« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月31日

お見舞いから感じる命の尊さ

20105-29-4.jpg今朝は、主人の同級生の奥様からの緊急℡「今のうちに主人と逢ってやって下さい!」という言葉で大崎市民病院へ向かいました。

駐車場の前で少し待ってから、車を止めて救急病棟へ向かいました。

主人の同級生は昏睡状態で.......別人のようでした。もっと元気な時にお逢いしておけば良かったと思いました。
帰り際主人は、同級生の手を握りお別れをしてきました。
今日の状態は安定しているとのことでしたが、心臓も肺もだいぶ弱っている様子でした。

彼は75歳になったばかりだそうで、主人より3ケ月ほどお兄さんにあたるそうです。

大崎市民病院にはもう一人お見舞いをしたい人が入院していたのですが、彼は公立黒川病院に転院していました。
主人は「Kさんも逢ってゆこう。」と、言うので吉岡まで車を走らせました。

黒川病院の環境は素晴らしいところで、新しい病院で広々として明るい病院でした。
Kさんは、意識不明の状態から生還して、生命力の強さを感じさせる表情に私達は感動してしまいました。

おしゃべりする声は低かったですが、笑顔も素敵でいつものKさんでした。
病気の先輩である主人は、リハビリに頑張るように励ましました。
奥様は「命が助かることだけをただひたすら祈っていたのよ!」と話してくれましたが.....私には大変理解できる言葉でした。

お別れする時、私は奥様に「これからは、Kさんの命が助かったことが原点ですから。」と言いましたら「そうですね。命が助かって良かったという喜びを忘れないようにしたいと思います。」と答えて下さいました。

帰りの車の中では、他人事とは思えない境遇に関しての話をしながら帰ってきましたが、私は、あの時担当医から「つかまり立ちがやっとで、歩行は出来ませんから。車いすの生活になりますからね。」と、言われたところから奇跡的な回復を遂げた主人をもっと大切にしなければと思いましたが....主人も、思い出したように「車いすから立って握り棒をつかみ、自分の足で立った時の喜びは忘れられない。俺の新たな誕生だと感じた。」と言いました。

私達もあの時の気持ちを忘れることなく、命の大切さを噛みしめながら生きなければならないと強く思う一日でした。

今日のガンディーの言葉「人は、自分から自分を無くして行くことによって自分を見い出して行く。」「真理のような幸せもないし、非真実のような悲しみもない。」

投稿者 jizai3 : 20:06 | コメント (0)

2010年5月30日

平成22年度松山まちづくり協議会定例総会開催~お金の使い方の難しさ~

20105-29-2.jpg庭先のツツジが満開の季節に、合併後の地域恒例行事になりつつある「平成22年度松山まちづくり協議会定例総会」が大崎市松山青少年交流館において開催されました。

私も参加する予定でしたが、消火器などに関しての定期検査があり、又、お客様がいらして欠席してしまいました。
それで、今日は午前中に同じ松山文化丁区のK子さんから詳しくお話を伺いました。

定例総会は、午後1時半からでしたが、午後4時過ぎまで熱心な協議が行われたそうです。

いろいろな意見が出たそうですがK子さん曰く「公的なお金は使い方が難しいですね」と話していらっしゃいました。
本当にその通りだと思います。

今回は松山まちづくり協議会基金運用状況についても報告があったようですが.......基金取り崩しについては、如何なものかと思う活動などもあったようです。

例えば「生活環境部会事業:災害時協力生活用雑水確保事業」という名目で、災害時を想定して、バケツやロープ等を購入するということですが.....この事業に関しましては、私は、まちづくり基金を取り崩してまで行う事業では無いと思っておりました。

やはり、定例総会でも無駄だという指摘を受けたそうです。
どうやら、松山地域自治組織でも事業仕分けが必要なようです。

私も無駄という意見に賛成で、基金に関しては厳しく運用規程などを策定する必要性があると思います。

松山まちづくり協議会は、健康福祉部会、産業交流部会、生活環境部会、安心安全部会、教育文化部会と5部会に分かれて活動をしていますが、全戸1,954世帯から500円の会費を徴収して行っている地域自治組織だということを大切に考えて活動するようにしなければいけないと思います。

この新税・松山まちづくりの会費は、町内会費の中から納められているので、松山地区の全地域住民が会員であるという意識が薄いのです。

婦人会や、文化協会とは違う組織であることの位置づけをはっきりさせ、会員は、自己決定、自己責任、自己負担の姿勢で参加して住民自治活動として暮らしやすい地域づくりを推進することを目的としている協議会であることを周知徹底させるようにする必要性があるようです。

今回も参加者が少なくて困るという反省もあったようですが......。

住民自治活動費としての公的な支出が難しいわけですが、自分のお財布から出すお金ではないのですから......総意を得て使うことが難しいという気持ちは良く解りますが、せめて活動や事業に対しての部会別の評価などがあれば、解りやすいのではないかと思いました。

自己採点のつもりでの点数評価と文章評価などがつけば、部会の活動は他の人々に伝わり易く、共感を得ることも出来ると思います。

教育文化部会では「青年セミナー」のことが質問され、若者の参加が少ないのに費用のかかり過ぎが指摘されたようですが、H部会長は少ないながらも参加してくれる地域の若者は地域として大事に育てたいと答えたそうです。

子供たちや若者に関しては、参加者が少なくてもこれからの地域の将来の為にはしっかりと育てたいと答えたH部会長に妥当性があると思いましたが、K子さんも「同感ですね!」とおっしゃっていました。

最近は、評論家的意見をだけを述べる人も少なくありませんが、組織の中に入って活動してみることも進めたいですし........入らないからこそ見えること、気づくこともあると思います。

地域をよくしたい、暮らしやすい地域でありたいと思う気持ちが地域自治組織の根幹だと思いますので、その気持ちを確かめ合いながら地域づくりの為のお金を無駄にすることなく、出来るだけ多くの人々から賛同を得られるような支出を心がけなければいけない組織なのだと思いました。

今日のガンディーの言葉「大きなことではなく、良いことを考えよう。」

投稿者 jizai3 : 13:21 | コメント (0)

2010年5月29日

大きな傘の下での日常を再三思い知らされる日本人

20105-29-1.jpg大崎市では、ただいまツツジが満開です。

大崎市松山地域の庭先にツツジが咲き乱れています。白、赤、ピンク、藤色......のツツジが咲き誇っています。

見る人の気持ちを幸せにしてくれる花ですが、今年の開花は寒さのせいか少し遅かったような気がしていますが、それでも見事に花盛りの時を迎えました。


昨日から今日にかけて、TV、新聞報道は「普天間」方針拒否受け決断と「首相、福島氏を罷免」の記事を大きく取り上げています。

この問題を鳩山首相は、すべての国民の問題として取り上げた点については評価できるものの、日本政府としての対米交渉のまずさや、沖縄県への配慮不足、閣内不一致など......鳩山首相の責任問題へと発展しそうな気配です。

自衛隊に関しても、沖縄県の基地問題に関しても、アメリカ側との間には、大きな認識のズレが深く根底に横たわっているような気がしてなりませんし、全ては日本の敗戦からのスタートに起因しているのだと思います。

戦後初めての本格的な政権交代が、これらの問題を見直すいい機会になれば良いと思っていただけに.本当に残念です。

しかし、今回の一連の問題は、全ては大きな傘の下での経済発展を遂げてきた日本が抱える根本問題だと言わざるをえないと思います。国家の問題は国民一人一人の課題です。ややもすると基地問題は沖縄県の問題と考えがちでしたが、今回の米軍普天間飛行場移転先の出来事は日本国全体の問題であることを全ての日本人は思い知らされました。

