迎える自在窯&ギャラリーの玄関の花は準備完了ですが、、、お掃除などはまだまだ不十分で来週末までかかりそうです。

今朝は強風で目覚めるくらいの風が吹き荒れていましたが、午後になってもピューピューと木枯らしが吹き荒れて、今日は大荒れの12月最後の土曜日です。

お昼には、ストーブで良く煮込んだ大根を食べました。寒い時には煮物やシチューなどが嬉しいですね。主人は麩を入れた煮物が大好きで、「とろける大根と麩は良く合うね!」と大満足でした。

先日、ギャラリーにいらしたお客様から、丸森町の”へそ大根”の話しをお聞きしましたが、一度食べてみたいと思いました。

へそ大根とは、ユニークなネーミングですが、郷土料理に使用するにはピッタリの名前だと思いました。丁度、凍豆腐のようなものだそうですが、生活の知恵を感じる食材だと思いました。

煮上がると元の大きさに戻るのだそうです。

寒さを利用した凍豆腐も、へそ大根も東北地方にはピッタリの食材です。

寒い時に温かいお料理を食べて、単純に喜べることって大切なことだと思います。

暮れになるとグルメ番組が増えますが、おいしそうなお料理は見ているだけでも幸せな気分になるものですね。

今日のガンディーの言葉「本当の幸せは外部からは来ない。それは、内部からのみ来る。」

投稿者 jizai3 : 14:12 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月26日

大崎市松山にも本格的な冬将軍が、、

Blog写真は、12月26日(金)大崎市松山自在窯&ギャラリー前の交差点、午後4時過ぎの様子ですが、、、、、又、雪が降リ始めました。今朝は雪降りの寒い朝を迎えました。

本格的な冬将軍がやってきました。日本海方面はだいぶ冷え込んでいるようですが、太平洋側の寒さも厳しいです。年末からお正月にかけての寒波はかなり強いという予報が出されました。

肺炎を起こして入院中の叔父は、、、、今年は病院で過ごす事が決まったと、叔母が℡をよこしました。叔母は「病院の方が安心だわ!」と言っていました。いつもの不安定さはなく、落ち着いている様子でしたので少し安心しました。

叔父の弱っている身体に寒暖の差は堪えるようですから、暖かくなってから自宅へ帰った方が看病する側は助かると思います。今は、娘達もみんな風邪気味で調子が悪いそうですので、患者さんに逢うことを躊躇しているのだそうですが、叔父は誰も来ないと不機嫌になるそうで、、、、三人交替交替で、お見舞いをしているそうです。

今日は、いつもよりは明るい叔母の声にホッとしました。病院で年を越すことが決まって、安心出来たのだと思いました。心を現わす声は本当に正直ですから、、。

健康であってもこの時期の寒さは堪えますから、後2ヶ月ちょっとは、無理をせず暖かくして寒さを乗り越えたいと思います。

皆様方にも健康一番で新しい年をお迎えいただきたいと思います。

心身共に健全である事は、何よりの財産ですから、、、、、心身の健全さは大変なことを乗り越える力をきっと持つものと信じていますので。

外はだいぶ気忙しくなってきて、年末が近いことを感じさるようになりました。

今日のガンディーの言葉「悩む心は、潰瘍よりも一層病気の兆候が出てくる。」

投稿者 jizai3 : 17:10 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月25日

「側溝工事」について、、、、、

今日は、12月25日クリスマスです。

Blog写真は、道路を挟んだ松山小学校前、自宅裏の側溝工事の様子です。

旧町時代から主人が、ボウフラの棲み処になるかも知れないと、大変気にしていた場所の側溝工事が始まりました。

大崎市になってからの工事であることが意外でしたが、、、並んだコンクリートの形が新しく、裏道ではありますが、工事車輌が忙しく行き交っていました。

我が家の生活用水は、下水処理になっていて、雨樋の水だけが流れるようですが、表通りに一番近い家の堀には水がいつもたくさん溜まっています。この家の堀は低くなっていて水が溜まりやすいそうですが、、、、、私には何度見ても、我が家の裏の堀と同じ高さに見えて仕方ありません。

堀一つでも水の流れを良く観察しますと、道路が冠水してしまう理由が解ります。

上手く流れないで、あふれ出すことが一番の原因ですが、流れの途中に低い箇所をつくらないようにしてスムーズな流れを工夫することが大事だと思います。

でも、最近は、ゲリラ豪雨という、短時間にすごく強い雨が降り出すという現象があります。このような雨に対応出来るような知恵が必要になると思いますが、、、私には、便利で都市化することに盲点があるように思えてなりません。

一気にあふれ出す水を受け入れるだけの土壌が一番大切だと思います。

人間生活の中でも、マグマのように吹き出る熱い思いを受け止めてあげられるような寛容さが育つような環境が整えば、もっと現代を生きる人々は、楽に生きられるのではないかなどと思いながら、クリスマスの側溝工事現場を見て来ました。

今日のガンディーの言葉「今日はクリスマスです。世界の全ての宗教は、皆、同じであると信じている。我々にとっては、Rama Kirisha その他の神の誕生も同じように、イエス・キリストの誕生は尊敬に値することです。」

投稿者 jizai3 : 19:20 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月24日

手づくりケーキで過すクリスマスイブ

新種のポインセチアだそうです。12月の花としてすっかり定着している花ですが、花弁に白い所があり、見慣れた花とどこか雰囲気が違います。昨晩、主人が買ってくれました。

