« 素敵な歌声が響いた第3回「フランク永井歌コンクール」予選会・決勝進出者30名が決定・明日はいよいよ決勝大会! | メイン | 歌コンの反省をしながらの残務整理は、第3回「フランク永井歌コンクール」の余韻がいっぱい残る中で! »

2010年3月14日

第3回「フランク永井歌コンクール」決勝大会・入賞者決定!

第3回「フランク永井歌コンクール」の入賞者が決まりました。優勝は、東京狛江市からいらして下さった「東京午前三時」を歌唱した長野康二さんに決定しました。今回、3度目の挑戦で見事有終の美を飾りました。~おめでとうございました~

blog写真左は、第3回「フランク永井歌コンクール」優勝者歌唱で再度「東京午前三時」を熱唱する長野康二さんです。

フランクさんの遺影の前で、決勝大会出場者30組と共に今回の歌コンクールを盛り上げたコンクール出場者の仲間達が見守る中で、心を込めて大好きなフランク永井さんの歌声を披露しました。

今日は夕方、片付けの終わり頃、ゴォーという音と一緒に大きく体育館が揺れ、思わず外へ飛び出してしまいました。昨晩に続いて今日も揺れました。震源は同じ福島県沖という事ですが、、、歌コンクールが終わった後でホッとしました。

審査結果をお知らせいたします。

優 勝    長野康二  東京都狛江市 「東京午前三時」

準優勝    Nobi Terui 米国カルフォルニア州 「ラブ・レター」

第三位    岡田順介  千葉県佐倉市 「東京午前三時」

特別賞    山崎一成  宮城県富谷町 「妻を恋うる唄」

特別賞    菅原しのぶ 宮城県仙台市 「公園手品師」

特別賞    庄司文明  宮城県仙台市 「君恋し」

海を渡っていらして下さった照井さんも準優勝を果たしました。米国にもフランクさんの大ファンがいることを知り、、、、大変嬉しく思いました。

今日のコンクールには島根県から第2回「フランク永井歌コンクール」優勝者の青山譲二も奥様と、友人と駆けつけて下さいました。

相変わらずの素晴らしい歌声で「初恋の詩」を切々と歌って下さいました。

アトラクションのコーナーでは、内モンゴル出身のボルジギン・イリナさんが「大草原からの響き」の歌と踊りを披露してくださいました。伸びやかな歌声と、素敵な踊りは多くの方々を喜ばせてくれました。

次は、地元の伝統芸能「金津流松山獅子躍」が披露され、金津流松山獅子躍保存会の皆さんが舞台狭しと舞ってくれました。指導者の及川留太郎さんに導かれて卒業を5日後に控えた松山小学校の6年生たちが力強く魂を込めた獅子躍を舞いました。

私たちが大切にしている地域の子供たちの躍りを見つめるフランクさんの遺影の眼差しも優しく微笑んでいました。

無事に大きな地域継続事業が終わってとても安心致しました。

今日を迎えるにあたっては、実に大きな地域の方々の協力がありましたが、、、、フランク永井歌コンクールは、回を重ねる度に進化しているようです。

表彰式もますます豪華になり、フランク永井さんの実弟・奨さんから「フランク永井賞」も贈られましたし、「吉田正賞」もあり、地元の銘菓店からは、菓子詰め合わせのプレゼントもありました。

フランク永井歌コンクール関係者と盛り上げて下さった皆様、会場へ歌コンクールを聴きに来て下さった方々の皆々様方へ深く感謝を申し上げて、第3回「フランク永井歌コンクール」のご報告とさせて頂きます。~~ありがとうございました~~

今日のガンディーの言葉「自分の成すべき事をやり遂げた静かな喜びは、どんな喜びとも比べられない。」「全ての人は、自分の存在の源を探すべきである。」

投稿者 jizai3 : 2010年3月14日 21:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/1255

コメント

大イベント大成功おめでとうございます!!

小野寺さんご夫妻をはじめ関わった皆さんのご努力に敬意を表します

興味あることに可能性を見出し挑戦し継続する
そこに有りえないと思われていることの実現があるんですね

素直に感服いたします


投稿者 堀 健太郎 : 2010年3月15日 08:51

コメントありがとうございました。地域継続事業としての第3回「フランク永井歌コンクール」が無事に終わってホッとしています。今回は、実の多くの人たちが決勝大会前の準備段階から関わりを持ち、各セクションごとにチーフを決めて、数人がチームを組んで行った歌コンでした。新たな課題も見つかりましたが、今回は、まちづくり協議会の「青年講座」受講の若者達も手伝ってくれました。若い人の力は地域の宝物ですね。後継者達の力強さを見て嬉しかったです。

投稿者 自在窯&ギャラリー Author Profile Page : 2010年3月16日 20:27

準優勝の照井さんは私の友人の叔父さんだそうです。この大会に出るためだけにカリフォルニアのモントレーから来日して賞品のお米(?)は私の友人の母親に、仙台味噌は大阪の妹の送って、さっさとアメリカに帰ったそうです。このコンクールも国際的になりましたねぇ。

投稿者 伊東 仁 : 2010年4月12日 16:20

おかげさまで、照井さんが海を渡って出場して下さったことが大きな話題となった第3回「フランク永井歌コンクール」でした。お米とお味噌は私が責任を持って国内のご親戚の方々へ送らせて頂きました。照井さんは、本当にフランクさんの大ファンでいらっしゃいました。歌心のある「ラブ・レター」聴かせて下さいました。本当に素敵でした。これからも、地域継続事業としての位置づけで頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。自在窯&ギャラリー小野寺京子

投稿者 自在窯&ギャラリー Author Profile Page : 2010年4月12日 21:09

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)