政府としてのスタンスは、日米共同声明重視ということのようです。
政権交代をしたばかりの連立政権の試練はあまりにも大き過ぎたように思います。
連立政権の限界を見たような気もしますが、同時に民主主義の限界を感じるものでもあります。

敗戦後の構図は私達が思っている以上には変化していないような気さえしています。

新政権には、大きな犠牲を無駄にすることなく、アメリカ側に普天間飛行場の移設問題に関して交渉を深めて行ってほしいと思います。私は今回の罷免は、罷免されたほうにも、罷免したほうにも妥当性を感じます。そして、この決断の重さを遠慮することなく、アメリカ側にぶつけるべきだと思うのですが.......。

日米の新(真)展開は、この後にこそ開けてくるのではないでしょうか。

今日のガンディーの言葉「迷信と真理は、共に進むことは出来ない。」「外国人は、砂糖がミルクで溶けるように生まれつきの人間性が攪拌された時、受け入れが歓迎されるに値する。」

投稿者 jizai3 : 15:04 | コメント (0)

2010年5月28日

初夏の花、スズランはとってもいい匂い!

20105-28-1.jpg今年も主人の同級生Yさんの素敵な奥様から初夏の香りいっぱいのスズランを頂きました。

可愛らしい形をしたスズランはとってもいい匂いがします。夕方のギャラリーは素敵な香りに包まれました。
小さな白い鈴のような形をしたスズランは、北海道など寒い処に生える多年草ですが、とても可憐です。
スズランを見ると、いつも女性同士の友情を思い出します。

女性の間で、友情を育てることは難しいと言われますが.......もうだいぶ前のことですが、素敵な女性同士の温かい思いやりを感じたことがありました。
その時、主人の同級生Yさんの奥様が、小さな花束にして、そっと、その日の講演者の方にスズランを手渡しました。

その光景がすごく素敵で、それからの私はスズランが大好きなりました。

自己主張をする女性も増えてきましたが、これからは地域社会全体を育てることが出来るような女性たちの存在が求められると思います。

見かけは可憐で可愛らしく、しっかりした考えを持ち、正しい方向性へ人々を導くことが出来る女性たちが活躍出来るような地域社会になることが大切だと思います。

母なる存在のリーダーなら日本の舵取りを間違わないのではないかなどと考えてしまう昨今の社会的出来事に心苦しく思いながらも、今日頂いたスズランの花と香りは、私の気持ちを涼やかにしてくれました。

今日のガンディーの言葉「良い考えは、香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 18:09 | コメント (0)

2010年5月27日

「改訂 国民の財産 消防団」(近代消防社)発刊のお知らせ!

20105-27.jpg大変不安定なお天気の東北地方の5月は、後4日で衣替えの季節を迎えようとしています。

最近お逢いする方々は、口々にころころと変わるお天気の挨拶をします。夏のような気温になったかと思うと、ストーブをつけなければいかないような日を過ごしたりしています。

今年は本格的な春らしさを感じないままに6月を迎えそうですね。

そんな中で、嬉しいお知らせをしたいと思います。

美里町牛飼在住の後藤一蔵先生著書の改訂本「国民の財産 消防団」が発刊されました。
平成18年10月、既刊の「国民の財産 消防団」と比較しての改訂本です。(近代消防社 発刊)

大幅改訂について、後藤先生は次のように話していらっしゃいます。
◎データーについては、平成18年から21年までを追加し、平成の合併の影響がいかに現われているかを確認したそうです。
◎平成20年6月14日に発生した「岩手・宮城内陸地震」について、消防団がどのように対応したかを、栗原市で実施したアンケート調査の一部を掲載したそうですが、この類のデーターの蓄積はこれまでにはあまりなかったそうです。
◎消防団の将来像を描く際、欠かすことのできない女性消防団について、多面的な考察を加えたそうです。

ある日、突然に発生する災害は、ある地域の孤立化を招くものですが......消防団の方々の法被姿は、被災者の気持ちを勇気づけてくれるものですし、幼い頃に聞いた「火の用心!」の拍子木の音と掛け声は、いつも子供心に大きな安心感を与えてくれました。

長い日本の地域の歴史を振り返る時には、地域づくりと共に歩んできた消防団という存在は地域住民の強い味方であり得るものだと確信します。

後藤先生が位置づける、世界に類を見ない日本特有の防災組織「自助」「共助」「公助」の三本柱の消防団は、新たな時代を迎えつつある日本の地域づくりの根幹そのものだと思いながら拝読させて頂きました。

是非、皆様方にもご覧いただきたいと思います。

今日のガンディーの言葉「知識とは、唯、自分自身を知ることができる事である。他の言葉で言えば、知識とは、自己の実現を意味する。」

投稿者 jizai3 : 18:06 | コメント (0)

2010年5月26日

新しいことを始めて2回目のプールは二人連れで......

20105-16-9.jpg新しいことを始めようとしてから、明日で1週間が経ちますが.....今日のプールは主人と一緒でした。

この前は午後6時から入室でしたが、今日は午後1時過ぎに入りました。

プールはすごく空いていて、子供たちの水しぶきが上がることもなく、二人で水中ウォーキングを行いました。
今日は後ろ歩きや横歩きなども入れながら、二人で話をしながら1時間弱楽しんできました。

プール遊びは、主人のリハビリにも効果的ですし、ストレス解消にもなりますし....ホント一石二鳥だと思いました。

プール担当の感じの良い若い女性は「この時間帯が一番空いていますよ。」と話してくれました。

水の中での軽さは想像以上でした。

大人になってから水着をつけたのは本当に久しぶりで....思い出すことが困難なくらいに久しぶりなことでした。

主人の水着はネットで購入しましたが、主人も「海水パンツをはいたのは、覚えていないくらい大昔のことだ!」なんて言っていました。

T先生のお勧めもあって始めたことですが、今日私は、もう一人の自分と出逢えたような気がしました。
すごく楽しい時間を過ごすことが出来て満足でした。

今日のガンディーの言葉「後天的は、達成することが難しいと、ある人は言います。確かにその通りでしょう。しかし、私達が得ようとすれば、いつも難しいことのみではないでしょうか。持続している、そして、心を一心に行っている努力のみが、難しいことを容易にするのではないでしょうか。」

投稿者 jizai3 : 16:10 | コメント (2)

2010年5月25日

大崎市長、露骨すぎる論功行賞的問題に自らSTOPを.....と新聞報道が

20105-18-1.jpg今日は再びきれいな青空が大崎市の上空を包みました。

今朝の河北新報は、大崎市長が28日開催予定の市議会臨時会に再度提案すると言った教育委員人事案を差し替えて提案すると報道しました。

この人事案については、議会の反発を受けて一度撤回し、後日同人物で提案したいと話した伊藤市長に対し、多くの市議会議員たちが難色を示したことと、教育委員の候補者E氏が「教育行政の混乱を招く」と辞退を申し入れたことが、人事案差し替えに至った経緯であるということです。

伊藤市長は河北新報社の取材に対して「教育委員を全会一致ではなく、多数決で決めるのはその職責上、好ましくない。」と答えたそうですが、いつもは、「多くの市議会議員の賛同を得て........」と、数の論理を主張して堂々と話す伊藤市長らしくないお言葉だと思ってしまいました。

「教育」は、大崎市の明るい未来を託すとっても大切なものです。
教育に関してこそ、その職責上、出来るだけ多くの人々の賛同を得てから決めて頂きたいと思います。

大崎市議会議員は34名で2期目をスタートしましたが......多くの市議たちが、今回の人事案件に難色を示したということに対しては、襟を正して、市民の代弁者であるという自覚のもとに2期目の船出をしようとしているのだと私は、前向きに受け止めたいと思いましたし、評価できることだと思いました。

議会には、何よりも緊張感や距離感が必要だと思います。

市長の提案に盲目的にお墨付きを与えるだけの市議会でないことを私たち市民が願っていることを、これからも忘れることなく、議会としての監視機能を十分に働かせ、大崎市民の幸せの為に汗をかく議員でいてほしいと思います。

今日のガンディーの言葉「人間は自己の本性を実感し、本性を静見し、その徳目に従うようになって立ち上がる。反対の行動パターンは、自己の下降に引きずられる。」

投稿者 jizai3 : 16:40 | コメント (0)

2010年5月24日

先日の五月晴れとは打って変わっての横殴りの雨が......