今夜は、クリスマスイブですが、、、Mさんから手づくりのケーキを頂きました。昼食後にちょっとだけ味見をしましたが、甘さが丁度良く最高の仕上がりです。残りは、夕食後のデザートに頂こうと思っています。

今日は、二人の息子が偶然ギャラリーに来てくれました。

とても元気そうで、次男は仙台で暮らしていますが、環境を変えての生活は順調な様子で大変充実しているように見えました。

一時元気のない素振りの時期もありましたが、、、、思い切っての生活環境の変化は彼を明るくしたようです。

何かに行き詰まった時には、変化を求めることも大切なことだと思いました。

考える時間を持ちすぎることが良くないことも在りますし、忙し過ぎて自分を見失い流されることも良くないことですが、、、、何事もバランスが大事と悟るイブとなりました。

目まぐるしい社会の変化に対応しようと焦れば焦るほど、時代に取り残されそうな気がすることに遭遇するかも知れませんが、、、、少々時代遅れでも、自分の生き方を尊重して、自分らしさを失わないことが、ストレスを強く受けない生き方だと思います。

私の周りでも最近良く眠れないという人の声を聞きますが、、、、如何に現代社会が、心の病を発症しやすい環境なのかが解ります。 早めの処置が一番ですから、”我慢をしない自分を受け入れること”を心がけるようにしたら良いと思います。

自分らしさを失わないで、自分らしく生きることを大切に生きたいと思います。

今日のガンディーの言葉「本当の弱さは、外面でなく心の中にある。」

投稿者 jizai3 : 13:48 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月23日

豊かな時代の「食」の大切さを伝えて

今日は、祝日「天皇誕生日」です。午前10時50分からの大崎市松山小学校の小野寺勝徳先生、熱血教師のドキュメント番組は、大変見応えがありました。

学校給食にまで及んだ汚染米問題は、本当に日本文化そのものを否定するような問題で、、、、、日本人のいのちに関する重大事件として報道されました。

小野寺先生は、”食のあり方”について、一人一人の子供にきちんと向き合ってほしいという考えをお持ちで、ただ漠然と食べるのではなく「食」という位置づけを日々の日常生活の中で如何に大切に考えるかということを実際のコメづくりを体験することによって伝えたいという授業に真剣に取り組んでいらっしゃいました。

今回は1k500円のもち米の販売までに至りました。

お客様である保護者を前に、活き活きした子供達の表情がとても素敵でした。

自分達が大変な思いでつくったお米に対する気持ちはほんものでした。

自分達がつくったおコメを売るにもそれぞれにメッセージをつけて、”自信作です”という熱い思いが伝わってきました。

ラストの場面では、炊き立てご飯を食べるシーンが画面いっぱいに映し出されましたが、、美味しいご飯は最高のおかずである事が解るような食べっぷりでした。

松山小学校の「学習田」で学んだことを忘れない生き方をこれからも実践してほしいと思いながら、私は「松山って本当にいいところだなぁー」と思いました。

今日のガンディーの言葉「体、心、精神の間に調和が無い限り、何事も結局正しいことになる事は無い。」「全てを与えよ。さすれば、全てを得る。」「他を思う時、唯、自分自身を思うことさえ休止するだろう。」 「真実の言葉の力強さは、自己中心主義から無私の境地に導くようなものである。」

投稿者 jizai3 : 14:03 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月22日

「フランク永井を偲ぶ会」反省会開催

今日は午前10時から、自在窯&ギャラリーで「フランク永井を偲ぶ会」の反省会を行ないました。3名の方々が欠席でしたが、、、大崎市松山地域の大きなイベントを終了して偲ぶ会の実行委員たちは安心をしたようでした。

午前中の会議は、お茶やコーヒー紅茶それに少し早いクリスマスのショートケーキと、ささやかな会合でしたが、和気藹々としたものでした。

今度は、来春の第2回「フランク永井歌コンクール」を成功させようという気持ちの高まりを感じる反省会となりました。

本当にありがとうございました。

今日のガンディーの言葉「我々の理想に近づけば近づくほど、我々は信用するようになる。」

投稿者 jizai3 : 18:40 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月21日

今日の目標、年賀状200枚宛名書き完了

今日は、年賀状の宛名書きを200枚完了させました。昨日と今日と目標を楽々達成しました。残りは、3分の一だけとなりました。今日の私はとても集中して宛名書きをすることが出来ました。いつもは、主人の方が多く書いてくれますが、、、今回主人は自分の仕事に夢中でしたので、私一人で200枚をこなしました。

明日は、午前中は「フランク永井を偲ぶ会」の反省会を行ないますので、午後に続きを行い、明後日には300枚の宛名書きを終了させたいと思っています。

今日は、女性お二人から第2回「フランク永井歌コンクール」に出場したいから申込書を送ってほしいと、言われて開催要綱と申込書をお送りしました。

とても、素敵な声の女性達でした。その後に、悩み多き叔母から℡がありましたが、、、、相変わらずの元気の無い声に、調子の悪いことが解りました。

声は本当に正直だと思います。

顔が見えない分だけ、その時々の様子が手に取るように伝わってきます。

私と話すと、元気になれると言うのですが、、、、80歳過ぎてからの悩みは辛そうで可哀想でした。

叔母は何でも一人で背負ってしまう性格なので、月曜日に自宅を訪れるはずのケアーマネージャーに相談するように話しましたが、心配なので義妹に連絡をしておこうと思いました。

老老介護は本当に大変だと思います。誰でも年をとりますが、、、自分のことが自分で出来なくなることを受け入れるのは、本当に大変なことのようです。

出来ないイライラをぶつけられることに、叔母は耐えられないようです。周囲を巻き込んで、みんなに考えてもらえば良いのですが、、、、叔母夫婦を見ていると、年を重ねることが大変残酷なことのように思えてきます。

いつかは自分も、、、、、という気持ちを忘れずに聞き役に徹している私です。

今日のガンディーの言葉「我々自身が不浄である時、他人に清浄である事を求めることは何と間違ったことだろう。」

投稿者 jizai3 : 17:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月20日

マイペースでの「時間活用術」のポイントは、、、、、メモ!

