« 強風にあおられて、、、、、 | メイン | 「縁」を感じさせる出会い »

2010年3月22日

唱歌の懐かしさには安らぎが、、、

昨日は、夕方6時から「菜の花の広場」で、古川在住のよしむらゆかさんの電子ピアノの演奏会がありました。

とても風がつよく、演奏会が終わ頃には雪も舞い散る寒い夕方でしたが、20名くらいの方々が集まり、知っている歌を口ずさんだりしながら、ホッとする時間を共有することが出来ました。

今回の大荒れ春の嵐は、観測史上初めてのことらしいですが、被害もあったようです。

今朝も風が強く、、、、もう一度くらい雪が降るかも知れないと思わせるような、大荒れ天気が続いています。

よしむらさんは、11歳からピアノを始めたそうですが、現在は、初心者の大人の為の企画レッスンや「日本の抒情歌」をテーマにして演奏活動を行っているそうです。

また、自宅教室では、幼児からシルバー世代までの生涯学習を目的にしてピアノ指導にあたっているそうです。

昨日演奏の曲は、全て知っている曲ばかりでしたが、「浜辺の歌」「早春賦」「朧月夜」「宵待草」「浜千鳥」「うみ」「故郷」「竹田の子守唄」そして「埴生の宿」と、古き良き日本を思い出す懐かしい曲ばかりでした。

時には、懐かしさに浸ることの大切さを思わせる電子ピアノ音色は、、、、夢中になってオルガンを練習した頃の懐かしい時代を思い出させてくれました。

ただ、カメラを忘れてしまったことが残念でした。

今日のガンディーの言葉「外面の幸せは、心の中の平和が無くては無用である。」

投稿者 jizai3 : 2010年3月22日 10:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jizaikama.jp/cgi-local/mt-new/mt-tb.cgi/1273

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)