20105-24-1.jpg2010-5-24-2.jpg今日は朝から雨降りです。先日の五月晴れの青空が嘘のように感じてしまうくらいの横殴りの雨が午後からはますます強くなっています。

午後からは用事もありましたが、雨が強いので止めることにしました。

午前中、久しぶりに主人の同級生たちがギャラリーに勢ぞろいしました。

農家のOさんが「久しぶりの勢ぞろいは、雨の効用だね!」と言っていましたが......雨降りは嫌だと思うのと、雨だからこそみんなが揃うことが出来たと思うのでは思考が違いますね。

小さなことではありますが、いつの時にでもプラス思考はいいことだと思いました。

今日の主人の同級生たちの話題は「同級会」のことでした。

主人たちの年齢になったらだいぶ身体の調子の悪い人たちも増えてきたし、亡くなる友も増えつつあるので......顔を合わせて一晩しゃべるだけでもいいから、近場で同級会をやろうという話になりました。

その前に執行部会をやろうということで、5月末か6月に入ってすぐに開こうということでした。

「雨降りのおかげで思いがけず同級会の話し合いが出来て良かったなぁー」と主人も話していました。

西日本の雨は先週の土曜日から降り続いているようですが、各地に大雨注意報が出されています。
ちょうど、梅雨時の終盤のような降り方だそうですが......今年は夏にも低温予報が出ているそうです。

ころころと変わる気温の変動にはついてゆくだけで大変ですが、体調管理に十分注意をして風邪などひかないようにしなければと思います。~~つくづく健康大事・健康一番と思う私です。~~

今日のガンディーの言葉「誰でも年をとれば老化する。望みのみにこそ、いつでもの若さが残る。」

投稿者 jizai3 : 13:26 | コメント (0)

2010年5月23日

「失敗」は「成長」と説く野村監督の教え

20105-16-5.jpg私の毎日曜日のお楽しみ番組はNHK「課外授業」ですが、今朝の指導者は元楽天監督・野村克也氏でした。

野村監督は、考える野球を実践して赤組、青組に分かれ2試合を通して子供たちの学校の先輩として人生をいかに生きるかということを説きました。

野村監督は、大変解り易く、野球(普通の野球ではありませんが)というルールを守るスポーツを通して最後まで生き抜くことの大切さを見事に指導しました。

野村監督は、子供たちを前に「失敗」は「成長」と説きました。

子供たちは大先輩の言葉にしっかりと頷いていました。

監督は「自分の子供の頃、田舎の子供は引っ込み思案な子どもたちがほとんどだったが、現代の子供たちは、手を挙げ、はきはきと話す子供たちばかりで大いに驚いた。現代の子供たちは偉いね!」と話していらっしゃいました。

野村監督は「とにかく大事なことは頑張る事だ!頑張る事が大切。失敗すれば必ず何故失敗したのだろうかと考える。うまく行った時はあまり考えない。いつの時でも良く考えて頑張ることが大切なことです。」と結びました。

人間は、気が滅入るとつい投げ出してしまいたくなったり、失敗を繰り返すとアクションを起こすことが怖くなったりしますが......監督の言葉通り人間が生きるということは、たとえ失敗しても失敗から何か一つでも学んで、又、頑張ることが大切だということです。

頭では解っていても体験として解っていないと本当に理解したことにはなりませんが、今回のように野球という実践を通して指導を受けたことは具体的な経験を通して身に付いた貴重な成長体験だと思いました。

今回、野村監督の「課外授業」を受けなかった全国の大勢の子供たちにも、小中学の時期に多くの上手くゆかない事をたくさん経験し、そして、その裏には自分の確かな成長が潜んでいることを信じて逞しく育ってほしいと思いました。

今日のガンディーの言葉「人は、自分自身を外部で探すことによっては高めるはずがない。成長への展望は自己の内部に存在している。」

投稿者 jizai3 : 10:58 | コメント (0)

2010年5月22日

素晴らしい五月晴れの下での松小大運動会開催!

20105-22-1.jpg20105-22-2.jpg今日は、素晴らしい五月晴れの青空が広がっています。朝6時にはお隣の大崎市立松山小学校から花火の音が聞こえ、大運動会開催の大きなお知らせが上がりました。

佐世保の息子がやっと訪ねてきました。先日の夕方の訪問は急にキャンセルになり、今日の昼の飛行機に乗る予定で、朝、松山に来て墓参りの後、ギャラリーに来てくれました。

やはり、5年ぶりの帰郷だそうですが......飄々とした雰囲気は相変わらずでしたが大人になったという感じがしました。
短い再会でしたが、元気そうで張り切っていました。会社の社長と取引先の方がご一緒で仙台空港そばのレンタカーを使用しての帰郷でしたが......トヨタプリウスのエンジン音は、噂通り本当に音が静かでした。

長男も合流してお互いの無事を確かめ合い、その後、三男は仙台空港へ向かいました。

三男が帰った後には、長男は草刈りをしてくれました。ギャラリー、自宅、構内の周りなど、いつものように丁寧に草刈り機械で草を刈ってくれました。家のおばあさんが亡くなってからは、みんなが揃う機会は本当に無くなってしまいました。

三男Kは「我が家は相変わらずの漂流家族だね!」なんて言っていましたが「元気で無事ならそれもいいじゃない。」と答えましたが......やはり家族の中でも核になる人の存在がなくなると、みんな揃っての機会は減少するばかりのようです。

今年の松小大運動会は、最高のお天気に恵まれた中で行われました。この運動会シーズンは、雨が降ったり、強風だったりと恵まれた天候の中で開催されたのは久しぶりではないかと思われるぐらいの五月晴れの青空が校庭上空いっぱいに広がっていました。

午前中最後の競技は元気しるし5年生のもので.....タイヤ回しをしたり、一輪車を押したりして競う競技でしたが......この競技の考案は子供たちだそうです。

昨年同様、子供が確実に減少している事を感じさせる運動会でしたが、昔も今も子供たちを見守る周囲の視線は温かく、この温かさこそが一人一人の子供たちの個性を活かし、一人一人の子供たちを育む確かな力だと再認識してギャラリーに戻りました。

本当にお天気共々素晴らしい一日でした。

今日のガンディーの言葉「個性化出来ない教育は価値がない。」

投稿者 jizai3 : 14:00 | コメント (0)

2010年5月21日

市長の言う地域住民との契約とは......自治基本条例策定のこと?