自分を取り巻く環境が、寒さを増すばかりのはずなのに、、、今日はポカポカで何かしら儲かったような気分で一日を過ごしました。

午後には、今日も第2回「フランク永井歌コンクール」の出場申込みがありました。今春、決勝大会に残った方でしたが、意欲満々で張り切っていらっしゃいました。奥様に「今度は、優勝してね!」と言われ「プレッシャーをかけるなよ!」なんて言っていましたが、、、自信ありそうな雰囲気でした。

仲の良いご夫妻は、いつ見てもいいですね。

前回もお二人でいらして、今回もやはりお二人でした。

「お店をしているから」と言い、「ポスターを貼りましょうか?」と、言って下さいましたので、申込書付きのチラシもお願いしました。

その後には、いつもJK-Blogを見て下さっているという方がいらして下さいました。

一般の人が、日々Blogを発信しているということが良い事だと思うと話し、いろいろなジャンルであげているのが良いとおっしゃいました。 それから、HPで主人の陶芸に対する気持ちを知り、落ち着いて作品を観たくて今日はいらして下さったそうです。赤いベストがお似合いの笑顔の良い男性で、私が親しくしている方のご友人でもありました。

今朝は、今日一日のすべきことをメモをしてから、一日を過ごしましたが、、、お客様とのおしゃべりを楽しみながらも、カレンダーの箱詰めなどの作業も予定通り全て終わり、メモをしておくと頭の整理に役立つし、メモを見ながら一日を過ごすと大変合理的ですし、時間を大切に出来ると思いました。

お互いに与えられた時間は同じですが、、、充実感のある時間を過すと気持ちが豊かになります。

時間活用術は、メモからが、いいみたいです。

今日のガンディーの言葉「良い考えは、香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 19:20 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月19日

DC期間11月中の入り込み客数松山は3倍近い伸びに、、、、、。

仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(DC)期間の11月中の入り込み客数の発表記事が、地元紙「大崎タイムス」の朝刊12月18日付けに掲載されていました。

大崎市の中では松山地域が前年度と比較すると177,6%の伸びでダントツでした。岩出山地域が7,1%、古川が24、4%の伸びで、、、、、三本木、鹿島台、鳴子温泉地域は、減少でした。

DCは、今月が締め括りとなりますので年末の忙しい時期にどれだけ頑張れるかということだと思いますが 、、、、、ガソリン価格の引き下げで、車を使って出かけやすいことが、上手くかみ合う事を期待したいと思っています。

大崎市松山ふるさと歴史館で開催中の「フランク永井展」も12月21日までとなっていますが、、、、もっとのばしてほしいという声がだいぶ上がっている様子で、私のギャラリーにも開催延期要望の℡がかかってきています。

「年が明けてからしか行けない!」と、言う声があります。

小さな共同体ですが、地域住民はみな、おもてなしの心を大切にして、寒い時期に大崎市へいらっしゃるお客様方を温かくお出迎えしたいと思っております。

私は今日も「フランク永井展」を観た帰りにお立ち寄りになるという、第2回「フランク永井歌コンクール」ご出場希望の方をお待ちしております。

今日のガンディーの言葉「人生のリズムに従って歩いている人は、決して疲れたりしない。」「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 13:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月18日

ドキュメント番組「稲と食と子どもたち」~熱血先生のコメづくり授業~

Blog写真は、大崎市松山地区の羽黒神社境内から眺めた冬の田んぼです。今日、朝一番のmailは、大崎市松山小学校を建設した東急建設の芳賀さんからでした。

12月23日(火・祝)宮城テレビ放送 午前10時50分から11時20まで「コメづくりを通して食の大切さを伝えたい」という大崎市松山小学校小野寺勝徳先生とコメづくりに挑戦した松山小学校5年生56人の半年間を追ったドキュメント番組が放映されるというお知らせでした。

小野寺先生はコメづくり通して子ども達に食の大切さを知ってほしいと、情熱を持って、14年も前からこのコメづくり授業に取り組んでいらっしゃいます。

小野寺先生の熱血教師ぶりは、松山地区では大変評判で、子ども達からも保護者からも大きな信頼を得ている松小の先生です。

新たな試みに常に子供達と共に挑戦して行こうとする姿には、頭が下がります。

私も、小野寺先生を見習って、いつも何かにトライする人間でありたいと思いながら、お隣の松山小学校を見守っている地域住民の一人です。

12月23日の放映を楽しみにしていますので、皆さんも祝日の午前中は、大崎市松山の熱血教師の取り組み半年間(宮城テレビ)を、是非ご覧頂きたいと思います。

今日のガンディーの言葉「純真さが自分の本性の中に深く沁み込んでいれば、純真さは影響を受ける。」「努力と沈着によって得られないものは全くない。この真実が毎日の経験の中で確かめられるのだ。」

