« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月30日

大崎市松山地域の田んぼには水が張られ、食卓には美味しいお餅が!

2010-4-30-1.jpg友人から、ヨモギの香りがいっぱい詰まった草餅を頂きました。草餅には季節感が漂います。日本人が好んで食べる草餅には懐かしさがありますね。きなこをたっぷりかけて美味しく頂きました。

今日は、4月30日。明日からはいよいよ5月ですが......今日は、何となく賑やかです。
人の流れも活発で、車も多く、地域の田んぼには水が張られたところも見られ始めました。

田植えの季節は、大崎耕土・米どころが一斉に華やぎます。

今年は低温で農家の方々は大変だと話しています。

この時期になっても朝、霜が降りたり、冷たい雨が続いたり.....寒い日が多く、ビニールハウスではストーブが必要で燃料費がかかって大変だと話し、深刻な様子でした。

今日もお天気は良いのですが、風も冷たく......薄着をしたら寒くて昼からは厚手のブレザーを着ました。

本格的に暖かくなるのはまだ先のようですが、主人の友人も低温はまだまだ続きそうだと話しています。「不作だろうと何だろうと、大事なことは健康であること。」と言い切り、「毎日美味しくお酒が呑めたら、俺は幸せだから.....」と付け加えて帰りました。

こんな時には、小さなことで幸せを感じることが出来る人が一番強いかも知れませんね。

今日のガンディーの言葉「自分自身を理解した時、救われる。」

投稿者 jizai3 : 11:50 | コメント (2)

2010年4月29日

今日から春の連休がスタート!

2010-4-26-5.jpg今日から春の連休がスタートします。
朝のゴミ出しの時間帯には霧雨が降っていましたが、ギャラリーへの出勤時間には雨も上がって澄んだきれいな春の香りが漂っていました。

天気予報では、雷など荒れた予報なども出ていますが.....静かな連休の始まりとなりました。

季節の始まりには、いろいろな事が起こりますね。

とにかく自分自身を見失うことなく、自分らしく生きたいものだと思います。

友人が連休に訪ねたいと言ってきました。
「どうぞ!」と答えましたが、℡の声が沈んでいたことが気になっています。

私達の年齢になると経験は豊富なのですが、団塊世代は意外性に弱いように思えます。

自分の体験したこと以外の事柄に関してはあまりにも深刻になってしまう傾向があるように思いますが......真面目過ぎるのかも知れませんね。

真面目も度を超すと心の病を引き起こしてしまうので心配です。

人生はなるようになるし、なるようにしかならないと割り切ってしまうことも時には大切なことだと思うのですが...。

もっと楽に生きられる道を探すべきだと思うのですが、皆様は如何お考えでしょうか?

今日のガンディーの言葉「悲しみをくどくどと繰り返す人は、悲しみを倍加する。」

投稿者 jizai3 : 10:28 | コメント (2)

2010年4月28日

第3回「フランク永井歌コンクール」慰労会を終えて.....

2010-4-28-1.jpg2010-4-28-2.jpg昨晩は午後7時から自在窯&ギャラリーに於いて第3回「フランク永井歌コンクール」の慰労会が行われました。

反省会はもうすでに済んでいるので、乾杯の後はすぐに慰労会が行われて、それぞれに飲みながらの語り合いに花が咲き楽しい時間が過ぎて行きました。

今回はお手伝いをしてくれた20代の若者たちも参加をしてくれて、大変賑やかで和やかな団欒でした。

若い人がいるということは本当に良い事ですね!

一ノ蔵は勿論ですが.....生ビールも美味しく頂き人気がありました。

昨晩は雨が強く降っていて集まりが心配でしたが......大勢の方々が集まってくれました。

大きな地域事業を力を合わせて無事終えた仲間たちの絆は一層強くなったようで、カラオケの申し込みも多くおもてなし係の私は操作に追われましたが........久しぶりに楽しいお酒を飲むことが出来ました。

みんなの結束も固く、第4回「フランク永井歌コンクール」へ向けての気持ちも高まったようでした。

フランクさんの実弟・奨さんが歌う「おまえに」と「こいさんのラブ・コール」はとても素敵でした。

セリフ専門のS子さんの語りもすごく良かったですし..........「東京ナイト・クラブ」を2回ご披露したH氏とTちゃんのデュエットも息ぴったりで拍手が起こりましたし、初めて聴いた人の歌もあって楽しかったです。

いい酒を頂きながら、楽しい仲間たちと楽しい時間を過ごすことは大変有意義な事だと思います。

何かをする時には、核となる場所と仲間たちが大事であるとつくづく思う雨の夜でした。

今日のガンディーの言葉「良い考えは香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 16:53 | コメント (2)

2010年4月27日

懐かしい旧姓(発起人)の氏名を見て.....

2010-4-26-1.jpg今日は台原中学校第一期生 I学級クラス会の案内のはがきが届きました。
発起人の名前を見ましたら、懐かしい顔が浮かび思わず微笑んでしまいました。

Iクラスは、個性的な人たちが多くI先生はとても苦労をしていたようでした。
同学年のクラスは就職組コースを入れて10クラスありました。

9月に同窓会が開催されるので、その後クラス会を行いますという案内でしたが.....住所が解らず消息不明扱いになっている人もだいぶいるようです。

発起人の人たちは、声がけを依頼していました。

親しかったボーイフレンドの名前もありましたし、e-mailもありましたので後でmailを入れてみようと思っています。

新しい季節を感じるお知らせがいろいろとあり、何となくウキウキしてきますね。

今夜は第3回「フランク永井歌コンクール」の慰労会が行われます。会場は自在窯&ギャラリーで、午後7時からです。

すでに反省会は終わっていますので.......今日は楽しい慰労会だけです。
意欲的な第4回「フランク永井歌コンクール」へ繋がるような慰労会になればいいなと思いながら準備をしています。

午後から夕方にかけてはお天気が悪くなるような予報が出ていますので心配です.....雨降りマークも出ています。

本当に多くの方々の協力を頂いて開催が出来た地域継続事業を大切に育て行くことが出来るような第3回「フランク永井歌コンクール」慰労会であることを祈りたいと思います。

大崎市松山地域が地域の宝として自信を持って発信できるフランク永井さんの歌コンクールを共通再認識して取り組むことが出来る基礎づくりは出来てきたと思いますが、今後は持続できる地域事業としての確立が課題になると思います。

第3回「フランク永井歌コンクール」からは、地域の子供たちによる伝統芸能・金津流松山獅子躍が披露されましたが、これも、私達地域の大人たちが使命感を持ちながら育てて行かなければならない地域の伝統芸能だと思います。

故郷の誇りである昭和の大歌手フランク永井さんと、平成生まれの地域の子供たちが繋がるステージをこれからも大切にしてゆきたいと思います。地域活性化の為になる良い事を私達は一生懸命に考えねばならないと思います。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 14:03 | コメント (2)

2010年4月26日

大崎市松山地域・駒池の桜が満開!