20105-16-8.jpgお隣の庭に「この木 なんの木」を思わせる木が今年も見えるようになりました。
今年は二色になっていますが.....ハワイ・オアフ島の「日立の樹」を思い出す光景です。

私は、ずっと前から「公開討論会」で伊藤市長が話した「地域住民と契約を結んでの地域づくりを目指したい。」という言葉が気にかかっておりましたが......先日の新聞報道の「自治基本条例2年内に」という記事を読んで、伊藤市長が話した地域住民との契約ということは、行政と住民の役割分担をはっきり決めて自治基本条例を策定することを指すのだということを理解しました。要するに、指定管理者制度なるようなもので地域を考えようとするもののようです。

しかし、大崎市にはすでに「大崎流地域自治組織」があり、各まちづくり協議会は、自分たちが暮らす地域課題解決の為、会員は、自己決定・自己責任・自己負担の姿勢で参加し、住民自治活動として住みよい地域づくりを推進することを目的にこの4年間活動してきた実績があります。

新たなる条例を策定してということのようですが、正直言って「大崎流地域自治組織」に対してだけでも地域からはまだ十分な理解が得られていないのに.......地域自治組織の役員さんたちは苦労に苦労を重ねて頑張っていますが、伊藤市長は地域住民との契約を結ぶ前にやるべきことがあるのではないでしょうか。

合併に対しての時もそうでしたが、一方的に引っ張られるのではなく「協働・パートナーシップ」を根底においてしっかりと納得のゆく議論を重ね、議会との調整もしっかり行ってから、次のステップを踏み出してほしいと思います。

公約実現に意欲的なことは決して悪いことではありませんが......大崎市民は市長と契約が出来るほど、地域自治に対して成長しているとは思えません。やっと地域自治という風の存在を知り、自治の会員として(松山地域の場合には新税として500円を納めていることを理解し始めた程度なのです)の自覚を持たなければいけないと思う人が増えつつあるのが現状だと思います。

それにしても、条例をつくるなら誰の為の条例なのか....よく考え、条例策定の際には市民の幸せの為の条例をつくってほしいと願っています。でも、今の大崎市に「まちの憲法」づくりが出来るような背景が出来ているとは私にはとても思えないのですが......。

今日のガンディーの言葉「格言に『樹木を見よ』ということは、人の心を止める価値がある樹木は太陽の心を宿し、涼しい影を我々に提供する。我々は、何が出来るだろうか?」

投稿者 jizai3 : 17:42 | コメント (0)

2010年5月20日

新たなる一歩

20105-16-7.jpg私は今日から新たなる一歩を踏み出そうとして、自分のアニバーサリーディーとして夕方から南郷プールデビューをしました。

初めて南郷のプールに入りました。

自分自身の人生の節目に何か新しいことをすると振り返る時にいいみたいです。
これまでも何かあると必ず心に残ることをしてきた私ですが......今回もそうしました。

これから先、振り返った時に今の自分を思い出せたらいいと思っています。

人生には、苦手なこと、嫌なこと、やりたくないこと.......いろいろあると思いますが、出来ないと思う事が意外と容易だったり、トライしてみたら簡単に出来たり、何度か苦心してやってみたらついに出来たりと.......自分で限界線を引かないことはとても大事なことだと思います。

今日のガンディーの言葉「不可能に見える事は、常に不可能だというわけではない。」

投稿者 jizai3 : 20:41 | コメント (0)

2010年5月19日

新鮮な香りがする畳の上での体操に身体ほぐれて

20105-16-6.jpgツツジが咲く季節となりました。今日は久しぶりにボディーポテンシャル教室へ出掛けました。大崎市松山公民館の和室の教室は畳が新しくなり、新鮮な香りがしました。

「畳が新しくなったのですね!」と言いましたら、M先生から「小野寺さんは、本当に久しぶりの教室なんですね!」と言われてしまいましたが.......本当に久しぶりに自己解放の時間に浸ることができました。

同時刻に主人は、ギャラリーでリハビリがありましたので、酒ミュージアム華の蔵でお昼の待ち合わせをし、一ノ蔵のおそばを食べてから帰宅しました。

一ノ蔵の地そばはとても美味しく、従業員の皆さんは相変わらず感じよく、今日はお米でつくったという皮膚水分保持能改善成分が入っているというライスパワーエキスの化粧液を買ってきました。説明のDVDが流れていたのですが、大変納得できるものでしたので、今晩から使ってみようと思います。

丁度、一ノ蔵の社長さんもカウンターでおそばを食べていらっしゃいましたが.....主人の同級生の息子さんは大変に感じ良く、ますます立派な社長さんとしてご活躍の様子でした。

主人は同級生の息子さんを見て急に思い出したらしく......「夕方、うちの佐世保の息子が来るそうだよ。後でもう一度℡をよこすと言っていた。」と言いました。

午後からは、定期診察がある日なので帰る途中にお買い物でもしてくるつもりですが、5月初めに佐世保の息子は、今週何人かの人たちと東北を回ると言っていましたが、松山へは寄れないかも知れないと言っていました。
現在は白石にいるそうです。

夕方来るとすれば、5年ぶりの帰郷になると思います。
元気な顔を見ることを楽しみにしたいと思います。

今日のガンディーの言葉「本当の幸せは外部からは来ない。それは内部からのみ来る。」

投稿者 jizai3 : 14:21 | コメント (0)

2010年5月18日

五月晴れの青空に大きくクロスする飛行機雲を見て

20105-18-2.jpg2010-5-18-3.jpg昨日は、午後から仙台へ出掛けました。丁度、大郷付近へ差し掛かった時に、新緑の眩しさとマッチして五月晴れの澄み渡った青空に大きくクロスした飛行機雲を見ました。

誰かが、まるで落書きをしたようで、素晴らしい青空が笑っているように見えました。

大きく白い飛行機雲は下のほうで確かにクロスしていました。
主人が「交わっているところがいいね!」と言いました。
私は、「意見が違ってもどこかで交わることの大切さを大きな青空を使って教えているのかもね!」等と言いましたが......広範囲の飛行機雲は久しぶりでした。

いろいろなところで新しいことが始まっているようです。

市民の間では、5月大崎市議会臨時会のことが話題になっていますが、それは新聞報道の「教育委員人事案 市長が撤回」ということです。

伊藤市長は市長選で伊藤市長の後援会幹部を務めた元市議(59歳)を教育委員に起用しようとしたそうですが、議会から批判が出てこの人選案を撤回したということだそうです。

しかし、伊藤市長は、29日までに再度議会を招集して同じ人事案を提案する考えを示したそうです。

伊藤市長は「最適な人選だが、全会一致で承認してもらうには時間が足りなかった。」と河北新報の取材に答えたそうです。更に伊藤市長は、「批判はあるかもしれないが、学校統廃合などの課題がある中、地域に根差した教育行政を進めるには必要な人材。批判を上回る成果を出してくれるはず。」と強調したそうです。

市民の代表者である議員が、この伊藤市長の人事案をのむかどうかがキーポイントです。

「大変露骨な人事である。」と憤慨している人もいますが....私には大崎市誕生の時の初代議長E氏が地域に根差した教育行政を進めるのに必要な人物であるとはどうしても思えませんでしたので、いろいろ調べてみましたが、PTA会長というだけで教育委員がふさわしいというなら大崎市には該当者はたくさんいらっしゃると思いました。

初めから交わることのない議論なのか、交わるところのある議論なのか、今後の市議会をしっかり見守りたいと思います。2期目の船出をした市議会に対しては、いつも市民の思いと接点のある市議会であってほしいと願っています。

今日のガンディーの言葉「自分を支配する事が出来ない人は他人を支配する事で成功することは出来るはずがない。」

投稿者 jizai3 : 13:27 | コメント (0)

2010年5月17日

季節の食材に感謝して......