投稿者 jizai3 : 11:22 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月17日

今年最後の検診では、インフルエンザ予防接種も、、、、、

今日の午前中は、今年最後のBP教室で身体を動かし、午後には定期検診日で古川へ出掛けました。主治医の先生に2ヶ月前の検診結果を聞きましたが、主人は中性脂肪が減ったと先生から褒められました。後は、体重を少しだけ減らしましょうねと、一番難しい課題をずばり言われ、苦笑いでした。

今日は二人とも、インフルエンザの予防接種をしました。今年の注射は痛いと聞いていましたが、少しも痛くなく、、、、、30分間じっとしてから「いいですよ!」と、声をかけてもらってから帰ってきました。

病院へ行くといつもマスクと思うのですが、、、ついつい忘れてしまいます。

午後は午前中よりは空いていますが、風邪引きの方々が多く、風邪のウィルスが浮遊しているようで、帰宅後は、すごく丁寧にうがいと手洗いをしました。だから、「菌に弱い日本人!」と言われるのかなどと思いながらも、予防は大事と、思い直し、、、、、何度もうがいをし、良く良く手を洗いました。

街は、みんなクリスマスの飾りつけ一色に染まっていました。後、二週間足らずで新しい年を迎えようとしている大崎市の夕暮れ時でした。

今日のガンディーの言葉「誰でも、年を取れば老化する。 望みのみが、若かれと残る。」

投稿者 jizai3 : 17:42 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月16日

いよいよ慌ただしい年末に向けて

年末商戦の季節となりましたが、今年の年末はどこもかしこも厳しい年の瀬を迎えそうな気配が漂っています。アメリカ発の金融危機は多面的に影響を及ぼし、日本政府も100年一度の危機と言っていますが、、、、、、投機最優先の人間の生き方が否定されたことの現われだと思います。

何を人生の目標にして人間らしく生きるかということは、その国の成り立ち、文化、そして、その国の理念が問われることだと思います。

「豊かさ」を求めて生き続けて来たことの限界を感じる出来事が起きています。

アメリカ人が、次期大統領にオバマ氏を選んだ大きな理由は、これまでのアメリカに大きな変化を求めたからだと思います。このままではいけないと、根深い人種差別の壁を越えて、初の黒人大統領を選択しました。この選択は、アメリカの歴史を変える画期的な出来事であると思いますし、民主主義が根付いている証拠だとも思いました。

我が国は、残念ですが、、、、国民性からみても個の独立が未成熟と言わざるを得ない部分があるように思います。

しかし、現在の深刻な雇用の不安定さなどから社会生活を推察をすると、急激な変革を遂げなければ立ち行かなくなりそうな気もしますし、政治家と国民の乖離を如何に埋めようとするのか、、、、、政府は、国民の幸せを一番に考え、国民の方に顔をしっかりと向けて政治を司ることが何より大切なことだと思います。

昨今ほど政治の貧困に思いを馳せる時がないくらいに、切羽詰っている現状認識に手を打てるかどうか、、、、日本人が試されている時でもあると思いながら、今日はきれいに飾られたクリスマスを間近かにした店内を見ました。

今日のガンディーの言葉「夜を昼に変えるように、どのようにしたら人は後天的に学習出来るのだろうか。」「毒を加えられれば、ネクターでさえ、毒になる。」

投稿者 jizai3 : 15:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月15日

第2回「フランク永井歌コンクール」のポスターとチラシ、メール便で発送

今日は、第2回「フランク永井歌コンクール」のチラシも出来上がりポスターと貼付依頼書を同封して、mail便発送をしました。

今回のチラシには出場申込書もつけてありますので、ご出場を希望する方は、切り取って、そのまま出場料とカラオケテープを入れて、「フランク永井歌コンクール」事務局 自在窯&ギャラリーにお送り頂けますのでご利用下さいますようご案内申し上げます。

年内の発送がやっと出来ました。

ご出場者の締め切りは、来年の2月10日です。

この締め切り後に予選会については、詳細のご連絡を差し上げたいと思いますので宜しくお願い致します。

今夜は、大崎市松山公民館2F軽運動場で第2回「フランク永井歌コンクール」の実行委員会が行なわれます。

年内、最後の実行委員会になりますので、協議事項は盛りだくさんです。

プログラム協賛の広告についてなども話し合いが行なわれますが、、、今春、掲載出来なかったお店などからも来春は載せたいという申し入れなどもあり、嬉しい事と思っております。

この「フランク永井歌コンクール」は、地域おこしが目的ですから、松山地域の継続地域事業として、プログラムに広告を掲載することを喜んでもらえるような、、そんな地域活性化の事業になるように、今回も心新たに頑張りたいと思います。

今日のガンディーの言葉「良き事は、今すぐする事を望み、悪しき事は常に後でやったらと、延すことを勧める。」

投稿者 jizai3 : 14:10 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月14日

サンプロの「地方議会を換える」を見て

県の合同庁舎の花壇で見かけた赤色は、私に健気さを伝えました。今日は、日曜日私が楽しみにしている田原総一朗の「サンディープロジェクト」が放送されました。今日の特集は「地方議会を換える」でした。

合併をしない自治体「矢祭町」と、合併して出来た「西東京市」。それに大変な議会「北海道庁の議会」を放映していました。

北海道の議会は、最低な議会進行で、居眠り、観光旅行のパンフレット読み、呆れた私語のやりとり、、、、、。北海道は現在大変な財政状況にあるという認識すらない議会には、怒りを超えて、あきれ果てたという気持ちを抱いてしまいました。この件に関しては、議長も高橋知事も取材お断りで、コメントなしでした。

