« 草餅は、春色で、、、、、 | メイン | 確かに繫がる逞しさと、失望を与える無責任さ »

2009年2月 6日

後世に残したいもの~~~

我が家の庭の様子です。

あんなにも雪が降ったことが窺えますが、、、、、、植物は元気で平然と顔を出していました。

今日は、昨年11月30日「フランク永井を偲ぶ会」に参加して下さったというご夫妻がいらして、歌コンクールの入場券をお求め下さいました。

「大変素晴しい偲ぶ会でしたね。フランク永井の歌った名曲の素晴しさをこれからも歌い継いでほしいと思います。頑張って下さいね! 第2回目の歌コンクールも楽しみにしていますから。」と励まされました。

それから、今日届いたある書留の送り主はとてもきれいな文字で、フランク永井は同郷の誇りです。これからも素晴しいフランクさんの数々の名曲を歌い継ぎ、彼の素晴しさを後世に残したと思いますというようなことを書いて、出場者として申込をして下さいました。

本当にありがたいと思いました。

歌コンクールの実行委員たちと同じような気持ちでフランク永井を見ていて下さることに感謝です。

フランク永井を良く知る人たちが、フランクさんの歌を歌い継ぎ、若い人たちに、伝えて行くことが出来れば、、、、、昭和の大歌手・フランク永井はいつの時代にも新しく、多くの人々に受け入れられる歌手であると思います。

大崎市松山出身のフランク永井の歌声は、ほんものなのです。

ラジオから流れるきれいな日本語で洒落た曲を慈愛に満ちた声で歌う歌手、フランク永井の存在に感動したことが昨日のことのように思い起こされました。

あの時、私は、「日本一の歌声!」と感じましたが、、、、、その気持ちは現在も同じで、少しも変わりません。聞けば聞くほど魅了される歌声なのです。

今は、「日本一!」と、感じたフランク永井の事に関われることが私の誇りです。

今日のガンディーの言葉「人は、自分の思うとおりの人間である。」

投稿者 jizai3 : 2009年2月 6日 14:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/674

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)