2010-4-26-9.jpg2010-4-26-10.jpg今日は午後から、急用で出掛けましたが.....帰り道、松山らしさがもっとも漂う駒池付近を通りましたら予想通り桜が満開でした。

車から降りてカメラに収めましたが、松山から嫁いで、今は札幌で二人の男の子の子育てに奮闘している頑張り屋さんの若いお母様kさんに見せたくて今日のJK-Blogに載せようと思いました。

淡いピンクの色がとてもきれいで、桜の隙間からのぞく春空にマッチしていました。

札幌にお住まいの若いお母様Kさんにはきっと懐かしい故郷の景色だと思います。

これからも、元気に子育てに励んで頂きたいとエールをおくりたいと思います。

自宅に戻ってから、大崎市が発表している今回の選挙開票情報をよく見てみましたら、地域別の最終確定投票率ですが、旧一市六町全てが、男性の投票率よりも女性の投票率の方が上回っていました。

思ったりよりも投票率は低かったですが.......今回の大崎市の選挙に関しては、女性のほうが市政に関して危機感がずっと高かったと言えると思いました。

因みに古川の最終確定投票率は、男性64,24%、女性66,90%。松山は、男性71,02%、女性74,08%。三本木は、男性70,01%、女性73,66%。鹿島台は、男性68,02%、70,87%。岩出山は、男性73,82%、女性74,96%。鳴子は、男性76,82%、女性77,64%。田尻は、男性76,00%、女性76,22%でした。全体では、男性68,11%、女性は70,40%でした。
そして、合計の市長選挙の投票率は投票者数が76,051人で69,30%でした。

やはり、どのような選挙でも70%を切るような選挙ではいけないと思うのですが.....。

今回の選挙に対しては関心は高いと言われてはいたものの......予想を裏切る結果となってしまったのは、迷走の大崎市が大迷走になってしまうと......3割強の有権者は嫌気がさしてしまったのでしょうか? 国も市町村もどんどん政治が信頼を失くしている証のように思えてなりません。

これではいけないと思いながら、自分が関わった選挙の自己反省をしている私です。

今日のガンディーの言葉「自分自身を知る為、自分の殻を破り、自分自身を冷静に見つめなければならない。」

投稿者 jizai3 : 16:07 | コメント (0)

2010年4月25日

今日も春見つけ!

2010-4-25-1.jpg今日も二日続けて春を見つけました。

主人は、今朝早くに本焼きを始めました。久しぶりの火入れでした。

今日は日曜日ですが......いつもの夫婦二人の日常生活が戻りつつあります。忙しい事もいいですが、振り回されない人生を送ることはとても大事なことだと思います。
どんな時でも、自分を見つめるゆとりは大切ですね。

いろいろなことがありましたが......戦いすんでの実感が沸き起こっています。

所詮は一票の問題ですが......今回の争点となった大崎市民病院建設移転問題に関しては、現市長の穂波の郷・市有地よりも現在地を望む人々の声が大きかった投票結果を如何に考えて行くのかが、これからの大崎市政の行方を決めると思われます。

民主主義の成熟を図るポイントは、少数意見をどれだけ尊重できるかだと思います。

民主主義を尊重する大崎市政であってほしいと願っています。

今日のガンディーの言葉「自分の欲望を限りなく持ち出すことは、罪深いことである。」

投稿者 jizai3 : 17:36 | コメント (0)

2010年4月24日

やっと春らしさが近づいて来て

2010-4-24-1.jpg今朝は少し寒い朝を迎えましたが、小雨の後には心地よい春の雰囲気が辺り一面に漂い始めました。

自在窯&ギャラリーのお向かい古川警察署松山派出所の道路端に黄色い水仙が春風に気持ち良さそうに揺れていました。

黄色の色は本当にハッピーな色ですね。幸せ気分に浸れます。

小雨の後の空気は気持ちよく.....今朝の小雨は確かな季節の変わり目を知らせてくれているようでした。

春は始動の季節で、何かが始まる予感の季節でもあります。

午後には、気心の知れた仲間たちがギャラリーに来て下さることになっています。
いろいろな話が出ることと思いますが、年齢を重ねると人との繋がりはどんどん少なくなると言います。しかし、私は新たな人との輪が出来つつあります。

人間は人との繋がりで人間性が磨かれるのだと思います。
世の中には苦手な人も確かにいますが....でも、ただただ排斥するのでは何も生まれません。

自分の信念を曲げてまで付き合う必要性はありませんが、好きか嫌いかという自分の感情だけで人を見るのではなく多面的に人間をみる目を持ちたいと思います。

例えば、自分とはうまく行かなくても、別な人とはうまくゆくこともありますから.....うまく行く人との付き合いを大切にして生きてゆくことが賢明な生き方だと思います。

人は人によっていくらでも変われるのですから.....。

昨今は、人付き合いで悩んでいる人の話を良く耳にしますが.....そのような方に限って無駄で、私に言わせれば不毛な努力を熱心にしていますが、もう少し楽な生き方をすればいいのにと思ってしまいます。

大変深刻な問題として捉えるべき事なのかをもう一度考えてみてほしいと思っています。別な角度から、物事を見ると笑ってしまうくらいの出来事であったことに気づくかも知れません。

春に花開く植物たちにはそんな新鮮な気持ちで物事を見せてくれるエネルギーを感じます。

今日のガンディーの言葉「単純の中で大きさがあるように良き事は存在している。決して豊かさの中ではない。」

投稿者 jizai3 : 11:02 | コメント (0)

2010年4月23日

戦いすんで......