矢祭町は、合併をしなかった自治体としての在るべき姿を模索中という感じでした。

西東京市は、議員報酬引き上げについて市民と対立していました。

「報酬審議会」を立ち上げて議論したという現実を尊重して、報酬引き上げを推し進めようとしている市長が窮地に立たされていました。

合併をして市が大きくなったことが原因ですが、、、。

地方議会は、市民が本気になって、地域自治ということを真剣に考え、「住民参加型」のこれからのまちづくり構築の観点から物事を見直せば、その地域に合う議会の在り方なども見い出せるのではないかという明るい気持ちになりました。

答弁書作成能力が高く評価されたり、知識不足の学芸会のような議会がまかり通るような議会審議を、そろそろ終わりにしなければいけないと思います。

でも、彼らは、選挙で選ばれた人物なのです。

我々に選ばれてバッヂをつけているという現実だけは重く受け止めなければならないと思いました。

昨日、何とも”変”な不採択決定書を大崎市議会議長の青沼智雄氏から受け取ったばかりの私には、今日のサンディープロジェクトは大変身近な「地域自治」の在り方を示すもので、、、、考えさせられる報道内容で見応えがありました。

今日のガンディーの言葉「義務を実行する事によって発生する正義は持続する。」

投稿者 jizai3 : 11:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月13日

大崎市議会より届いた請願の審議の結果について(通知)、、、不採択と決定

Blog写真は、冬空に木々の葉を落とした冬枯れの細い木がそびえ立っています。今の季節を、とてもよく現わしていて年末の寂しさを感じさせます。

昼頃、大崎市議会より「大崎市農業委員会事務局を三本木庁舎に移転することを求める請願」については、平成20年第4回大崎市議会定例会において不採択と決定しましたという大崎市議会議長 青沼智雄氏からの通知を受け取りました。

この前の議会中継は、インターネットで見ていましたが、山田議員と佐藤昭一議員のまるで噛み合わないやりとりを見て、、、、正直、心が痛くなりました。

県の合庁に農業委員会を168,000円で借りることが無駄遣いであると言い、三本木庁舎に移転するよう請願したのですが、、、不採択となりました。

大崎市の財政が苦しい苦しいと言いながら、何故、間借りしなければならないのか私には理解出来ませんが、、、、答弁を見てますます理解不可能に陥りました。

自分とはかけ離れた考え方を、多くの議員たちがしていることに私は大変驚きました。私と同じ考えの議員たちは17人だけで、34名の議員たちとは対極にいるわけですから、、、、、ご一緒にインターネット中継を見ていた方は、「これが大崎市議会定例会とは信じられない光景ですね。山田さんの頭は大丈夫なのですか?」と言っていましたが、、、、、おかしいと思う人が採択され、まともと思う人が不採択なんて、本当に信じられないと言っていました。

大崎市議会は、採択になるといつも圧倒的多数で可決されます

これからの議会報告では、議員の名前の上にでも「○ ×」をつけて議題一つ一つに賛成反対が一目瞭然に分かるようにしておく必要があると思われますので、是非、今後の議会報告で実践して頂くように要望したいと思います。

執行部案を鵜呑みにするのではなく、きちんと審議が出来るようにしてほしいと思いますし、議会には監視機能の必然性を高めて頂きたいと思います。

あれほどおかしい、変な答弁をしても採択される大崎市議会の審議内容に大いに疑問を感じますし、大崎市政の危なげさに大きな不安を抱いてしまいました。

自治体の破産などということのないように、これからも目を光らせないといけないなと思う午後でした。

今日のガンディーの言葉「自分の欲望を限りなく持ち出す事は罪深い事である。」

投稿者 jizai3 : 13:22 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月12日

便利な和の心を包む日本の風呂敷

「記念品に」と言い、大きなお皿を買って頂きました。

主人が箱を作り、納めました。主人の箱作りの腕はだいぶ上がってきたようです。

今回は、記念品の大皿を風呂敷で包んでみました。

浮世絵調の赤い色の風呂敷は”和の心”を醸し出しとても素敵です。

風呂敷は、日本人の心を感じる布です。

優しくて自由性があり、利用価値の高い四角い布だと思いました。

外国人には人気の高いお土産だそうですが、今日は改めていいな!と思いました。

今日のガンディーの言葉「単純の中で大きさがあるように、良き事は存在している。決して豊かさの中ではない。」「良い考えは、香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 18:35 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月11日

古川税務署主催 平成20年度「決算説明会」に臨んで、、、、、

今日は、午前10時から古川税務署が主催する「決算説明会」に出掛けました。

大崎合同庁舎1F大会議室で、決算の説明会を聞いたのは我々を入れて24名だけで、空席が目立ちました。今年は大きな変化はありませんでしたが、、、少額減価償却資産の計算に変化がありました。

今年も決算説明会の時期がやって来てしまい、一年の終りが近いことを実感しましたが、、、、本当にあっという間の1年間だったような気がしています。

帰りにはPCの先生の素敵なお母様が経営するお店で、美味しい肉団子定食とエビフライ定食を頂いてきました。

今回は、お店まで少しの迷いもなく行くことが出来ました。

今日も意外と暖かく「今年は暖冬かしら?」などと言う会話などもありました。

最近は、第2回「フランク永井歌コンクール」についてのお問い合わせがとても多くなりました。でも、二日間の予選会では、仕事の関係上難しいという方々もいらして、、、、時々、すごくいいお声で「決勝大会だけの参加ではいけませんかねー」という方がいらっしゃって、「予選を通過して30名に選ばれた人だけが、3月22日の決勝大会ヘ進むことが出来るのですよ。」と答えるのに困る時もありますが、、まずは予選会へとご案内をしています。

