« 「皆既日食」の今日は、大崎市三本木総合支所へ住民監査請求の陳述に、、、 | メイン | とても気になって、、、、、 »

2009年7月23日

今どきの、、、親を想う若者の澄んだ瞳

今日はいいお話しを聞くことが出来ましたので、フラワーアレンジメントをしてみました。最近は植木のお花があるので、お花を活けたりしていませんでしたが、親想いの若者の澄んだ瞳に魅せられて”しあわせ”の気分を表わしてみました。

何度かいらっしゃるリピーターのお客様ですが、、、、言葉遣いが丁寧で若くても敬語がきちんと使える人でした。

長くお話しを伺った事はありませんでしたが、今日は、自在窯&ギャラリーには誰もいらっしゃいませんでしたので、お茶を飲みながらいろいろお話をしました。

「この前、買ったお茶碗は母がとっても喜んでくれました。赤い色の茶碗でご飯を頂くと、食がすすむわ!と母が言っています。叔母が、あら、手づくりの茶碗!  素敵ねと、、、、言っていますので、、叔母にもプレゼントしようと思いまして。県外なんですが、叔父と二人分と思いましてね。小さな時うんと可愛がってもらったんですよ。」と話して下さいました。

以前にも何度かお買い上げして下さいましたが、前回は「母に上げたくて!」と言ってお買い求め下さいました。

本当に優しそうな澄んだ瞳をしているいい若者です。この辺りでも「今どきの若者は、、、、、」とマイナス面の若い人の話しは良く聞きますが、、、本日お逢いした若者は母親想いの孝行息子でした。

「言葉遣いが大変丁寧でいらっしゃいますね。」と言いましたら、「営業マンですから。とても厳しく躾けられました。」という事でした。 今どきの若者はなんて言えないくらい丁寧な言葉遣いで、、、私もつられて丁寧な会話を楽しみました。

いつもお母様からは「言葉遣いにはその人の人間性がにじみ出るから、相手の目を見てきちんと話しなさい。」と言われて育ったそうです。

習慣化され、身についている美しい日本語だと思いました。

ギャラリーの工房で、主人はずっと轆轤を回していましたが、、、、「いい若者だ!言葉遣いがいい!」と感心していました。

こんないい息子を持ったお母様は幸せだろうなと思って今日はお花を活けました。

今日のガンディーの言葉「立身出世の本当のしるしは、その人の成熟さの成長である。」

投稿者 jizai3 : 2009年7月23日 16:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/861

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)