« 今年もとうもろこしの季節が、、、 | メイン | 「壺中の天」の壺づくりを通して »

2009年7月19日

手づくりに幸せを見い出す友人

大崎市鹿島台の友人が手づくりをした小物入れと廃油でつくった石鹸です。彼女は本当に働き者で、何かを作ることが大好きで、手間をかけて手づくりのものを完成させることに大きな喜びを感じている人です。

Sさんは、どんな時でも底抜けに明るく、大変な時も、追い詰められた時でも、いつも根底には「ケ・セラセラ」の気持ちを持っている人です。

独特の価値観を持ち、物事に流される事なく、程の良い自己主張が出来る人です。はきはきしていて、いい難い事もさらりと言うことが出来ます。

昨日頂いた廃油の石鹸は、大きな中華なべにたくさんの野菜くずを入れてつくるそうです。"油汚れを廃油がきれいに”してくれるのです。

この暑い時期には大変なことだと思いますが、彼女に言わせると全く気にならないそうです。「なんかね、とっても楽しいのよ!暑いのなんか気にならないの。 出来上がったら牛乳パックに入れて固めるのだけれど、、、パックの入れ物もいろいろ工夫しながらつくってみると意外性があって、今度は身体洗いの石鹸をつくり、その後には、洗顔石鹸もつくりたいのよ。私は化粧品過敏症だから自分に合う石鹸がほしいのよ。」と、言っていました。

感心しっぱなしでお話を聞いていました。

小物入れも大事に使わせて頂いていますが、、、、見えないところがすごく丁寧に縫われていますので、丈夫ですし、温かい愛情が感じられものが身近にあることは本当にありがたいことだと思います。

「いい加減な、妥協が嫌い!」という彼女は、信念の人で、努力家で、前向きで、辛い時にも決して明るさを失わず、、、年齢は私より少し年下ですが、見習うべきところをたくさん持っている人です。

とっても辛く悲しい話しでも、ユーモアを入れながら見事に伝えることができる頭の良い女性です。

おかげさまで、水まわりの白いもやもやは、すっかりなくなり清潔感溢れる流しに変身出来ました。

今日のガンディーの言葉「自分の成すべき事をやり遂げた静かな喜びは、どんなものとも比べられない。」「一つのアイデアを実行すべく努力を推し進める時のみ、アイデアだと言われることが出来るだろう。」

投稿者 jizai3 : 2009年7月19日 11:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/857

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)