しかし、フランク永井に関しての℡は、女性も男性もみんな感じ良くて紳士と淑女ばかりです。いつも穏やかな気持ちで接することができ、幸せを感じます。

今日のガンディーの言葉「不規則は、決して後天性となって良く前進しない。」

投稿者 jizai3 : 15:04 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月10日

平成20年度「大崎を知ろう会」総会開催

今日は、午後2時から古川ロイヤルホテルで平成20年度「大崎を知ろう会」総会と懇親会が行なわれました。

総会は委任状を含め、51名の過半数出席で総会が始まりました。

宮本議長の議事進行で20年度の事業報告並びに決算報告についてと監査報告が行なわれ、、、、承認を頂き、21年度の事業計画並びに予算案についても執行部案が認められ、役員改選は、正副会長は留任、幹事16名は、次回4月の研修会で報告するということを取り決めて、宮本先生のスムーズな議事進行で閉会となり、次は、お隣の部屋で懇親会となりました。

Blog写真は、懇親会のスタートで挨拶をする本間俊太郎氏です。

楽しい懇親会では、楽しく会話が弾みお酒を頂きながらカラオケなどもあり、、、夕方6時には散会となりました。

主人も「今日は美味しいお酒が呑めた!」と、大満足で約束どおり運転代行で松山に帰ってきました。

今日のガンディーの言葉「我々は、善良な人達の友を探しています。何故なら善良な人達の集まりは、我々の精神の糧だからです。」

投稿者 jizai3 : 19:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 9日

二十四節気の「大雪」が過ぎたばかりなのに、、、今日は朝からいい天気!

自在窯&ギャラリーのクリスマスが勢揃いしました。

「大雪」が過ぎたばかりのお天気としては、今日は最高にいいお天気です。ストーブなしでも暖かくガラス越しの陽射しは気持ち良く、、、昨日とは大違いです。

今日は雨の予報ですが、、、、この季節に雨が降ると一雨ごとに寒さを増しますが今日はそうでもない様子です。

大崎市議会12月定例会は、今日午後1時から開会されるそうです。

2週間の予定で行なわれるそうです。

先日、大崎市議会・至誠クラブ 2008年度政務調査報告が大崎タイムス社に4日と7日、上下に分けて掲載されていましたが、視察先の九州地方大分県での調査目標から考察まで詳しい報告がなされていました。

このように、新聞紙上で報告をして頂けると、関心の高い政務調査費が有効に使われていることを私達一般市民が知ることが出来て、とても良い事だと思いました。

議員さんたちには、問題意識を持って大いに学んでほしいと思っています。

向上心を持ち、意欲溢れる議員が議会の中で、きちんとした監視機能を持ち、大崎市民の幸せの為に汗を流してくれることを私は期待したいと思います。

今日のガンディーの言葉「正しく行動することを恥じる人は、少しも正しく行動をしていない。」

投稿者 jizai3 : 11:30 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 8日

久しぶりの買い物、、、クリスマスモードに飾られて

今日は、いろいろ用事がたくさんあったので、昼前にはギャラリーを臨時休業にして出掛けました。

午後には、古川のジャスコに立ち寄りましたが、、、、、店内はクリスマスムードに飾られていました。

明後日は、「大崎を知ろう会」の総会があります。

今回の大崎を知ろう会の通信「温故知新」は、私が書きました。

「大崎を知ろう会」の人達は、みんないい人たちばかりで、、、お逢いすることがとても楽しみです。

会費制で行なわれる懇親会も楽しみです。

主人は「水曜日は呑める日だから、、、帰りは運転代行でお願いしますね。」と言っていますので、主人の希望通り運転代行で帰宅するつもりでいます。

法を守らせる立場の人間までもが、法を犯す時代ですから、、、、本当に不信感だらけで嫌になってしまいますが、お酒はもともと「百薬の長」といわれるものですから、マナーを守って、”呑んだら運転はしない”ということを絶対に守るように、一人一人が自覚することが何より大切だと思います。