2010-4-23-2.jpg大崎市長選挙が済んで....だいぶ落ち着いてきましたので、選挙結果の分析を自分なりにしています。

告示中の中盤で河北新報社は河北独自の世論調査を報道しました。

この意図は何処にあったのかと考えてみました。それは、病院移転建設問題をあえて選挙の争点にしようとしたのではないかと推察しています。

この時期に「大崎市長選 伊藤氏やや優勢 本社世論調査 本間氏・佐藤氏追う」という見出し記事が掲載されたのは4月14日でした。

更に15日には「大崎市長選・本社世論調査 『病院移転争点』8割超 建設地居住地近く選択」という見出しでした。

2006年(投票率73,57%)の選挙よりもこの時点での投票率は3,3%低いとはしたものの、今回の市長選挙への関心度は85,6%と報道しました。しかし、今回の投票率は低く69,30%で、4,27%も下回りました。 

7割弱の投票率でした。

河北の世論調査では、古川、松山、三本木、鹿島台、田尻と5地区が穂波の郷・市有地の支持が優勢で、岩出山と鳴子だけが現在地を推す声が多いと報道していました。しかも、市が移転計画を進めている穂波の郷・市有地を望む声が36,4%でトップであると報道し、現在地建て替え27,6%を8,8%上回っていると報道しました。大崎市民病院の移転の是非が争点になると答えた人が8割を超え、候補者選びの基準の一つになっていることが浮き彫りになったとありました。
二日続けてのこのような地元紙の新聞報道の在り方に疑問を感じたのは私だけでしょうか。


投票結果を見れば、移転を主張する伊藤氏は34,404票を集め、本間氏(25,924票)と佐藤氏(14,656票)の現在地を主張する候補者の合計は40,580票ですから、投票結果では、現在地を望む声の方が多いことになります。
河北の世論調査は、この点では見事に外れたことになります。

伊藤市長は再選しましたが、大きな信任を受けたわけではないという事実を如何に受け止めていらっしゃるのでしょうか。

三つ巴選で負けたと言えば、答えは簡単ですが......もう少し中身は複雑化しています。

しかし、確かに現職を倒すなら、あらゆる妥協をして候補者を一本化することはとても重要なことだと思います。

候補者一本化に向けての協議不足は認めざるを得ませんが.....強烈な党の支配を全面的に受けることには無理がありますし、本間俊太郎の政治理念を曲げてまで政策協定を結ぶことは不可能でしたので、仕方ない事だったのかも知れませんが.......反省すべきことは、大きな目標が見えていながら、目標にだけ集中できなかったことだと思います。

伊藤氏の票数は、リコール署名活動の票数と同じくらいでした。これは変質したリコール活動を表しているように思えましたし、今、私は無責任な二人の元首長(両K氏)の醜さを忘れまいと思っています。

これからは、市民目線で市民一人一人が4年後のことを考え抜いてゆくことが大切なことだと思います。

市政に対して決して無関心ではいけませんし、行政のミスの尻拭いは市民の責任になることも決して忘れてはいけないと思います。

今日のガンディーの言葉「迷信と真理は共に進むことは出来ない。」

投稿者 jizai3 : 12:19 | コメント (0)

2010年4月22日

またも寒さが、冷たい雨が......

SANY0001.jpg又、寒い朝を迎えました。三寒四温の時期ではありますが「寒」が強すぎて春4月22日の天候にしては寒すぎる感じがします。「春よ、来い!早く 来い!」と大声で叫びたい心境ですね~。

友人が「可愛らしいストラップね!」と私の携帯電話を見て、指差しました。
あまりコマーシャルが行き届いていなかったようですが、今回の第3回「フランク永井歌コンクール」を記念して初めて販売してみたフランク永井歌コンクールのグッズです。(販売元は大崎市松山酒ミュージアムです)

フランク永井さんがずっと所属していたビクターのシンボル、白い犬のストラップです。
只今は、大崎市松山酒ミュージアム・華の蔵で販売しています。

フランクさんは、歌がヒットして大スターとして地位を築いてもずっとビクターで活躍していました。

歌手として売れるようになると移籍をしたり、独立したりとする人たちが多い中で.....彼はずっとビクターに所属して、ビクターに貢献しました。

このお話を聞いた時、私は彼の人間性を思い「松山出身らしいな」と感じました。
律儀で真面目なフランク永井さんの人格の基礎づくりは、彼の古里・大崎市松山で育まれたのだと思いました。
そして、全てを包み込むような優しさに溢れた歌声を生んだ地域だと改めてフランクさんの歌声を聴きながら、可愛いワンちゃんを見つめました。

友人は今度来る時に、華の蔵に行ってストラップを買うそうです。

それにしても、こんなに寒い春でいいのでしょうか.......心配ですね。

今日のガンディーの言葉「純真さが、自分の本性の中に深くしみ込んでいれば純真さは影響を受ける。」

投稿者 jizai3 : 10:46 | コメント (0)

2010年4月21日

別れから始まる新たな絆づくり

FA174.jpgのサムネール画像昨日は夕方6時から菜の花の広場で解散式が行われました。

本間ご夫妻も参加して、賑やかに開催されました。落選をしてとても残念でしたが、集まったみんなの表情は本間さんと話すうちに和やかな表情へと変わりました。

ほんま俊太郎は、いつもと同じでいつも通りの本間俊太郎さんでした。

午後9時まで楽しく賑やかに開催され、選挙を通じて真剣に大崎市の未来について考えたみんなは自他共に少しは賢くなったと胸を張りました。

菜の花の会は解散ですが.....新たな絆が生まれようとしています。

「愛」を感じる人の繋がりが芽生えつつあります。

「これからは一市民として大崎市政を見て行きましょう!」と再会を約束してのお別れとなりました。
新たな広場の未来が見えてきそうでした。
辛いことや悲しみを共有出来た仲間たちの存在は心強いですね。

今日のガンディーの言葉「真の愛は、どんな疲労をも取り除く。」

投稿者 jizai3 : 16:19 | コメント (0)

