« 私の風邪の特効薬は~りんご~ | メイン | 大崎市松山地域文化丁裏通りの雪景色 »

2009年12月18日

望んだら願いが叶って!

先日、TVで「よこすか海軍カレー」のことを知り、主人と「食べてみたいね!」とお話をしていたら、主人の昔のガールフレンド(横須賀在住)がレトルトの「よこすか海軍カレー」を送ってくれました。願いが叶って大喜び、お夕飯が楽しみです。

昨晩は、古川で遅い時間まで過し、帰りは運転代行で松山に戻りました。Blog写真の右は、到着したばかりの松山派出所辺りの雪降りの様子です。

雪がチラチラ降り、気温も低くだいぶ冷え込んでいました。

今朝の冷え込みも厳しく、大変寒い朝を迎えました。

寒い時には、カレーやお鍋でお夕飯を頂くのが最高ですね。

白菜鍋や、牡蛎鍋、シチューやカレーなどが多くなります。

因みに今日のお昼は主人の大好物のカレーそばでした。

カレーは、いつも多目につくって小分けにして冷凍庫に保存しています。

寒い時期は、身体が温まるメニューが嬉しいものですね。主人は帰宅するとすぐに「お酒、お酒!」と言いますが、一ノ蔵も勿論いいですが、、、、、冬場は温まるお料理が一番だと思います。

「寒いですね!」が毎日のご挨拶となりましたが、連日の話題は何と言っても大崎市民病院移転問題です。

丁度現在は、12月議会の時期で、議会傍聴へ出掛けたり、私のように議会中継Liveで大崎市議会を見ている人達がいますが、、、昨日の青沼議長の「嘘などと、いう言葉を使う場合には議事録から削除します。」と釘をさしてからの議長発言には、言論統制を思わせるような時代錯誤の言い回しに、、、、私は反論を覚えました。

選挙の時期を控えて、さすがに議員達は神経質になっているようですが、いかにも市民の為の活動を振り返るような文言を述べる議員達が増えましたが、議員達が言うように本当に市民の為の活動をしてきたならば、今回の市長リコール署名活動などとは矛盾する思考だと思うのですが、、、、。非常に残念です!!

議会が信じられないから、市民の声が大崎市政に届かないからこそ、市民達は立ち上がったという現実を、大崎市議会議員はもっと真摯に受け止めるべきだと思います。

先日、穂波の郷・市有地への賛成をした議員35名との話し合いを申込んでいたという事を聞いていましたが、、、、、昨晩Nさんから「35名の議員との話し合いは、キャンセルになりました。」と伺い、、、、情け無いと思いました。

以前は「いじめられないなら出席します。」と言っていたそうですが、、、当日キャンセルとなりました。理由は、時期尚早だということだそうですが、私には、むしろ時期遅滞と思えるのですが。

市長賛同の議員達(35名)とは、つくづく私は対極にある人間だと思ってしまいました。

「合併ありき」で強引に私たち住民を促したように、今度は、穂波の郷・市有地へ「大崎市民病院建設移転ありき」へ向け、何が何でも市民を引っ張ろうとしているようですが、、、、今度こそ私たちは大崎の民主主義確立の為、吉野作造博士の教えに導かれて「第2の夕張」にならないように移転反対に向けて運動を起こしているのです。

古川在住の方たちが「大崎市でリコール署名活動が起こるなんて、考えられないこと!」と驚いていましたが、大崎市民が大崎市政に真っ向から「物申す!」と、立ち上がったのです。

追い詰められた気持を強くして市民は少しずつ抵抗力をつけ始めましたが、か弱い市民一人一人の願いが叶う事を私は祈っています。

今日のガンディーの言葉「抵抗する事は、人をつくる。」

投稿者 jizai3 : 2009年12月18日 13:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/1071

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)