« 開校136周年を迎えた大崎市立松山小学校で総合落成記念式が開催されました | メイン | 人目を気にする悪い癖、、、 »

2009年7月 9日

高校球児たちの熱い夏がやって来ます!

「第91回全国高等学校野球選手県大会 宮城大会」のポスターです。甲子園球場と静かに置かれた公式戦で使用する白いビクトリーボールが大変印象的です。

宮城県の”弾ける若い夏”は7月11日からスタートします。

白球を追って毎年繰り広げられる高校球児たちのひたむきな姿は、勝っても負けても涙がこぼれてしまいます。

今日の河北新報の「声の交差点」にも夏の風物詩 高校球児たちの活躍を楽しみにしている方の投稿文がありました。

私の友人も高校野球は欠かさず観ていて「夏と言えば、高校野球!」と言っている人がいます。

彼女も高校球児が大好きで、春も秋も公式戦を観戦しているそうですが、、、、、夏の全国高等学校野球選手権は特に楽しみで、毎年宮城大会の決勝戦は球場へ足を運んで観戦するそうです。

高校3年生の野球部員は、夏の大会が終ると、、それぞれの進路に向かって歩き始めますから、高校生活のいい思い出になるように悔いのない試合を心がけてほしいと思います。

若い時のいい思い出は、その後の人生を大きく左右しますから全員野球を目指して燃え尽くすくらいの情熱で立ち向い、観る人の気持ちを釘付けにしてほしいと思います。

若者たちが持つ清々しさがとても爽やかで、観ていると心が洗われるような気持ちになります。

いよいよに差し迫った「感動の夏ドラマ」が楽しみです!

今日のガンディーの言葉「清いという事は、清くないと、清いということが対面した時のみ、テストされる。」

投稿者 jizai3 : 2009年7月 9日 11:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/844

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)