2010年4月20日

「お疲れ様」の言葉に癒されて.....

tmpimg1003271033n120100327113128687.jpgのサムネール画像最近はお逢いする方、自在窯&ギャラリーにいらっしゃる方、℡の方、mailの方々から「お疲れ様」と言われ.....とても癒されています。

改めて「お疲れ様」っていい言葉だなと感じています。日本語の優しさに感じ入っている次第です。

本当に疲れましたが、今は落選の結果をしっかりと受け止めています。

今後は、一市民としての目線を大切にしたいと強く思っています。

夕方からは古川七日町で「菜の花の広場」の解散式が行われるそうです。

女性中心の菜の花の会がお別れしてしまうことは寂しいことですが、知りあったことをご縁にして別な形でのお付き合いの仕方を考えることも楽しいことだと思います。

「さようならだけが人生さ」という言葉が心に沁み入る一日になりそうです。

今日のガンディーの言葉「人間の身体は、楽器に似ている。其の又、音も楽器で忠実に表現される。」

投稿者 jizai3 : 13:24 | コメント (0)

2010年4月19日

残念!ほんま俊太郎破れる

SANY0009.jpgのサムネール画像大崎市長には、伊藤氏が再選されました。
私が、心から応援したほんま俊太郎氏は破れました。

大崎市民は、現職を選びました。

負けは負けですから、仕方ないと思いますが、本間の票は25,924。佐藤の票は14,656。合計すると40,580票になります。

再選された現市長は34,404票ですから、大きな信任を得たと胸を張るわけには行かないと思いますが、もう既成事実のように基本設計が進められている大崎市民病院建設を、又、元に戻すことに抵抗感のある市民は多いようでした。

それにしても、現職を倒すには三つ巴では無理があったのだと思いますが.....ほんま俊太郎は、自分の政治理念を貫くしか道はありませんでした。

とても残念ですが、戦いは破れて終わりました。

いろいろ応援して下さった皆様方には「非常に残念です。」という言葉と「ありがとうございました。」という言葉を申し述べて、私は、自分なりに今後の大崎市政を見続けたいと思っております。

そして、これからもおかしいと思う時には市民の一人として「おかしいですよ。」と、声をあげたいと思っています。

今日のガンディーの言葉「一人になった時でも、自分の心の中の声を抑圧すべきでない。」

投稿者 jizai3 : 17:49 | コメント (2)

2010年4月18日

宮崎町の深い自然に触れて......

SANY0001.jpgSANY0003.jpg今日は、投票後に宮崎球場へ向かいました。

新生松山高校硬式野球部の応援に出かけたつもりでしたが....情報不足、新聞の見落としで、昨日の雪の為に高校野球春季大会予選会が繰り下がったことを知らずに宮崎球場へ車を走らせました。

車中はポカポカ陽気で、フランク永井の歌を聞きながら順調に球場へ着きましたが、着いた途端、霙が強く降り出し、風も冷たく、すごい寒さでした。

高校の先生らしき方に「松山高校の試合はまだですか?」と聞きましたら「昨日の雪で、遅れての試合になってしまいました。」ということでした。いつもなら、昨日の悪天候で変更になると気付くはずなのに、選挙の忙しさで気づくことすらなく.....ひたすら宮崎町へ出掛けてしまいました。

でも、往復のドライブはとてもいい気分転換になりました。

大崎市とは違う春の自然と対面して、空気の違いや風の違いなども感じることが出来ましたし、隣の陸上競技場でタイムに挑戦をする若者たちに「おはようございます!」と声をかけられ、大変清々しい気分に浸ることが出来ました。

選挙結果は気になってしょうがありませんが....じたばたしてもと、自分に言い聞かせていますが、私達の投票会場大崎市松山総合支所前にはNHKの出口調査の方がいらして、盛んに調査をしていました。

出口調査が圧倒的であれば、すぐにも当落がはっきりするでしょうが.....接戦であれば遅れるでしょうし、同時に市議会議員の当落がはっきりするにはかなり時間がかかりそうですから、明日の河北新報は、配達時間が遅るというお知らせチラシが今朝すでに入っていました。

「大迷走後"2010年"新生大崎丸の船長は誰になるのでしょうか?」「34名の乗務員は?」同乗する乗船者としてはとても気になりますね!.......

今日のガンディーの言葉「運命と人間の努力との間には、長く続けられる葛藤がある。努力を続けよう。そして、その結果は神に委ねよう。」

投稿者 jizai3 : 16:53 | コメント (0)

2010年4月17日

大崎市長選最終日は寒い寒い一日に.....

SANY0004.jpg今朝は、すごくすごく寒い朝を迎えました。4月とは思えないような寒さで、指先が凍えるような寒さでした。私は、小雪舞い散る中を古川のほんま俊太郎選挙事務所へ向かいました。

私は、今日もほんま俊太郎選挙事務所で℡かけのボランティアに参加しました。二日続けての℡かけはさすがに疲れましたが....皆さんに「頑張って!今度こそ!」と励まされ「最後まで頑張ります。」と元気に答えました。

パレードが着いた時には下へ降りてみんなを出迎えました。

選挙戦の最終日は、大崎市民病院前からほんま事務所までのパレードで締め括りをしました。市役所、菜の花広場。七日町、台町を通りぬけて......4時半頃にほんま俊太郎選挙事務所に到着しました。

本部事務所へ到着した時には、長靴姿の石山けいき衆議院議員もお出迎えをして、ほんまさんの「義を見てせざる勇なきなり」の心境を高く評価して最終の選挙戦にエールをおくりました。それを受けてほんま俊太郎は、事務所の真向かいに集まったロイヤルホテル前の多くの聴衆たちに語りかけて、最後まで戦い抜くことを誓い大きな拍手をもらいました。

本当に寒い寒い一日でしたが.....みんなは寒さなんかそっちのけで興奮した様子でした。

今日は、明日の勝利を信じてぐっすりと眠りたいと思います。

大崎市民菜の花の会 http://oosaki2010.blog14.fc2.com/

今日のガンディーの言葉「我々の理想に近づけば近づくほど、我々は信頼するようになる。」


投稿者 jizai3 : 18:36 | コメント (0)

2010年4月16日

突然変わってしまった現市長のポスターに驚いて!

