« 巣立ちの季節にこそ志を持って、、、 | メイン | 唱歌の懐かしさには安らぎが、、、 »

2010年3月21日

強風にあおられて、、、、、

今日は朝から強い風がピューピューと音をたて吹き荒れています。春分の日と明日は振り替え休日と、二連休です。人の心もいろいろな物にあおられると心許無くなるようです。強風のすざましい音を聞きながらの日曜日となりました。

小高い山の木々は、風にあおれながら左右へ大きく揺れています。

春の二連休初日は、強風からの始まりです。

時々すごいうなり声を上げながら強い風が吹いています。風は冷たくはありませんが、音がすごく、季節の変わり目を知らせるかのように吹き荒れています。

東北では春一番とは呼ばないそうですが、、、、春を知らせる風は強く、今日は何となく当たり一面が埃っぽくて黄色っぽいような気がします。

ギャラリーにいらっしゃる方の話題が、大崎市の4月選挙に集中してきました。

そんな中で、最近話題になるのが、、、、、大崎市民病院は今すぐ建設しなければいけないのかと言うことです。

現在きちんと運営しているのだから、大崎市全体の行財政の健全化が先で、財政面での裏づけがはっきりしないうちは、基本設計は発注してしまったので仕方ないが本設計大崎市民病院建設には安易に手を出さない方が良いのではないかという意見です。

松山地域には公立病院が無かったからと言えばそれまでですが、、、200億円もかかる大事業に対しては、もっと慎重であってほしいというのが本音だと思います。

大崎市は合併の総括もしないままに4年が経過し、新たな4年を迎えようとしています。合併に関しての経緯を公開して、いかなる合併の上の4年だったのかを財政面からもきちんと検証すべきだと思います。

この検証をしっかりすれば、大崎市の展望も開けてくるのではと思いますが、、、一番にすべきことは、総合支所機能を活かした七つの地域の再生と、どのような大崎市を創ろうとしているのかということと、大崎市民病院建設なども視野に入れた財政の健全化だと思います。

上記のことを間違いなく実践出来るような地域リーダーを選ぶことが求められる選挙になりそうですし、議会には監視機能を持つ市議たちが選ばれることを望んでいます。

そのような意味から言いますと、4年前の大崎市誕生を原点にして、新たな気持ちで市長選び・市議選びをすべきだと思います。

この原点を忘れなければ大きな過ちを犯すことだけは避けられそうな気がするのですが、、、、。

市民力の発揮は、これからだと思いますので、一人一人がよくよく考え、投票日には貴重な一票を投じてほしいと願っています。

今日のガンディーの言葉「体、心、精神の間に調和が無い限り、何事も結局正しいことになることは無い。」

投稿者 jizai3 : 2010年3月21日 13:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/1271

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)