« 芽吹く木々に見つけた小さな命、、、 | メイン | 運勢「大吉」のくじを引いて、、、 »

2010年1月13日

「政治とカネ」、、、元凶は選挙

松の木にたくさんの松かさがついています。地面にはまつぼっくりがたくさん落ちていました。カネのある所にはたくさんの人々が群がりそのカネの有り様が政治家の力、人間の値打ちと思い込んでいる人が少し減少したように見えるのですが。

「政治とカネ」の問題は、どんなに法律を変えても、日本の選挙の在り方を根本から変えなければ無理な事だと思います。

政治資金規正法案では厳重に取り締まる事が出来ず、ザル法と揶揄されても仕方ない法律で、何度手直しを加えても改まるどころか、抜け道探しに知恵を絞り、手口はますます巧妙になるばかりだと思います。

どうしてそんなにもカネが必要かというと、、、「選挙」があるからだと思います。

政権交代をしても、カネの問題は相変わらずで、国民生活とは桁外れの金の多さを羨ましくも思いながら耳をふさぎたくなる思いです。

しかしながら、司法からのリークが無い限り報道できないような内容も出回っている事も事実だと思います。

もうすぐ国会が始まりますが、、、、カネの問題ばかりを取り上げる国会ではうんざりです。それぞれに説明責任を果たす必要はあると思いますが、重要な国会審議はきちんと行なってほしいと思います。

国を良くしたい、自分達の地域社会を豊かにする為に議員になりたいと思う人が、金が無くて出馬出来ないのでは悲しい事だと思います。金は無くても政治を志す人が立候補できるような社会環境を整えてやらなければならないと、最近、真剣に思うようになっています。

自分よりも、誰かの為に役立ちたいというボランティア精神を持ち、政治への志の高い人に地域のことや国家の事を考えてほしいと願っています。

今回の民主党連立政権では、1年生議員に対してあまり重要視していないような報道が流れますが、、、、人材育成はどのような分野でも最重要課題だと思います。

大崎市では「宝の都・大崎」とPRしていますが「一番の宝は、人間性豊かな人材です。」と言えるような舵取りをすることが大切なことだと思います。

政治を行なうのも人、カネを使うのも人、良い政治を心がけるのも人、良いことにカネをかけるのも人、、、、全ては人間が牛耳っているのですから、牛耳る人間がどのような考えで政治を志すかということは本当に大事なことです。

でも、選んでバッジをつけさせる人間がどのような基準で選択するかは、もっと大切な事だと思います。如何なる時でも、リーダーには人間性の良さと豊かさが求められると思います。

心優しきリーダーだけが人々の心をつかみ、ほんもののリーダーに導かれる時に、私たちは心からのやすらぎを覚えるのだろうと思います。それが「信頼」です。

大崎市の4月の市長・市議の選挙には胡散臭さのない、新しい選挙が出来る事を期待しています。

その為には、私たち市民が落ち着いて間違いのない人を選べるような環境を用意し、沈着冷静な言動が出来るように心の準備をしなければいけないと思います。

私は今の選挙の在り方を変えるだけで「政治とカネ」の問題はだいぶクリアー出来ると思うのですが、、、、皆様方は如何お考えでしょうか。

民主主義の成熟さは、まずは選挙の形が示してくれると思うのです。

あの時代に、民本主義(政治は国民の幸せのためにある)を唱えた吉野作造博士の生誕地にある吉野作造記念館からの発信に相応しい大崎市であることを、いつも願っている私です。

今日のガンディーの言葉「我々は、心の中の光で照らされなければ、正しい事は何も行う事は出来ない。」「正しい事は失敗しない。真実の言葉は、結局、人を傷つけない。」「一人になった時でも、自分の心の声を抑制すべきでない。」

投稿者 jizai3 : 2010年1月13日 13:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/1124

コメント

初めてお便りさせていただきます。
田尻在住の堀と申します。
何年か前お店におじゃまして楽しいお話を聴いたことがあります。
ブログも結構拝見しています。率直なご意見、ご感想を読ませていただき勉強させていただいています。
昨今の社会、政治情勢に心を痛めているひとりです。今回の文章を拝読して以下の文章をご紹介したいと思います。長い文章で恐縮ですが最後までお読みいただけたらありがたいです。
これは、韓国の元大統領の金大中氏最後の演説の抜粋です。

「最後に皆さんにお願いします。心から血を吐く思いで切実に申し上げます。“行動する良心”になりましょう。行動しない良心は悪の側です。
独裁政権は剣を振り回して光州で百数十人を殺し、人民革命事件で殺し、その他にどれだけ多くの人々を死に至らしめたでしょうか。彼らの死に報いるために私たち国民は彼らの血と汗で成し遂げた民主主義を守るために成すべきことを成さねばなりません。
人には誰でも良心があります。しかしそれが正しいと知りながら怖いから、煩わしいからと良心を押さえつけたり逃げてしまうこともあります。現在私たちが民主主義を享受できるのは多くの人たちの犠牲の上でのことです。それを考えたら逃げるという行為は良心に恥じない正当なことでしょうか。
私は皆さんに申し上げたいのです。自由な国になろうとするなら良心を守ってください。平等で正義にあふれた国にしたいのなら行動する良心にならなければなりません。傍観するのも権力者に頭を下げてへつらって地位について・・・こういうことは話す必要がありません。
私たちがすべきことは私たちの中にある良心の声に従い表現し行動することです。
国民が良心を持って互いに忠告しあい、激励しあっていくならば、どうしてこの地に独裁が生まれ、少数の人たちだけが栄華を享受し、多数の人たちが苦労するような社会になることがあるでしょうか。」

昨夜民主党幹事長である小沢一郎氏の元秘書たちが逮捕されました。
我が愛する日本という国はどこを向いて、どこに行こうとしているのでしょう。
金大中氏の言葉が深く染み入ります。

以上ですが、ボクのブログで紹介させていただいたものです。金氏の演説のあとの文章はボクが書いたものです。
小野寺様には、金元大統領の思いが十分伝わったと思います。
ひるがえって自分を見ますと恥ずかしながら「まだまだ」です。その点小野寺様は正直にご自分を表現なさっている感じがしております。


投稿者 堀 健太郎 : 2010年1月21日 11:53

コメントありがとうございます。
堀さんのことは良く覚えております。お若いけれど、大変しっかりとしたお考えをお持ちで、清潔感のある方だと思っていた記憶が甦りました。本当に誰の心の奥底にある良心の声に従って行動することが大事だと思います。”行動する良心”こそが、良い社会構築の為に貢献出来る確かな力に繫がるものだと信じます。少しでも良い世の中になる事を祈りたいと思いますので、これからも宜しくお願い致します。

投稿者 自在窯&ギャラリー Author Profile Page : 2010年1月24日 13:14

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)