SANY0006.jpg昨日は、大崎市松山地域の恒例行事・羽黒神社春季例祭が執り行われ神輿が地域内を回りました。いつも見る変わらない懐かしい光景にホッとした私でした。

今日は、ほんま選挙事務所で℡かけのボランティアをしました。

あまり良い感じとは思えない方は3件だけで、後はみんなに「頑張ってね!」と励まされました。

℡かけは本当に神経が疲れ.....顔が見えないだけに声はとても正直です。

「はい、はい」と聞き流されるよりも「応援していますよ!」とか「頑張ってね!」とか「もう、ほんまと書いてきましたから。」.....と、好意的な言葉を聞くとすごく嬉しくなりました。

夕方、主人が迎えに来てくれましたが.....大変驚く言葉を聞き、信じられませんでした。

それは「知事が消えたぞ!」という言葉でした。

何を言われているのか解らず「知事が消えたって、外国へ行ったの?」と聞き返しましたら「現市長と握手をしている選挙ポスターから、知事が消えて伊藤市長一人になったんだぞ!」と言いました。

「選挙ポスターが変わったなんて信じられない。そんなことありなの?」と言いました。帰りに見てゆこうと言うので松山駅前と、大崎市松山総合支所前の掲示板選挙ポスターを見たら本当に伊藤市長一人だけのポスターに貼り返られていました。

私は、すごく驚いてしましました。

まるで、現在地敷地拡大型で決めた大崎市民病院の建設地を急転直下で、ある日突然、穂波の郷・市有地へ変えた大変な出来事と同じように感じてしまいました。

知事とのポスターは如何にも「私には宮城県知事がついていますよ。」というメッツセージをおくったつもりでしょうが、私には「私は他力本願人間で、自力で大崎市を立て直すことは出来ない人間です。」と言っているようにしか見えませんでした。

有名な人と一緒にいることをひけらかす人もいますし「すごいな!」と思う人もいるでしょうが....有名人と並んでも何とも思わないで「馬鹿みたい!」と感じる人もいるのです。

果たして大崎市にはどちらの人間が多いのでしょうか。

私は、勿論、後者です。

貼り替えられポスターを見たのは生まれて初めてでしたので、とても驚きました。こんな事ってありなんでしょうか?

大崎市民菜の花の会 http://oosaki2010.blog14.fc2.com/

今日のガンディーの言葉「自己欺瞞の容量は驚くべきである。」

投稿者 jizai3 : 20:52 | コメント (0)

2010年4月15日

新1年生は交通ルールを守って.....

SANY0003.jpg今朝は、大崎市立松山小学校の新1年生の子供たちが先生方やおまわりさんの言いつけを守りながら交通指導を受けていました。

市長候補のほんま俊太郎さんが午前中は松山地域を回るためにギャラリーにいらした時でした。

ほんまさんは「交通ルールを守ってえらいね。」と子供たちに声をかけました。

ウグイスさんたちも「交通事故に遭わないよう気を付けてくださいね。ほんま俊太郎、ほんま俊太郎でございます。」と声をかけて走る選挙カーが過ぎ去ると、子供たちは手を上げて歩きながら「ほんま俊太郎、ほんま俊太郎」と口真似をして声を上げていました。

我が家の孫が幼い頃、仙台の地下鉄の電車に乗車中に急に大きな声で「Tでございます。T。T。」と電車の中で連呼したことを思い出して可笑しくなってしまいました。

子供たちは、少人数に分かれて、先生やおまわりさんの指導を受けながら、道路歩きの訓練を受けていました。

人間らしい社会生活を営む為には幼い頃から、ルールをきちんと守ることを摺り込んで教え込むことが大切なことだなと思いながら子供たちの後ろ姿を見送りました。

昨日「女性の集会」で、私は市民病院建設移転問題について、現市長を批判して「どんな事業にもルールがあるはずです。」と訴えました。
ルール無視は、間違いのもとだと思います。
民主的なルールに則って決めたことをいともた易く変えてしまう行為を容認することは出来ないのです。

大崎市民菜の花の会 http://oosaki2010.blog14.fc2.com/

それから、昨日、今日と河北新報は「大崎市長選挙の行方」を示唆するような世論調査を今日はパーセンテージを示して載せています。病院移転問題が争点になると答えた人が8割を超え、候補者選びの基準になっていると言い、選挙に関心を持つ人は85パーセントであると報道しました。

現在、市が移転を進めている穂波の郷の市有地が36,6%でトップ。現在地での建て替えが27,6%と報道し、古川、松山、三本木、鹿島台、田尻の5区は穂波の郷の支持が優勢で、現在地を推す声が多かったのは岩出山と鳴子の2地区と調査結果を載せました。

今日は調査らしく、パーセンテージで表したことは評価できますが、二日続けてのこの報道の仕方は、以前リコール署名活動が起きた時の偏ったマスコミの「流れをつくる」という意図を感じるもので、不愉快でした。
新聞は嘘は書かないと信じている人たちがたくさんいます。

先に報道した大崎市民病院建設移転問題シリーズでは、大崎市迷走の原因は、病院執行部と決めつけて9シリーズを終了させた記事を思い出してしまうような不快感を抱いてしまいました。或る方が、3回ほど℡調査を受けたと言っていましたが.....何かしら抽出方法に偏りがあるのではと思ってしまう話しでした。決して無作為ではないようですね。

今日のガンディーの言葉「ルールなくては、何事も成就しない。」

投稿者 jizai3 : 09:25 | コメント (0)

2010年4月14日

ほんま俊太郎女性の集会と、松山開催個人演説会

SANY0007.jpgSANY0011.jpg今日は午後2時から古川グランド平成でほんま俊太郎「女性の集会」が行われました。多くの活発な女性たちに囲まれてほんまさんは照れていましたが...それでも熱弁をふるいました。

夕暮れ時には松山地域4か所で個人演説会が開催され、霙降る中、多くの人々が各会場に集まって下さいました。

有権者が会場に足を運び、すぐそばで候補者の話を聞くことは本当に大切なことだと思います。誰に入れたら良いのか迷っている人は、個人演説会で応援弁士の話を聞き、候補者の話を聞き、納得して投票をすることをお勧めします。