忘年会、新年会と呑む機会が多くなりますが、、、JK-Blogをご覧の皆様は法を遵守する人々であることを願って本日は「おやすみなさい」を言いたいと思います。

今日のガンディーの言葉「自制は、本当の喜びである。」

投稿者 jizai3 : 19:05 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 7日

12月最初の日曜日の朝は、、、初雪が

今朝は、12月になって初めての日曜日でした。 とても寒い朝を迎えました。

自宅の庭にはうっすら雪が積もっているのが見えました。

大崎市にも本格的が冬がやって来たようです。

これからの3ヶ月間は身体を大切にして風邪をひかないようにしなればと思いました。早速、丁寧な手洗いと、うがいを励行しました。

夕方からは、来年の年賀状の印刷をしました。

300枚を一気に仕上げ、少々安心しました。

今夜は楽しみにしているNHK大河ドラマ「篤姫」があるので主人は、「そろそろ帰ろう!」と私に声をかけています。

今日のガンディーの言葉「経験を積めば積むほど、人間自身が不幸と同様、幸せの源泉なのだと実感する。」

投稿者 jizai3 : 19:25 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 6日

郷土料理の温かさ

昨晩は、お隣の美里町「大ちゃん食堂」の”みそ味すっぽこ定食”を食べました。

何となく懐かしくて心温まるお夕食でした。

DCキャンペーン特別企画「ようこそ 美里へ」歓迎”ゆっくりしていがいん” 美里の味! すっぽこ汁は最高でした。

具だくさんのあんかけうどんの味は、母がつくってくれたような温かさでした。

今日は、昼は大崎市松山酒ミュージアムで”そばぜんざい&抹茶”を頂いてみましたが、やはり郷土の香りのする温かいぜんざいでした。

私達は、懐かしさを感じる食感に満足して帰りました。

今日のガンディーの言葉「全ての人は、自分の存在の源を探すべきである。」

投稿者 jizai3 : 15:33 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 5日

「協働」関係を軸に、パートナーシップで成し遂げた「フランク永井を偲ぶ会」を振り返って、、、、、

主人が制作した辰砂壺「時間と空間」に鮮やかな晩秋の色が活けてあります。「難を逃れるように!」と言いながら、、、、大崎市松山伊場野地区の歌を愛するO氏からたくさんのお花を頂きました。 

先日の偲ぶ会で、Oさんは、献花の後に視聴覚室で「君恋し」と、M子さんとのデュエット「東京ナイト・クラブ」を楽しそうに歌ってくれました

今日は私にも元カラオケ仲間のR子さんが遊びに来てくれました。

趣味が同じという人たちとは、しばらく音沙汰がなくても、いつものように楽しい会話が弾みます。お互いに言いたいことを言って、、ますます親交が深まります。

R子さんたちは、旅行中で「フランク永井を偲ぶ会」には出られませんでした。  でも、TVや新聞報道は見ていましたので、「無事終って良かったね! ご苦労様でした。」と言ってくれました。

彼女は、4枚「偲ぶ会」のパンフレットを購入して行きました。

今回の「フランク永井を偲ぶ会」は、2回の実行委員会開催で本番を迎えましたが、全ての協議内容は、オープンにしかも話し合いの過程を大事にするというまさしく協働関係(パートナーシップ)を大切にして行なわれました。

これからの地域づくりは、市民が主導で、行政も企業も議員も同じ土俵について、同じテーマで共通認識を得るまで充分に話し合うことが大切だと思います。

そのような意味から言えば、今回の「フランク永井を偲ぶ会」で、大崎市長が大崎市民代表として、会場にいらした方々にご挨拶をしたということは、とても良かったと思いました。

これは、11月14日(金)午後3時からの開催 移動室市長室(大崎市松山総合支所分庁舎で開催)「市長と語ろう」での私・小野寺京子(申込み人)との約束を守り、伊藤市長が祭壇の前で市民を代表してご挨拶をして下さった事には大変感謝を致しております。

但し、一つだけ大変納得出来なかったのは、「市長と語ろう」の開催が、申込人の許可なしでは、座ることさえ許されない(傍聴禁止命令)という、今の時代に全くそぐわない甚だしい非常識さでした。

現代は、公開性・透明性を何よりも重んじる時代なのに、、、、、「情報公開」が叫ばれている時に、まるで、日本の暗い時代に逆戻りしたかのような錯覚に襲われ私は、恐怖を感じてしまいました。

あの時代、「日本は戦いに勝っていますよ!」と嘘の情報を与え、無駄にしなくてよい大切な命を奪ってしまったような、取り返しの付かない大過ちを、又、しようとしているかと思わせるような気分になり、大変不愉快で吐き気を覚えました。

でも、この日の出来事に遭遇したのは、我々一般市民だけじゃなく大崎市松山のK議員と、鳴子からのT議員もいらっしゃいましたので、、、私のような者が声をあげるだけでなく、監視機能を持つ議員たちが騒ぐべきだと思うのですが、、、、。

大崎タイムス社の記者も同席していましたが、、、、記事にはならなかったようで、何の報道もありませんでした。

新聞報道からは、「移動市長室」の「移」の文字も見つかりませんでした。

帰り際、大崎市長は「これ、公開じゃなかったの?」と、I氏に尋ねていました。

どこの場ででも、大崎市の伊藤市長は挨拶の度に「市民が主役!」とお話なさっていますので、、、、、大変意外なご様子でしたので申し添えたいと思います。

私にとっては、今回の公開性を損ねた出来事は、日本の民主主義の根幹を揺るがす大事件だと思うのですが、皆さんはいかがお考えでしょうか?

JK-Blogの下のところに「コメント」の欄がありますので、是非ご意見をお入れ頂きたいと思いますので宜しくお願い致します。

今日のガンディーの言葉「人間は、自己の本性を実感し、本性を静見し、その徳目に従うようになって立ち上がる。反対の行動パターンは、自己の下降に引きずられる。」

投稿者 jizai3 : 13:34 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 4日

忙しさ、、、一段落、、

忙しさがやっと一段落を迎えました。

今日は午前中から同じ文化丁のH子さんにお留守番をしてもらったり、偲ぶ会の事後処理を手伝ってもらいながら、、、、、やっといつもの日常に戻りました。

ふるさと歴史館へ用事があり出掛けましたら、第1回「フランク永井歌コンクール」の時に大活躍をしてくれたY氏から℡があり、懐かしくて私も℡でおしゃべりをさせてもらいました。お引越しをして現在は千葉県にお住まいですが、、、とても素晴しい方で、私の大好きな方です。

「いつもBlogを見ていますよ。偲ぶ会、良かったですね!」とおっしゃって下さいました。彼がお引越しをすると聞いた時は、本当にショックを受けましたが、、、若い地域事業の後継者も歌コンクール実行委員会には入ってきてくれています。

