« 今どきの、、、親を想う若者の澄んだ瞳 | メイン | 明るい視野で、視野の広い人に、、、 »

2009年7月24日

とても気になって、、、、、

Blog写真は大崎市松山地域内の山と木立の様子ですが、連日のTVが映し出す山口県の豪雨災害の様子には、ただただ驚きです。大自然の驚異は、川の流れまで変えてしまう力を持っていました。

豊かな四季があり、温暖な地帯であるはずの日本が大きく変化をしてしまったような映像に大変ショックを受けています。

川の流れまでも変えてしまう大自然の驚異を見せ付けられて、、、、地域で暮らす人々の暮らしを根底からひっくり返す力にただただ恐怖を感じています。

亡くなった方々や行方不明の方々が多いことには、、、本当に心が痛みます。

山口県防府市では、100箇所もの土砂崩れが起きたそうですが、雨の降る量が予想もつかない状況だったと言っていました。

最近は、私たちの地域でも一気に降る雨の量が急に増えたような気がします。熱帯地帯でよく発生するスコールを感じさせるものがあります。

山の木々や大きな石ころが被害を受けた方の家の中に入り込み、すごい土砂に埋もれた映像を見て唖然としてしまいます。これからも雨はまだまだ降りそうですし、気象庁は、梅雨明け宣言の訂正なども考えているようですが、東北地方も連日の雨でじとじとしています。

実は、今春、「第2回フランク永井歌コンクール」に山口県からご出場して下さった素敵な女性の方がいらっしゃいました。

映像を見るたびに気になっていました。今日は思い切ってお見舞いのはがきを出してみようと思います。

大変な時に、、、、とは思いますが、気になると気になって気になってしょうがない性格なので、「返事はいりません。お元気で!」だけと書きたいと思います。

気になることがあると落ち着かない人間ですが、気がすむと落ち着きます。

つい最近、私たちの地域で起きた地震でも、山が崩落したり、、、、、大自然を前にして太刀打ちできない、人間の儚さを考えさせられてしまいました。

儚さを持つ人間達は、自然を畏怖しながら、お互いに手を取り合って精一杯自分らしく生きて行くしかないのだと思います。先日の「皆既日食」の映像には、素直に生かされている事に感謝でしたが、今回の土砂崩れの映像には、人が無事に生きてゆく事への恐怖を感じてしまいました。

このような土砂崩れは、今の日本では、何処ででも起こり得ることのようですが、被害に遭われた方々には、、、、どうか乗り越えて頂きたいと思っています。

本当は、こんな時こそ、政治家の方々には、日本の政治力を発揮してもらいたいのですが、選挙支持団体にお願いをして歩く事の方が大切なのでしょうか?

私たちは安心・安全・安定社会の構築を望んでいるのです、、、、が。

今日のガンディーの言葉「ナナクは、言っている。『神は、この世の全ての人は、一つの家族であり、お互いが他の人の為に生きなければならない。』と。」

投稿者 jizai3 : 2009年7月24日 10:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/862

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)