20105-17-1.jpg大崎市松山新田地域で育った見事な筍です。

色つやよし、香りよし、柔らかさよしの素晴らしい筍です。煮物、筍ごはん、お刺身にして頂き、後は、冷蔵庫で保存しておきます。

k子さんの自信作は、見事としか言葉がありませんでした。
昨年も頂きましたが、今年は皮つきの筍で包丁を入れて皮をむきましたが.......皮をむく楽しさを感じるほどの素晴らしい筍の香りがいっぱいに広がりました。

季節感を知らせる食材は、日本の四季の豊かさを伝えてくれました。

皮をむきながら、小さな頃、筍の皮に梅干を入れて食べたことを思い出しましたが、主人も「何よりのおやつだったなぁー」と懐かしそうに言ってました。

k子さんの愛情を感じながら、昔ながらの変わらない日本の食材をとても美味しく頂きました。

最近は、季節に関係なく、いろいろなものが店頭に並びいつでも何でも口に出来る贅沢な時代になりましたが、やはり、ある食べ物を食べて日本の四季を感じるという日本人特有の豊かな感受性は、これからも大切に守って行かなければいけないのではないかと思わせてくれる美味しい筍を頂いて大感謝の食卓でした。

今日のガンディーの言葉「知識とは、唯、自分自身を知ることが出来る事である。他の言葉で言えば、知識とは、自己の実現を意味する。」

投稿者 jizai3 : 10:55 | コメント (0)

2010年5月16日

爽やか5月の風と、小鳥たちのさえずりを聞いて

20105-16-3.jpg爽やかな5月の風と、小鳥たちのさえずりが聞こえる日曜日です。子供たちのいない小学校は寂しい気がしますが、落ち着いた佇まいは見る人の気持ちをホッとさせてくれます。

大崎市立松山小学校の付近は、どんどん初夏の様子になっています。校庭わきの松の木は、規則正しく松の実をつけ空に向かって思いっきり背伸びをしています。すぐそばでスズメがチュンチュン、チュンチュンと鳴いています。

やっと、初夏の装いが似合う季節になってきましたが、紫外線が気になる季節でもあります。

日焼けしやすいので、気をつけているつもりですが、紫外線対策を怠るといらないメラニンがつくり出されて.....シミが出来てしまいます。

60年も生きているから仕方ないかな等とも思うのですが.....シミだけはもらいたくありませんね。

紫外線は、5月から強烈に降り注ぐそうで、年間の紫外線傾向グラフを見たら5月になると紫外線の強さは非常に強くなっています。

暑いと感じる赤外線や、眩しいと感じる可視光線と違って、紫外線は五感に感じることができないので、気付かないうちに紫外線を浴びてシミの原因をつくってしまうのだそうです。

室内でも日陰でも、曇りでも雨でも紫外線は降り注ぐのだそうです。

今年もuvカット効果のある化粧下地をしっかり塗って、嫌いな紫外線を出来るだけ取り込まないようにしてと、気合いを入れた私は、今夜もシミに効果的と言われているトマトをいっぱい食べようとトマトたっぷりの野菜サラダを用意しようとしています。

今日のガンディーの言葉「良い考えは、香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 13:21 | コメント (2)

2010年5月15日

調べものにパソコンは便利....大いに活用!

2010-5-3-7.jpg大崎市の上空にもやっと青空が広がりました。

午後からは気温もぐんぐん上がり陽射しもぽかぽかと気持ち良くなってきました。

寒い5月とは一日も早くさようならがしたかったので、午後の陽気に誘われて家の周りのお散歩にも出掛けました。

午前中は、ある事に関して調べものをしましたが、パソコンの便利さにはいつも感謝をしています。
殆どのものを調べることが出来ます。今日も調べては保存し、必要な部分は全部コピーをしました。

おかげさまで予想以上の収穫でした。

パソコン辞典は、そのものだけじゃなく付随しているものや関連している全ての事が調べ上げられるので、いつも大いに活用させてもらっています。

この前、私は、パソコンの弊害を並べ立てる人の話を聞いたばかりです......が。

その時も言い張りましたが、pcは素晴らしい情報機器だと思います。

弊害があるというなら、それを使う人間側に問題があるのであって、pcは最高だと言ったばかりです。
pcのない生活は考えられないと言いましたが.....ついには、「pcを使わない人がpcの悪口を言うのはおかしい!」と言いましたら.....気まずい空気が流れてしまいました。

帰り際には、その人も「そのうち私もpcを覚えようと思っているのよ。」と言い、何となく氷解した雰囲気にはなりましたが......pcを悪者扱いする人とはついつい衝突してしまいます。

それにパソコンをしていると、あっという間に時間が経過してしまいます。
次々に展開する画面が面白くて仕方ありません。

楽しい時間は、私には有意義な時間です。

今日のガンディーの言葉「全てが自分の分野では正しく、そして、適切である。しかし、それは自分の分野以外では、全てのことが不適合である。」

投稿者 jizai3 : 15:35 | コメント (0)

2010年5月14日

新しいことがスタートする5月

20105-14-1.jpg5月は新しいことがスタートする時期です。私たちの地域でも今月最後の土曜日には、大崎市松山まちづくり協議会の総会が開催されます。

今、まちづくり協議会の幹部たちは資料づくりに励んでいます。

総会は、意思決定の最高機関ですが、昨年の総会では「役員会で決めたことを是非やらせてほしい。」と地域住民に幹部が懇願して、会場にいらした方々が当惑したと聞きましたが......総会の場が最高の意思決定機関であることを無視したような発言に怒っていた市民もいたようです。

議会対策と間違えたようだと話している人もいましたが、誰もたしなめなかったことも問題だと思いました。

松山まちづくり協議会は、全戸1軒から500円のお金を頂いて活動している地域自治組織です。

この500円は合併後に出来た新税のようなものだと思いますから、この意義をきちんと受け止めて活動する気概を持つことが大切だと思います。

地域づくり、地域活性化の為の地域事業に如何にして立ち向かうのか、総意をうまく決定してゆく過程が注視されます。

大崎市議会も5月臨時会で新議長・三神祐司氏(大崎ニューネット)、副議長には関 武徳氏(大志会)がそれぞれに就任したそうです。

今日も大崎市では強風が吹いて寒い一日ですが、それでも5月ですから新しいことが次々に動き出しているようです。

あちらこちらで......「総会」「新役員選出」等という言葉が飛び交っているようです。

今日のガンディーの言葉「間違った事を認識することによって、人は怒り、人は泣き、人は笑います。しかし、このような事の代わりに私共は、間違ったことを認識することを静かに排除するように務める事が人の使命ではないだろうか。」

投稿者 jizai3 : 13:36 | コメント (0)

2010年5月13日

今日は強風で、大変に寒い初夏?

