« 頑張る子ども達にエールを! | メイン | 仙台フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会 「サマーフェスティバル2009」 »

2009年7月30日

「Welcome!」の文字が踊って、、、

Blog写真は、第19回日米草の根交流サミットみやぎ大会米国市民訪問団大崎・松山のおもてなしのポスターです。今日から、8月2日まで4名の米国人の方々が松山に滞在します。松山地域でのおもてなしのスケジュールが発表されました。

大崎市松山地域では、3軒の家の方々がホストファミリーとしてホームスティーを担う事になっています。主人の同級生のO氏は、もう数十年も外国の方々をお泊めしています。今日は、松島の大観荘までお迎えに出掛け大崎市内の施設を見学します。

大崎市長を表敬訪問し、午後には松山地域にいらっしゃいます。

明日は、松山の自然に触れると題して、とうもろこし・野菜を収穫し、松山ツアーを行い、日本刀法華三郎信房宅、酒ミュージアム、座敷蔵見学を終えた後、町区の松本宅の蔵でウエルカムパーティーを楽しんで頂きます。

8月1日は、松山地域の伝統芸能に触れてもらい、流しそうめんを体験してもらい、午後にはわらじづくりに挑戦してもらいます。その後は岩出山へ移動し、8月2日には三本木ひまわりの丘見学をして日本食での昼食を味わって頂き、午後は三本木支所に集合してから、訪問団の方々を仙台ローヤルパークホテルまで送るそうです。

スケジュール表には、時間や実施事項、備考、担当役割が記載され、松山地域での受け入れ体制は整っています。

今回の訪問団の方々は19歳から68歳までと年齢に幅がありますが、、、、地域の人々(中心は松山風土研究会)は、「松山のおもてなしの心」を発揮して今日から米国市民訪問団をお招き致します。

訪問団の方々には、大崎市松山地域での楽しい思い出をたくさん持ち帰っていただきたいと思います。

今日のガンディーの言葉「人生の楽しみを喜ぶのではなく、人を喜ばす事が楽しみである。」

投稿者 jizai3 : 2009年7月30日 18:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/869

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)