今朝の河北新報の記事ですが、本社世論調査なるものですが....告示から3日間の電話による世論調査を実施し、河北取材網の分析を加えて情勢をまとめたとありました。

644件中500人の回答とありましたが、3割の人は投票を決めていないということでした。

今日の世論調査では、現職がやや優勢とありましたが、この時期の調査には何となく納得が行きません。

投票行動を促す行為に繋がるような気さえしています。

それでも、本間は後を追っている状況下にあるわけですから、本日は、頑張れコールをおくられたと思って最後まで頑張ろうと気を引き締める女性集会・個人演説会となりました。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 21:13 | コメント (0)

2010年4月13日

正しい情報伝達の重要性

FA172.jpg今日は、昨日とは大違いの春らしい天気となりました。

いつもなら、ポカポカ陽気の気持ちのよい季節に出逢ってウキウキ気分になるはずなのに.....今年は少し様子が変化しています。寒暖の差があり過ぎて体温調節がうまくゆかずに風邪気味の人が多くなっています。花粉症と重なり「マスクが離せない。」と友人がつぶやきました。

大崎市は告示となってからは連日選挙カーが行き交い、朝早くから夕暮れ時まで市民への呼びかけが盛んです。

個人演説会場へのお誘いなども積極的に行われていますので、会場へ足を運び、候補者の声に耳を傾けて、投票の判断にすることも大いに意義のあることだと思います。

近くで本人の政治に対する考えなどを聞くことは良いことだと思いますし、候補者の人間性を観察する上でも大いに参考になると思われます。

そのような中で大切なことは、正しい情報を正しく的確に伝える事だと思います。

情報のエラーは大きなミスに繋がりますし、市民を惑わすだけだと思います。そしてまた、私達も得たい情報は自分から知ろうとする主体性を持つことも大切なことだと思います。

「候補者は選挙の時にだけ頭を下げる。」などと言われないよう.....日ごろの行いが一番大事と思える今日この頃です。

今日のガンディーの言葉「きれいな心から叫ばれた言葉は、決して空しく進まない。」

投稿者 jizai3 : 12:59 | コメント (0)

2010年4月12日

寒い寒い寒のもどり......

SANY0001-1.JPGのサムネール画像今朝はとても寒い朝を迎えました。「寒の戻り」と呼べばいいのでしょうか。

最近は、本当に体温調整が難しく.....少し風邪気味の感じがしましたので、大事をとって常備薬を飲みました。

今日は一日中、選挙カーから流れる支持を依頼する市議さんたちのウグイスの声が響き渡っています。

いつもは静かな地域が一斉に賑やかになりました。

4月18日には、決して棄権することなく、市民の権利を行使してほしいと思います。

大崎の明るい未来を実現できそうな人物に貴重な一票を投じたいと思います。

今日のガンディーの言葉「真実を話すには、繰り返し、繰り返し、自分の言葉を良く考えて言わねばならない。」

投稿者 jizai3 : 13:48 | コメント (0)

2010年4月11日

大崎市長選挙・大崎市議会議員選挙告示

SANY0001.jpg大崎市長選と市議選が今日告示となりました。夕方松山駅の掲示板を見に行きましたが、空白の掲示板がありました。三人の市長候補のポスターは三枚貼ってありましたが、市議会議員の掲示板枠については、空白枠が何箇所かありました。

市議会議員は、41人が立候補するようですが、定数は34名に削減となり全市1選挙区となります。

選車が行き交い、地域は少し賑やかになりました。

今朝は、各陣営とも元気に第一声をあげたようです。

4月18日には投票が行われ、即日開票となります。3月1日現在の有権者数は11万1131人だそうです。

今日のガンディーの言葉「我々は何かを差し出そうとする時、自分自身の真なる部分を差し出さねばならない。」

投稿者 jizai3 : 18:58 | コメント (0)

2010年4月10日

ほんま俊太郎第一声のご案内

SANY0018 (2).jpg

ほんま俊太郎第一声のご案内

ほんま俊太郎の第一声を下記の通り行いますので、ご多忙の折恐縮に存じますが、ご出席のうえご激励賜りますようお願い申し上げます。

と き  4月11日(日)午前8時45分

ところ  大崎市古川駅前大通5丁目4-25
     TEL. (0229)-91-5057  FAX. (0229)-91-5058
     ほんま俊太郎選挙事務所前

必勝祈願・出陣式

と き  4月11日(日)午前8時

投稿者 jizai3 : 18:28 | コメント (0)

市長候補三人揃っての公開討論会

SANY0010.jpg昨晩は午後7時から、古川穂波の郷・大崎パレットに於いて、大崎市長選に立候補を表明している、伊藤康志氏と本間俊太郎氏と佐藤仁一氏と三人揃っての公開討論会が開催されました。

4年前と同様に主催は社団法人おおさき青年会議所です。

コーディネーターは前回と同じで河村和徳準教授が務めました。

初めに、公開討論会のルールに関しての説明が行われ、ルール違反をすれば途中で討論会を中止するかも知れないと注意をされました。それから、候補者には、公平性を重視して同じ質問に3分間の持ち時間で答えるよう促してから始まりました。

自己紹介からのスタートでした。

伊藤氏は新生大崎市をつくり、初代市長として、4年かけて協働のまちづくりの発展の為に、基礎づくりをしてきたと実績を述べました。

本間氏は、新聞記者を12年務め、中新田町長を4期、知事2期の経歴を持つが、これからの新しい大崎の流れをくんで行きたいと話し、民本主義の発祥地であることを強調しました。

佐藤氏は、岩出山町長を16年務め、その後「道の駅」の社長になり、今回の出馬は市民自治と、市民の不安の声に応えて、大崎市政のかけ違いを正すと意気込みを話しました。

その後は、大崎市の在り方、観光問題、教育、財政、病院問題を含めての医療について、そして夢、最後には個別政策2つというテーマで各候補者は自分の思いを伝えました。

テレビなどで観る、どんどんやり合う公開討論会ではないので.....フラストレーションが溜まってしまうな内容にもなりがちですが、大崎らしく、ゆっりとした感じも受けましたし、後は選挙選でという意味合いもあった討論会でした。