でも、控えめで大変有能な方でしたので、、、やはり、寂しさはありますが、来春は心を新たにして頑張るつもりでおります。

後は、”音楽文化をまもる”JASRACからの請求を待つばかりとなりました。

今日のガンディーの言葉「急ぎすぎる事は、慌て過ぎる事である。ゆっくりと堅実で落ち着いた仕事を行なう人は、いつでもこの事が本当のことだと思っている。」

投稿者 jizai3 : 15:10 | コメント (1) | トラックバック

2008年12月 3日

「偲ぶ会」パンフレットについて、、、

Blog写真は、2008年11月30日開催の「フランク永井を偲ぶ会」当日のパンフレットです。発起人代表松本善雄のご挨拶文と、魅惑の低音歌手、フランク永井の略歴が掲載されていますが、、、。丁度、結婚式披露宴のご案内状のような感じに仕上がっています。

ポストカードの大きさで、白黒で制作していますので、色褪せることなく、いつまでも「偲ぶ会」の記念品として大切に保存できると思います。

「偲ぶ会」にどうしても参加できなかった方から、パンフレットを希望されていましたので、、、、昨日のJK-Blogでもお知らせ致しましたが、ほしい方は、100円でお買い求め出来ますので再度お知らせ致します。

自在窯&ギャラリーで販売中です!!

但し、在庫がなくなり次第、販売は中止となります。

お一人様10枚以上の購入は、お断り致しますので宜しくお願い致します。

お問い合わせ℡ 0229-55-3735 自在窯&ギャラリー内 小野寺京子まで。

今日のガンディーの言葉「一滴の水が、大洋をつくっている。その理由は、一滴の水の中には、完全な統合力があり、そして、協調性があるからです。同じ事は、人間社会にも、同じように採用出来るのではないだろうか。」

投稿者 jizai3 : 17:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 2日

残務整理に追われながらも、、、、、

Blog写真は、「フランク永井を偲ぶ会」当日開催の式次第です。会場にいらした方々から「パソコンの文字じゃないのが、、、いいね!」と、お褒めの言葉をたくさん頂きました。

大崎市議会議員(松山)木内知子さんの調和のとれた文字はいつ見ても素敵です。

ステージの横断幕「フランク永井を偲ぶ会」の文字はフランク永井さんの同級生、田口氏が書いてくれました。

今こうして、振り返ってみますと、総勢で47名の方たちが力を合わせ偲ぶ会を行った事になりました。

今日は、大崎市松山総合支所に事業報告書を提出しましたが、多くの残務整理に追われています。

3月22日開催の「フランク永井歌コンクール」についてのお問い合わせ℡が急に増えてきたこと、偲ぶ会に参加出来なかったが、、、、式次第的なものがあればほしいなどとおっしゃる方がいらっしゃいますので、「偲ぶ会に寄せての発起人挨拶文と、フランクさんの簡単な略歴を載せたパンフレットがあります。100円でお買い求め出来ます。」と案内を致しましたら、すぐにいらして下さった方もいました。

偲ぶ会の祭壇や、シンプルなお花など、、、、、今日は松山でお逢いする方々に「小野寺さん、ご苦労様ね!とてもいい偲ぶ会でしたね!」と声をかけられ、とても嬉しく思いました。

昭和を彩る偉大な歌手「フランク永井」はこれからも私達郷土の誇りです。

今日のガンディーの言葉「自分の成すべきことをやり遂げた静かな喜びは、どんな喜びとも比べられない。」

投稿者 jizai3 : 19:18 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 1日

追記、、、「フランク永井を偲ぶ会」

Blog写真は、昨日の「フランク永井を偲ぶ会」で主人が創った”赤富士辰砂壺”です。この壺は、ロシア、上海、フランス、西安、タヒチ、北京、東京銀座、そして大崎市松山の自在窯&ギャラリーは勿論のこと、現在は、大崎市松山ふるさと歴史館で「フランク永井展」開催中のロビーで、昨日の「偲ぶ会」の余韻を醸し出しながら静かに歴史館にいらっしゃるお客様方をお出迎えしています。

日本一の歌手に相応しい偲ぶ会は、、、、、日本一の富士山をイメージして制作した小野寺重一の自信作がお花を添えました。

お花を活けて下さったのは、主人の妹が住む、栗原市瀬峰「千葉生花店」の千葉キミ子先生です。今日はお逢いする方、お逢いする方に㈱北川さんの素敵な祭壇と、赤富士辰砂壺に活けたお花を褒められました。

TV報道もあったようですが、、、、昨晩NHKのニュース、献花の場面をちょっと見ただけですが、朝にも報道してくれたようでした。

マスコミ関係も昨日のメインタイムの献花まで取材をして下さっていました。

”善雄&誠子&京子”のトリオと、この三人を支えてくれた仲間は、最高の人たちでした。

昨晩の℡で、偲ぶ会に旦那様とご一緒に参加をしてくれたお人形作家の粟野敦子さんは、「本当に大事なものは表面には出ないけど、、、、、表面に出ない人の力がないと良いことは何も出来ない。」と、相田みつをさんと同じような事を言っていました。

私も同感です。「さすが敦子さん!」と思いました。

今日は事後処理に忙しい一日で今夜の松山まちづくり協議会教育文化部会は、欠席をしてしまいました。

今日のガンディーの言葉「正しい事は、失敗しない。真実の言葉は結局、人を傷つけない。」

投稿者 jizai3 : 18:57 | コメント (0) | トラックバック