2010-5-3-4.jpg群馬県では雪が降り、積もっています。
信じられないTV画面に食い入ってしまいました。初夏の季節なのに、こんなにも寒くていいのでしょうか。

暖かさを経験したはずなのに、考えられないような寒さです。皆さんの挨拶も「寒いですね!」です。
強風も寒くて......震えてしまいます。 
農作物の心配をしている人が多くなっていますが、今週は土曜日までは低温予報が続いています。
暖かさが戻るのは日曜日からのようです。

体調管理の難しい季節になっているようで、調子が悪いという人の話を耳にしています。そのような中で、ある人から「認知症の検査」のことを伺いました。

私も以前、退院間近な人がいろいろ聞かれている質問項目を聞いたことがありますが「今の季節は何ですか?」「今日は平成何年、何月、何日、何曜日ですか?」「貴方の家族のお名前は?」「今見ている絵を良く見て覚えて、後で思い出して答えてくださいね」等ということでした。

彼は、冬なのに春と答えていましたし、平成何年何月何日何曜日は、少しも答えられませんでした。でも、家族名はきちんと答えていました。しかし、絵を見て覚えて答えることは一つも出来ませんでした。

それでも、彼は嬉しそうに退院して行きました。

今日聞いた認知症の検査もあの頃とあまり変わりなく.......「認知症」と診断されて薬を飲むようになってから、無気力になり、すごく静かになったような気がするということでしたが、認知症の薬は投薬を続ければ治ることはないが、それ以上進まないようにすることは出来るということでした。

友人は「あんなに大人しくなってしまって、K君じゃないみたいだ。忘れなくなってもあんなに無気力になったら意味がないように思うけどね。少々忘れてもいつもの馬力あるK君のほうがいいよ。」と言っていました。この話を聞いて、私にも思い当たることがありました。

私の友人がうつ病にかかり病院からの薬を飲むようになってから.......人が変ったように無表情になりました。

旦那様が担当医に話して薬を変えてもらったら、いつものように明るい
奥様になりどんどん良くなり、今も薬は飲んでいますが、普通の生活を送っています。

このような病気の薬は数が多く、あう薬を見つけることが難しいというお医者様もいらっしゃいますから、遠慮せずにいろいろ話してみることもいいのかなと思います。

それにしても、大変元気なK君が入院しているという話は、すごくショックな話でした。

健康であることの大切さを考えさせられる一日となりそうです。

今日のガンディーの言葉「神に身を預ける人生は、難しいことではない。」「真理のような幸せもないし、非真実のような悲しみもない。」

投稿者 jizai3 : 13:55 | コメント (0)

2010年5月12日

振り込め詐欺にご用心の話を聞いて

2010-5-3-3.jpg今朝は雨降りの朝からスタートです。大崎市にも低温注意報が出ています。私の記憶ではこんなにも寒い5月は初めてのような気がします。

朝晩、今もストーブのお世話になっています。

今朝の河北新報に振り込め詐欺の記事がありました。

昨日、午後、地域のお巡りさんから、「松山地域でも振り込め詐欺の被害が出ているので、くれぐれも自分は大丈夫と思わないでお気を付け下さいね。」という話を聞いたばかりでしたので....今回、県警が作製した被害防止チェック表は高齢者に配慮したもののようですからチェック表を有効活用して被害に遭わないように出来ればいいなと思いました。

振り込め詐欺グループは、日夜作戦会議をしていかに人を騙すか考え、主に℡を使用して毎日実践しているのですから.......子供思いの親心につけ込んだ卑劣な犯罪はなかなかなくならないようです。

私たちの地域でも、振り込め詐欺に関してはよく話を聞きますし、注意を促す回覧版も回ってくるのですが....被害額は高額で、大変驚きます。

昨日も言われましたが「自分だけは大丈夫と思っている人が一番被害に遭いやすい。」と言われましたが......私は今回も考えられないと思ってしまいましたので、自分のような人が一番危ないのだと言い聞かせながらお巡りさんの話に耳を傾けました。

人間は確かに一度インプットしてしまうと、その思いから抜け出せなくて......思い込み現象モードにスイッチが入ったままになるようです。
「我が息子・我が子が困っている。」と思い込み「何とか助けなければ!」とさらに思い込んでしまうようです。

以前県警のHPを見たことがありましたが、振り込め詐欺の手口などはかなり詳しく紹介されているのですが...インターネットをしない高齢者にはローテク対策のほうが効果的だと思います。

被害防止チェック表を見て、ひとつでも当てはまる項目があれば、必ず相談をするようにすれば(相談ダイヤル「♯9110」)悲しい被害に遭遇しないで済むのではないかと思いました。

厳しい現代社会で生活をしながらも定期預金を解約してまで、子供を窮地から救おうとする親心をもてあそぶ卑劣な行為には本当に腹が立ちます。

「自分だけは大丈夫!」と思う人が一番被害に遭いやすい人間と、言い聞かせながら.....もう一度、新聞記事に目を通した私です。

今日のガンディーの言葉「恥ずかしいと思う、悪い感覚から出るような悪しき何かを行う人は、二倍罪があり、神の前に立つことは出来ないだろう。」

投稿者 jizai3 : 10:58 | コメント (0)

2010年5月11日

自己コントロールの難しさ

20105-10-1.jpg20105-11-1.jpg今日は午前中に悩み多き友人が訪ねて来て下さいました。ギャラリーのテーブルには小さな器に入った花弁がありましたが.......友人はぽつりと「見ているだけでホッとするね!」と言いました。

友人は、今、いろいろなことで悩んでいるみたいです。

自分ではどうすれば良いか、解っているのに、そうは出来ない毎日の自分に苛立っているみたいでした。

論理的には理解できても、自己コントロールが一番難しいと言っていました。やはり、人間は感情に支配されるみたいです。感情に振り回されないようにすればするほど、ジレンマに陥ってしまうようです。

時には、思いっきり振り回されてしまうのもいいかも知れませんね。その後の着地点からまたスタートすればいいという風に考えてみることもいいのかななんて思いました。

熟睡できない辛さを嘆いていました。

自分の思いが夢となって現われるようで.......そして、その夢にまた捉われてしまうようでした。
通院もしているようですが......焦りも垣間見えました。

友人は本当に優しい人で真面目です。決していい加減でなく、だからこそ、辛いのだろうと思いました。

「時々、お茶飲みにおいでね!」と言いましたが.....現代は、心優しい人が生きにくい世の中になっているように思えて仕方ありません。手助けをしたくても私たちには限りがありますし、最終的には自分で抜け出すしかないと思いますが........話を聞いてやることはいつでも出来ます。

辛い時には話すだけでも楽になることがありますので、お互いに話しをしたり、聞いたり出来る人間関係を大切にしておくことが大事なことだと思いました。

今日のガンディーの言葉「本当の幸せは外部からは来ない。それは内部からのみ来る。」「祈る人は、舌でなく心を必要とする。心無くして、言葉は意味を持たない。」

投稿者 jizai3 : 13:30 | コメント (0)

2010年5月10日

三ケ月に一度の眼科検診

2010-5-5-8.jpg今日は午後から三ヶ月に一度の眼科検診へ行きました。おかげさまで、明るい視界にとても満足しています。

T先生は、いつものように「小野寺さんはまつ毛のことがあるので、三ヶ月に一度お逢いしましょうね。」とおっしゃいました。物言いが大変優しくていつお逢いしても、安心できるお医者様です。
お若いけれど人間性が素晴らしい先生だといつも感心しております。

スタッフの方々も皆さんいい方ばかりで、T先生の教育が良く行き届いていることがわかります。

今日は私のお隣にいらした女性から声をかけられましたが、その方も「ここの病院は、素晴らしい病院ですね。先生も看護士の方々も皆さん立派で優しい方たちばかりで、お若い人ばかりなのに......いつも感心していますのよ。」とおっしゃっていました。私も「本当ですね。私もいつも感心しています。」と答えました。

診察室に案内されると、T先生の落ち着いた優しい声が聞こえてきますが......本当にホッと出来る優しいトーンの声です。

声にはその時々の体調などが出やすいと言われますが、T先生はいつも同じで、声を聞いただけで安心出来る人です。

今、私はいいお医者様と出逢って本当に良かったと心から感謝しています。

今日は大崎市の田んぼも、美里町の田んぼも、T医院がある涌谷町の田んぼも、眼に映る田んぼすべてが田植え完了で、見事な水田風景でした。

日本の5月の豊かさをしみじみと感じる一日となりました。

今日のガンディーの言葉「立身出世の本当のしるしは、その人の優しさと成熟さの成長である。」

投稿者 jizai3 : 18:02 | コメント (0)

2010年5月 9日

まつやま風土研究会が募集する「たけのこ堀り隊」のお知らせ

2010-5-5-7.jpgまつやま風土研究会では、今年も「たけのこ堀り隊」の参加者募集を行います。

たけのこ堀りは5月16日(日)に開催します。

参加費は、大人1,500円  小学・中学・高校500円 
持参するものは、長靴・軍手 
集合時間は、午前10時~   午後2時頃には終了する予定です。
集合場所は、大崎市松山公民館隣老人福祉センター前です。

*参加者は先着30名様を募集予定ですのでお早めにお申し込みください。

*お申込み・お問い合わせ℡:090-7335-9710氏家  or  090-3121-7472佐藤まで。

大崎市松山地域の5月恒例地域行事のお誘いです。

ご家族、ご友人同士皆様でのご参加をお待ち申し上げます。

旬の食材、たけのこの香りをたくさん持ち帰って楽しい時間をお過ごし下さい。

今日のガンディーの言葉「良い考えは香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 13:04 | コメント (0)

2010年5月 8日

独特の香りを放つセリは、体調を整えるのに役立つというが..

