« 地上デジタルの映像のきれいさ | メイン | 雨降りの一日は、、、、、 »

2009年4月24日

未完の秘めた可能性を信じて、、、

多くの可能性を持つ子供達を育んでいる元松山千石城主が暮らした”上野館”址県立松山高校のグラウンドです。

松山高校生たちは、この小高い素晴しく恵まれた環境の中で毎日勉学に励みながら、部活動などにも頑張っています。

高校生のころは、ほんの少しの事で傷ついたり、ちょっとした事で自信を持ったりと、、、、とても傷つきやすく、情緒不安定になりやすく、自分で自分をもてあましたり、大変微妙なお年頃です。

でも、大人になると意外と不安定な頃の若い自分を忘れてしまい、「孫の心理がわからない。理解に苦しむ。」などと、嘆いている友人の話しに「貴女だって理解に苦しむ人だったわ!」と言いましたら「京子にだけは、言われたくない!」と言われてしまいました。

お互いに笑ってしまいましたが、、、未完成が持つ大きな可能性は誰にでもあると思います。若いということは、本当はとても素晴しいのです。

最近、つくづくそう思います。

若い頃は、早く大人になりたいと思っていましたが、、、、、いい加減すぎるくらい大人になってしまったら、今度は、若いことがいかに素晴しいか良く解るようになりました。

若い時の未完成は、大器につながる可能性を持つものですから大事にして、いつかは花咲かせたいものだと思います。

まわりの大人たちは、そのお手伝いが出来るような、寛容な心を持つ人間で在りたいものだと思います。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 2009年4月24日 14:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/753

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)