観光問題では、三人とも鳴子温泉郷の話を出していましたが、本間候補が、温泉の効能について「人間性の回復に役立つ温泉」として鳴子温泉を位置づけたことは観光事業再構築へのヒントを感じました。そして、団体旅行時代は終わったと言い切りました。

また、4年前の合併について、現職市長と、元町長の意見の食い違いが出る場面などもありました。

財政に関しては、見方の違い、検討の違いを感じました。

現職市長は行政改革を進めてきたと話し、健全化に向かっていると言い、本間氏と佐藤氏は、市の収入は減っていると言い、ともに借金が多いことを指摘していました。

教育に関しては、佐藤氏は教育環境の充実を述べ、本間氏はこれからは知的財産が大事で人材育成が大切であると言い、人間の生き方を見つめなおす必要性があると述べ、伊藤氏は学びの地域として大崎をアピールし、次世代の子供たちは大崎の宝であると、宝さがしに熱心な様子を伝えました。

病院については、伊藤氏は穂波の郷への移転を決めたのは用地買収がうまくゆかなかったからだと言い、日本一の自治体病院を建築して市民の命と健康を守ると話しました。

病院建設に関しては、佐藤氏と本間氏は現在地での建て替えを主張しましたが、本間氏は、この件に関しては、伊藤さんの進め方が民主的じゃないと批判しました。

補完としては、伊藤氏は宝の都を創造し、種をまいてきた。人の輪を結集してゆく。素晴らしい環境を未来につなげたいと述べました。

佐藤氏は地域工業へ向かい、海外への発信力を高め産業文化都市を目指したいと述べました。

本間氏は郷土愛を育てたいと述べ愛情が多くの活動をつくって行き自立しながら多くの人々と共有出来る活動を広げたいと話しました。

最後の個人別政策は、佐藤氏は男女共同参画と、総合支所機能の充実。本間氏は20年後の大崎に期待できるような仙台の次の都市として大崎に若者たちが集まるような地域づくりを考えて、子供たちを大事の育てる。伊藤氏は20万都市への挑戦。~会場の人々は静かに聞き入りました。~

待っている時間が長く、寒かったことと、マイクの調子が悪いことが気になりましたが、じかに三人の候補者の主張を聞くことが出来てよかったです。

最後まで全力で頑張ってほしいと思います。そして、4月18日に向けて全力投球をしてほしいと願っています。

今日のガンディーの言葉「もしも、自分の能力以上の仕事は執らないとしたら、心配の残る分野はないだろう。」

投稿者 jizai3 : 12:29 | コメント (0)

2010年4月 9日

昨晩、盛り上がった決起集会in鹿島台

SANY0007.jpg昨晩は鹿島台でほんま俊太郎の決起集会が行われました。100名くらいの人が集まりましたが.....すごく寒い晩でした。会場の右側に多くの人たちが座りやすいのか.....偏って座っていました。

本間さんの昨晩の話で、とても心に残った内容は「市長とは?」という話しでした。

本間さんは、「市長は船長であり、医者である。」と言いました。「市長は、大崎丸を座礁させたり、難破船にしないように、その都度、適切な手当てや、治療、投薬などをしながら、安全な航海をすべき人間を指す。」と、大変解りやすく地域リーダーとしてのあるべき姿を説きました。

応援弁士もそれぞれに本間さんを支持する理由を述べて盛り上げました。

大崎市鹿島台という地域でこのような決起集会が開催できたことは本当に良かったことだと思いました。

今夜は、古川・穂波の郷・大崎パレットで午後7時から「公開討論会」が開催されます。

市長候補三人の話が同時に聞くことが出来ますので、市民としては投票の目安に出来る話を聞くことが出来、又、政策の違いなども検討できる時間となりそうです。

公明正大な選挙を願いながら、今晩も公開討論会を聞きに行くつもりです。

今日のガンディーの言葉「決して希望を失わない人のみが、リーダーであることが出来る。」

投稿者 jizai3 : 13:56 | コメント (0)

2010年4月 8日

春たけなわ!

FA174.jpg今朝の気温は低いものの、春らしさはどんどん増しています。大崎市松山文化丁の裏道を歩くと、歩くたびに土の色が変化しています。どんどん春らしさを増しています。

春4月は本格的な季節の変わり目で、先日、義妹から「桜がきれいよ!花見にいらっしゃい!」と誘われましたが...「今は無理、出掛けられない。」と断りましたが.....ゆっくりと季節の変化を楽しめるような生活をしたいと思っています。

何となく、気忙しさに追い立てられているようですが、たまにはお花の美しさに見とれたり、ボーッとして一日を過ごしてみたいなと思ったりしている私です。

今日は、鹿島台で「決起集会」が予定されています。
夕方6時半からです。場所は鎌田記念館ホールです。

是非、候補者・ほんま俊太郎の主張をお聞きください。

今日のガンディー言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 11:06 | コメント (0)

2010年4月 7日

地域づくりの鍵は.....やはり人の輪

FA172.jpg今日は午前中、第3回「フランク永井歌コンクール」の事業報告書に目をとめながら、M会計さんと地域づくりについていろいろと議論を交わしました。

主人は二人の激論を聞きながら.....時々笑っていましたが、地域づくりのキーポイントが人であるという意見では一致しましたが、到達点にたどり着く過程に関しては、意見の相違もかなりありました。

私はリーダーの指導力が大事だと思うと言い張りました。

小さな共同体では、はっきり物を述べることが難しいようですが、この点をクリアーしないと発展性がなくなりますし、新しい人の輪をつくって育てることは困難だと思います。

意見が合わないということを相互理解しながら、なお且つ話し合うことが大切だと思います。

意見が合わない人とは一緒には歩めないと決めつけてしまうことには納得が行きません。

他人に解ってもらおうとする努力が足りないように思うのですが....そこまでして一緒にする必要はないと言い切られてしまうと、次の言葉が出なくなってしまいます。

深い意味での話し合い不足が原因だと思います。事の重大さには出来るだけ触れないで、肝心な話は出来るだけ避けるようにするのでは話し合いをしたことにはならないと思うのですが.....それでも、今日はかなり本気で言い合うことが出来ました。

