« 菜の花の広場で開催した「佐々木キイ子 モラ刺繍作品展」には大勢の方々がいらして下さって! | メイン | 暖かい春の陽射しに小さな虫たちも這い出て… »

2011年3月 7日

新しい場所へ移転してから初めて伺った税務署は…


Blog写真は、昨日の「モラ刺繍作品展」で展示した「お出かけ、お洒落なカメさん」です。

今日は税務署着が10時で、私たちは移転してから初めての新しくなった税務署へ行きました。

お聞きしたいことがあったので、確定申告書を持参して出掛けました。

入口のガードマンの誘導で少しも待たずに駐車をすることが出来、玄関入口で職員の方から番号札をもらい、椅子に座って呼び出しを待ちました。
20分くらいしてから呼ばれ、お聞きしたい事柄を聞き、短時間で用を済ませることが出来ました。

私たちが帰る頃の駐車場の入口は大変混雑で長い車の行列が出来ていました。

「いい時間帯で説明を聞くことが出来て良かったね。」と言いながら一方通行になっている税務署の駐車場を後にしましたが…解らないことがある時には聞くのが一番いいと思いました。

税務署の職員の方々の対応は大変親切で、丁寧に教えてもらっている人たちがたくさんいらっしゃいました。

つくづく思うことですが、税金の使い方は、その国の方向性を決め、国の形が見えてくるものだと思います。

極端な話ですが、国民を飢えさせても国防力を高めようとする国さえ存在するのが現実です。

公金の使い道を吟味し、熟慮に熟慮を重ねて税金を正しく使ってほしいなと思います。

公費助成などという旗印が空しい言葉にならないように、心して私たち一人一人の血税が正しく使われる日本であってほしいと願います。

今日のガンディーの言葉「一滴の水が大洋をつくっている。その理由は一滴の水の中には完全な統合力があり、そして、協調力があるからです。同じことは、人間社会にも同じように採用出来るのではないだろうか。」

投稿者 jizai3 : 2011年3月 7日 13:31

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)