« 湿った春の雪に、早春の気配が、、、 | メイン | 菜の花カラーは、幸せ色で、、、 »

2010年3月 3日

大崎市は、お金持ち?

最近、いろいろな人から言われる事は「大崎市ってお金持ちね。仙台市は10億円の水族館のことでギブアップしているのに。200億円以上の病院の場所をどこにするかでもめているんでしょう。」、、、と。春行事「ひな祭り」は複雑な思いで。

本当に大崎市はお金持ちなのでしょうか?

新市が誕生してすぐの現市長の言葉は「大崎市の財政は大変逼迫しています。旅行も出来ない。趣味も習い事も出来ない状況です。」と私たちに説明をしたのです。

市の税収が下がっている中で、、、、市の財政が良くなったとはとても考えられないのですが。

「JRの駅を今度は、市の保有地・穂波の里へ移すなんて、すごいお金がかかるでしょうね。駅の移転の時にかかるお金は大崎市が持つんでしょう。国から10億円。県から5億円しか貰えないのに、、、お金持ちの自治体でなければ出来ないことですよね。」などと。

今日いらしたお客様も「大崎市は豊かなんですね!」と話していました。

市が豊かなんて思えませんし、今はどこの自治体も大変だと思います。

それでもお金をかけなけばいけないところには、集中してお金をかけるべきだとは思いますが、、、、今度の首長には、市の財政をしっかりと吟味してほしいと思いますし、健全財政を一番に考えて市政の舵取りをしてほしいと願っています。

行政の尻拭いをするのは、、、、、地域で暮らす私たち市民であることを肝に銘じて4月の選挙を考えるべきだと思います。

昨日の夜、旧岩出山町長が出馬するかも知れないという℡がありましたが、、、1月31日fプラザで、佐藤仁一氏は「市民が選ぶ人を皆さんと一緒に応援したい。」と述べ、市長候補として立候補の意思があるようには思えなかったと伝えましたら、彼は「政治家の言うことなんか、すんなり信じては駄目だよ。人前でも平気で嘘をつくんだから。4年前に立候補しなかった本当の理由を市民に説明できるのかな。」と言っていました。

佐藤仁一氏は「7人の足並が崩れると地域住民を不安にすると思い、7人の旧首長たちが揃って伊藤市長を推しましたが、選びミスでした。」と話しました。誰にでも過ちはありますが、、、、、、あの会場でも、私は旧首長たちに対しては身勝手さを感じました。

それは、あれから4年後の表舞台に登場することに対してのことです。

少し距離を置いての後方支援であればそれほど気にならないのかも知れませんが。

午前中に主人の友人が来て「政治なんて、誰がやっても同じだ!国も県も市も政治家達はみんないい加減だ!大崎市の選挙なんてまるで田舎芝居だ!俺は、選挙と名のつくものにはこれからは一切無関係で生きるんだ!」等と無責任な言葉を吐き捨てて、一方的にしゃべりまくっていました。

ついこの前までは「国民や市民が選挙に無関心だから、こんなにひどい世の中になったんだ!」と息巻いていたのに、、、、高齢化して、自分の言ったことを忘れたのかしらと、思うほどでした。

友人が帰った後で「心にもない、無責任なことを言って!Hさんらしくもない。」と主人はぼやいていましたが。

彼は、選挙となると血が騒ぐ人で、地域ではちょっと有名な人です。

政権が交代したことを認めたくなくて言っている言葉かも知れないと思ったりもしましたが、大崎市の選挙がHさんの言うように田舎芝居であれば、田舎の役者さんには、いい演技をしてもらいたいと思います。

是非、観客を喜ばせるいい芝居をお願いしたいと思います。十分に練習をつみこの上なくいい芝居を見せてほしいと願うばかりです。

都会であれ、田舎であれ、いいものはいいもので、ほんとうのものだと思います。

お金がないのにあるふりをして市民を騙すことだけはしてほしくないと思います。行政には、無理をしないで、誠実な市政運営を期待しているのです。

私たち市民も我慢する気持ちを十分持っていますので、、、。少しでも光が差し込むような未来を選択できることを望んでいます。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」「自己欺瞞の容量は驚くべきである。」

投稿者 jizai3 : 2010年3月 3日 10:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/1228

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)