今日のガンディーの言葉「取り巻く環境に奴隷のごとく生きている人は心が鈍くなっています。」

投稿者 jizai3 : 16:13 | コメント (0)

2010年4月 6日

「決起集会」in鹿島台

SANY0001.jpg今日から、春の交通安全週間が始まりました。松山地域からも多くの方々が、地域から交通事故がないことを願って朝にセレモニーが行われました。

車のハンドルを握る人が交通ルールを厳守し、スピードを出さないように十分に気をつけてくれる事が一番ですが、歩きの方も交通ルールを守って交通事故に遭わないようにしてほしいと思います。

明後日、4月8日(木)お釈迦様の誕生日の午後6時半から鹿島台鎌田記念ホールに於いてほんま俊太郎を応援する決起集会を行います。是非、ご友人、ご家族お誘い合わせの上、ご参集願いますようご案内申し上げます。

選挙モードが高まりつつあるようです。

それぞれの主張を聞く機会が多くなると思いますが.....良く耳を傾けて良識的な地域リーダーを選びたいと思います。

今日のガンディーの言葉「もし、正当な思案の後、良き判断をするのでなかったら、人は、良いと思った決断でもしてはならない。良い決断を捨て去ることのないようにしよう。」

投稿者 jizai3 : 10:56 | コメント (0)

2010年4月 5日

個人差について...

今日は、人が感じる個人差について、考えさせられる時間がありました。私が感じることと、相手が感じることとの違いですが...これほどまでに違うのだということを思い知らされました。

以前は信頼をし、大変いい関係でしたが...彼のある行為を私は卑怯と感じてしまいました。しかし、彼は正義だと信じている様子でした。この件に関しては、お互いに平行線であることを認め、この件についてはもう今後一切話さないと言いました。

お互いに感じ方、受け取り方の違いを認めるということは、間違いではないと思います。でも、築き上げた信頼まで失ってしまうことは大変に残念なことだと思いました。

許すとか許さないとかという問題ではないのですが...個人差もここまで来ると正直怖いなと思いました。

以前のような人間関係になれるかどうかは解りませんが、私は、これからも自分が感じたことを大切にして生きてゆこうと思っています。

今は逢いたくありませんが.....そのうち、平気で話せるようになるかも知れません。良いことも悪いことも、楽しいことも悲しいこともすべて含めて自分の人生と思えるようになったことは、少し大人になったのだと自分を認めている私です。

今日のガンディーの言葉「一人になった時でも、自分の心の中の声を抑制すべきでない。」

投稿者 jizai3 : 19:46 | コメント (2)

2010年4月 4日

「義を見てせざるは勇なきなり」の大集会には多くの人々が集まって!

SANY0007.jpg昨日は夕方から、古川グランド平成で「ほんま俊太郎大決起集会」が行われました。多くの人々が集まり、立って集会に参加をして下さった方々も多く、会場は熱気ムンムンでした。

心強い応援メッセージを受けて、市長候補者の本間さんは力強く選挙戦にのぞむことを約束して、「必ず、頑張るぞー」の応援コールをして散会となりました。

今日のガンディーの言葉「決して希望を失わない人のみが、リーダーであることが出来る。」

投稿者 jizai3 : 12:28 | コメント (0)

2010年4月 3日

大切な人材育成

民主党の事業仕分け第2弾の記事をネットでみました。

宮城4区から選ばれた石山けいき衆議院議員が、文部科学省と法務省の仕分け班に所属して、12日までに同僚議員と調査報告書を取りまとめるとありました。

宮城2区から選出された斎藤議員と共に政権公約への提言を検討する地域主権・規制改革研究会の呼びかけに応募して、仕分け班に所属したのだそうです。

お二人は、自分たちの経験を生かして、民主党政権の信頼回復へつなげたいと抱負を述べていますが.....私たちとしては大いに期待したいと思います。

現代はあらゆる分野で、すごく速いスピードで世の中が変化するようになり、これまでのやり方が通じない世の中になっています。だからこそ、若い人たちの力が必要です。良い後継者育成は国が一番力を入れてやらないといけない部分だと思います。政権交代を望んだ国民の期待に応える為にも....これまでの長期政権とは違うという部分を表面化する必要があると思います。

そのような意味から言うと、今回の石山議員や、斎藤議員が事業仕分け調査員として参加することは本当に良かったことだと思いました。

地域もそうですが、若い力を求める気持ちは本当に強くなっています。

世代間ギャップなんて言ってはいられないほど地域は疲弊しています。官も民も協働で地域づくりをすべき時ですし、地域で暮らす人々が関わり合いを見つめなおして、自分たちの地域を再構築しなければいけないくらい地域は元気をなくしています。

私たちの役割は後継者を育てて、次世代へきっちりとつなぐ事だと思います。

今日のガンディーの言葉「誰も反対なしに前進は出来ない。」

投稿者 jizai3 : 11:19 | コメント (2)

2010年4月 2日

明日は「義を見てせざるは勇なきなり」の大集会...乞参集!

SANY0006.jpg明日は、夕方5時から古川グランド平成に於いて「義を見てせざるは勇なきなり」の心境で出馬を決意したほんま俊太郎を応援する大集会が開催されます。

万障お繰り合わせの上、ご参集願います。スローガンは「市民に政治をとりもどせ!」

みんなで、この4年間を振り返り大崎市誕生の原点を見つめなおしましょう。

今日のガンディーの言葉「精神が目を覚ました時、すべての悲しみは消える。」

投稿者 jizai3 : 13:27 | コメント (0)

2010年4月 1日

新しいパソコン.....Windows7

010.jpg今日からは新しいパソコンに挑戦です。

戸惑いがいっぱいで心配ですが、、、慣れとはつくづく怖いものですね。慣れ親しんだパソコンが懐かしいと思う反面、新しいパソコンのキーボードを打つ気持ちはウキウキです。

何となく複雑ですが、、、早く慣れたいと思います。初心者の気持ちもいいものですネ!

今日のガンディーの言葉「良い考えは香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 18:23 | コメント (0)