20105-8-1.jpg大崎市松山長尾地区で栽培されたセリです。この季節になると、独特の香りを放つセリが、いろいろなお料理に使われます。
 
茹で物、天ぷら、お味噌汁、漬物......と、セリは、根も茎も葉もすべて食べることが出来ます。

きれいに揃えられたセリは、お湯に入れると鮮やかなグリーンの色に変わり、独特の香りを放ちます。私はこの香りが大好きで、茹でたりして手に香りがしばらく残ることも気に入っているくらいにセリが好きです。

友人が「5月の季節の変わり目にセリを食べると体調が整って、体調管理には最高の食べ物なのよ!」と先程教えてくれました。「旬のものが身体にいいと言われている所以ね。」と言いましたが.....昔、母からも聞いたことがありました。

母は香りの強い食べ物は苦手だったそうですが.....セロリーやウドやセリが身体にいいと言われて出来るだけ食べるようにしていたら、体調が良くなったと話していたことがありました。

5月は、お天気が変わりやすく体調不良に陥りやすい時期だそうですから、身体にいいと言われるものを食べて元気に過ごしたいものですね。

来週からは、又、寒くなりそうと予報が出ていますのでくれぐれも体調管理にはお気をつけ下さい。

今日のガンディーの言葉「もしも、関連性がなければ重要性のあることであってもその重要性を失います。どんな小さなことであっても、関連性のあることは、重要性なのだということです。」

投稿者 jizai3 : 13:57 | コメント (0)

2010年5月 7日

新会合の行方は.......

tmpimg1003271033n220100327113141609.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像今日は雨降りの金曜日でしたが、小会議室がいっぱいになるほどの人々が集まりました。

午後1時半からの会議始まりの時刻には、どしゃ降りの雨が降っていて、傘を差しても濡れてしまうような強い降り方でした。

今日は記録係を仰せつかってしまったので.......懸命に議事録作成に務めました。

大変熱心に話し合いが行われましたが、たたき台の不備が指摘されました。その通りだと思いながらも、M議長の優しさをたくさん感じる話し合いでした。

共通認識を、確認し合えたことが良かったと思いました。今後は、8人の代表者がそれぞれに宿題を持ち帰り、5月中旬に会議を開き、全体会議にかけて活動目標などを決めて行くことにしました。

それにしても、良心的な多くの仲間がいることを再認識できる有意義な会合でした。

同じ目標を定めて短期間で繋がった仲間たちですが......これからは、じっくりと時間をかけて共に集い、共に学び、それを発信してゆけるような新しい仲間づくりが出来ればいいなと思っています。

帰りには雨も上がり、5月の空気が一段と爽やかさを増したように感じながら帰宅しました。

今日のガンディーの言葉「人生は、死ぬまで毎日新しくなる。この知識は、我々、精神向上するように手を差し伸べるべきである。」

投稿者 jizai3 : 19:16 | コメント (0)

2010年5月 6日

今日からはいつもの日常が......

20105-5-2.jpg連休も終わり、今日からはいつもの日常が始まりました。

お隣の大崎市立松山小学校でも、日常の小学校生活が戻ってきた様子で、いつもの見慣れた小学校風景が見られました。

今朝は、班長宅へ回覧板を届けに行きましたが、校庭わきには通学用の自転車がきれいに並べられ、授業中らしく校庭は静まり返り、教室で学習する様子が窺えました。

私も、いつもの日常に素直に感謝出来る朝を迎えました。

明日は、古川で会議がありますが、仙台でも同級生の集まりがあるようです。

先日、中学校時代のボーイフレンドがギャラリーを訪ねてくれました。47年ぶりの再開に嬉しいやら恥ずかしいやら....複雑な心境でしたが........やはり嬉しく懐かしかったです。

彼の友人から、ギャラリーと本人を写真に収めてくるように言われたといい、帰りがけには写真を撮られましたが、彼はあとから純真な時の気持ちを思い出したとmailをくれました。

9月には同窓会とクラス会をするそうです。私達のクラスは、D中学校の一期生ですが、10クラスの中では一番消息不明の方々が多いクラスなのだそうです。

彼とは気が合って親しくしていましたが、卒業後の事はほとんど知らずで、聞きたいこともありましたが、久しぶりの再会は懐かしさだけで終わってしまいました。

松山は初めて来たところだそうですが、帰りは古川まで車を走らせてから仙台へ戻ったそうです。

思いがけない再会も感激ですが......変わらない日常もいいものだと感じ、今は現在を精一杯生き抜くことが何より大切なことだと思えるような素直な気持ちの朝を迎えました。

今日のガンディーの言葉「過去は我々の人生にあるが、我々は過去に存在しているわけではない。我々は現在に生きているのだ。我々は未来をつくる人だが、未来に存在しているのではない。」

投稿者 jizai3 : 10:25 | コメント (0)

2010年5月 5日

連休最後の締めくくり「子供の日」には加美町で開催の陶芸展鑑賞を

2010-5-5-1.jpg連休最後の「子供の日」は、午後からG先生と主人と私と三人で加美町で開催中の浅野 勝氏の作陶展を鑑賞に出掛けました。

加美町の町営駐車場に車を置いて出掛けましたが、加美町は来訪者に優しい心配りの出来る地域だと感心しながら、久しぶりに芸術性の高い精緻な技術を感じる多くの作品を観てきました。

G先生と、主人は作品の作り方をいろいろ話していましたが......私には、作者の強い意志を感じる作品ばかりだと思いました。窯の中の火の神様に作品を任せるのではなく、作者の強い主体性を感じる作品ばかりで、芸術性の高さを感じました。

土の力強さと、計算された精密さのバランスの良さが作品を引き立てていました。

ギャラリー「工藝 藍學舎」はそれほど広いギャラリーではありませんが、板張りの床と土味を活かした浅野氏の作品とがよくマッチしていて素敵な空間でした。

私達は、いいものを観た後の充実感に浸りながら帰宅しました。

今日は二十四節気の立夏ですが、大崎市の田んぼも、加美町の田んぼも、田植えが終わり田舎の田園風景はいつもの穏やかで涼しげな様子を見せていました。

この光景は、見る人の気持ちを癒す力を持っていますね。

今日のガンディーの言葉「自分の実現が大きくなれば成るほど、その人の進歩は大きくなるでしょう。」

投稿者 jizai3 : 16:07 | コメント (0)

