« 実感のある生き方を、、、 | メイン | 梅雨の中休み、、、、続く真夏日! »

2009年6月26日

合併のシンボル的行政課題「子育て支援」について、、、大崎市議会LIVE中継

今日から6月定例会 大崎市議会がスタートしました。

市長の行政報告の後、合併のシンボル的行政課題 地域限定岩出山地域の「すこやか子育て支援金」について大友委員長より請願第1号委員長報告があり、この子育て支援金は全地域に支給出来ないのであれば全廃すべきであるという案に賛成か反対かを問う議論が述べられ、その後採択に至りました。

反対の遊佐議員、中鉢議員、小沢議員、賛成の佐藤昭一議員、高橋憲雄議員たちがそれぞれに議員の考えを述べました。

全員「市民の気持は解る」「限定サービスには不平等感がある」という点では一致していましたが、、、、採択の結果は、賛成少数で否決されました。

私が、一番意外だったのは共産党の小沢議員がこれまでの経過があり、岩出山地域の条例であり、このすこやか子育て支援金は時限立法であり、他の約束事とは違うと言い、「不平等」を最も嫌うと思っていた共産党議員が賛成しなかったことに驚きました。

大崎市としての一体感が生まれない現実、佐藤議員が強調した負担と受益の問題など、、、、果たしてどのような合併をして大崎市が誕生したのかなど、そもそものスタートラインに問題がある事だけは確かのようです。

議員達も知らないで、部会のみの協議で上がってきた案件という事でしたが、合併時の議論不足が浮き彫りになる事案だと思いました。それと同時に市民代表の議員の在るべき姿も問われ、合併の根本的な課題を含む問題でもあると思いました。

6月議会は14日間の日程で行なわれるそうですが、大崎市民の幸せの為に汗を流す議会であり、決めた事を施行、実施出来るように、又、厳しく監視機能を発揮出来るような大崎市議会であってほしいと思います。 

今日のガンディーの言葉「もし、正当な思案の後、良き判断をするのでなかったら人は、良いと思った決断でもしてはならない。良い決断を捨て去る事のないようにしよう。」

              

投稿者 jizai3 : 2009年6月26日 14:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/829

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)