2010年5月 4日

静かな連休終盤

2010-5-3-5.jpg連休も終盤になりました。お天気に恵まれた青空が上空いっぱいに広がり、五月晴れの毎日が続きました。

忙しいことが終ったせいか夫婦水入らずで大変のんびりとした毎日を過ごしています。今年も連休は何処へも出掛けず、ギャラリーで頑張っています。

今朝もお隣の大崎市立松山小学校の校庭からは、元気な野球少年たちの掛け声が聞こえています。
応援のご父兄の数は昨日よりも多いようです。親が熱心だと、そのスポーツは強くなり、すそ野が広がると言われてますが.....その通りのようですね。
松山地域の少年野球が強いのも、ご父兄が一生懸命だからだと思います。

最近は、火事の報道が多く、気がかりです。先日、松山地域でも火事があり、全焼する被害があったばかりです。

義妹の近くでも火事があり大変怖い思いをしたそうです。

火事は気をつければ防ぐ事が出来るものですが、一旦火を出してしまうと全てを失くしてしまうものです。

小学生の頃、自宅の敷地内で火が燃える様子をすぐそばで見た経験がありますが....しばらくの間、火事の夢を見続けて、とっても怖い思いをしました。その時も一軒の建物全てが燃え尽きてしまい、何も持ち運びだす事が出来ませんでした。

祖母が「泥棒は全てを持っていかないけれど、火事を出すと全てを失ってしまうから。」と、大変落胆した表情で話した言葉を私は今でも覚えています。

義妹の付近で起きた火事は、火の粉が自宅の方まで飛んで来そうで......新築が多いご近所は大騒ぎだったそうです。
幸いに類焼はなかったものの、火元である新築の家は、全焼だったそうです。

寝たばこが原因らしいと言っていましたが......タバコが原因で起きる火事は多いようです。

寝室でタバコを吸うことを許してはいけないと思います。

弟もタバコはもうだいぶ前に止めたので寝たばこの心配はありませんが......タバコは百害あって一利なしの嗜好品ですね。喫煙者は何処へ行っても肩身の狭い思いをしているようです。私の我儘な友人もギャラリーは禁煙だから行きにくいなどと言いますし、玄関のところでタバコを吸うのが嫌だと言って来店の頻度が落ちました。

なかなかタバコは止められないようです。しかし、最近、禁煙外来に通院してタバコをやめたという人の話を聞きましたが、「もうタバコは大嫌いになった。禁煙外来は効果ありだよ!」と言っていました。

寝たばこの心配のある方には、是非通院してほしいと思うのです......が。

そうでなくても春は乾燥していますし、風の強い日が多いですから、くれぐれも火事を出さないようにお互い気をつけたいと思います。

今日のガンディーの言葉「理解していないことを人にさせることは、厳しい厳罰以上の何ものでもない。」

投稿者 jizai3 : 10:09 | コメント (0)

2010年5月 3日

「憲法記念日」の今日は素晴らしくいい天気!

2010-5-3-2.jpg今日は憲法記念日です。三男坊の誕生日ですので......お祝いのメッセージを留守電に入れました。

主人は、三男の誕生日だけは毎年お祝いをと言いますので「何故、k君のお誕生日だけお祝いをと言うの?」と聞きましたら......「あとの二人は、いつが誕生日だか解らない。Kは、憲法記念日だから覚えているんだ。」という極めて無責任な言葉が返ってきました。

ちょうど、一番下の孫がいたのでこの話をしましたら「じいちゃんらしいよね。」という言葉でしたが、妙に納得してしまいました。

今日は本当に素晴らしいお天気で、行楽日和のお天気でした。孫は友人とバーべキューをすると言い、友人のもとへ出掛けて行きました。

孫の友人は誰も結婚をしていないので、仲が良いようです。

「誰か一人でも家庭を持てば友人関係も変化して来るだろう。」と孫は言い、幼い頃からずっと仲の良い友達と今も付き合い交友を深めているようですが.....「松山を離れたら松山がすごくいい所だって気づいたんだ。」といつも言います。

故郷は離れてみるととても懐かしく、いい所なのでしょうね。

孫の年齢で、このような感情を持つことは良いことだと思います。人が生きてゆく上では、懐かしいという思いは大切な気持ちですから、これからもこのような気持ちを大切に出来るような生き方をしてほしいと思っています。

今朝は又、大崎市立松山小学校でも野球の試合が行われていましたが、幼い頃の良い思い出は.......困った出来事に向き合った時の確かな支えになるものですから、良き思い出をたくさん作って成長してほしいと思いながら、元気な声を聞きました。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 12:56 | コメント (0)

2010年5月 2日

超高齢化時代.......

2010-4-26-10.jpg連休2日目、高速道路の渋滞の様子がTVから流れています。
地域の桜も、そろそろ散りそうで.....白っぽくなってきています。

私が暮らす大崎市松山地域でも超高齢化が進んでいるようで大崎市松山地域町区住民の平均年齢は70歳だそうです。

本当に高齢化がすごいスピードで進んでいることが窺える話しだと思いました。

今朝は、お隣に家族介護でお困りの方のお手伝いをしますよと、民間施設が営業するというお知らせがありました。

「今、生活するのに困ることの全てをお手伝いさせて頂きます」というキャッチフレーズで、介護の手伝いから、草取り、通院手伝い、買い物、雪かき、食事づくり、アイロンかけ、掃除、塗装全般、補修工事、温泉など小旅行の手伝い、形にはまらないディーサービス........本当にかゆい所に手が届くようなサービスを提供する民間の施設が出来るようです。

一人が契約すればどなたでも利用できると表示されていました。

主人は「うちはまだまだこの手のサービスは受けなくてもいいからね!」などと言っていますが、もっと年を重ね、長生きをすれば、やがては人の手を借りなければいけない時がくるわけですから.....決して他人事ではないと思います。

今朝のTVでは、聖路加病院の日野原先生が来年で100歳を迎えると言いながら超多忙な現役医師としての毎日をご披露していらっしゃいましたが、先生の長生きの秘訣は「仕事」であるとお答えでした。

朝起きた時に「今日も頑張ろう!仕事をしよう!」という気持ちになることが長生きの秘訣であると自信を持ってお答えでしたが、充実の毎日を過ごしている方の言葉には大きな力がありました。出来ないところは誰かにカバーしてもらいながらも、自分が出来る楽しく生きがいになることを毎日続けられるような生き方を真剣に模索しながら生きなければと思う日野原先生の素晴らしい笑顔でした。

今日のガンディーの言葉「自分の仕事が上手くゆかない時、何故、人は落ち着きを失くすのか。」「我々は、自分自身の運命の製作者である。」

投稿者 jizai3 : 11:42 | コメント (0)

2010年5月 1日

今日から5月・五月晴れによく似合う水張り田んぼ風景

2010-5-1-1.jpg今日から5月。大崎市松山地域の田んぼにも水がたっぷりの季節になりました。

澄みきった爽やかな五月晴れの青空と、水張り田んぼが良くお似合いで、とても松山らしい景色が見られ始めました。

午後には、風も優しい春風に変わり......大変気持ちよく外を歩けるようになりました。

主人と二人で、松山駅前近くの田んぼに出掛けてみましたら、水張り田んぼが増えていました。

いつもの5月の地域の風景です。

ホッとする眺めに安心してきました。

駅前公園では、幼い子供たちとボール遊びに興じる親子連れの姿がありました。

田んぼの細道を行き交う軽四輪が忙しそうに動いていました。
又、水張り田んぼの中では、トラクターが代掻きをしていました。

水を張った田んぼの中には生命の芽吹きが息をひそめているようで....新しい事が起こりそうな予感がする光景でした。

今日のガンディーの言葉「種と同様に行動することは、結実するには時間を要する。」

投稿者 jizai3 : 15:22 | コメント (0)