« 久しぶりのBP教室で伸びやかに… | メイン | 余震とは思えないような強い余震を体験して! »

2011年4月 7日

在り来たりの日常のありがたさを想って…


今日も暖かな一日になりました。

今日は、午前中に久しぶりに大崎市松山保育所の可愛い子供たちが先生たちとお揃いの空色の帽子をかぶってお散歩している後姿を見かけました。

これまでに何度も見かけた光景が、今日は特別のことのように見えてしまいました。

ごくありふれた在り来たりの日常生活のありがたさをつくづく感じている今日この頃です。

今日は水道の検針がありました。

検針をして下さったおばさんが「漏水があったようですね。すごい漏水量ですから、市のお客様センターに問い合わせをして下さいね。適切な指示が受けられると思いますから。」ということでしたので、早速、大崎市の水道お客様センター(℡0120-366-171)へ℡を入れました。

とても親切な市水道職員のTさんという方が、解りやすい説明をして下さったので助かりました。

この地震による漏水に関しては広報「おおさき」で申請案内をするそうです。

広報を見てから水道料に関する申請の手続きをして下さいという指示を受けました。

水道料は、口座引き落としなのでお客様番号を伝えてから電話を切りましたが「疑問がある時には、再度お電話をお願いします。」と大変親切な応対でした。

最近は、毎日のようにいろいろ方々から、地震被害のお見舞いはがきを頂いております。
心配する気持ちがビンビン伝わってくる言葉に、ただただありがたいと思いながら...相手のお顔を思い浮かべて頑張りますからと、返信をしています。

同じ宮城県でも沿岸部に比べれば、私たちが暮らしている大崎市の被害は少ないようですが…余震に怯える人は少なくありません。

今朝、ギャラリーにいらした方も、ちょっとでも音がしたり、揺れたかなと思うと…驚くような怯え方でこちらまで怖くなってしまいました。

私が「もう、あれほどの強い揺れは無いでしょうから…」と言いましたが「解っているけれど…身体がビクリとなってしまって。敏感になってしまってどうしようも無いの!」という答えが返ってきました。

このような事がある度に、いつもの生活がどれほど大切なものであったかを思い知らされています。

こんなにも、いつもの在り来たりの日常が有難い日々であったかを想っている私です。

今日は、いつものように灯油を配達してもらうことが出来ました。
「有難いな!」と素直に感謝することが出来ました。
~~~最近の私はすごく謙虚です。~~~

今日のガンディーの言葉「綺麗な心から叫ばれた言葉は、決して空しく進まない。」

投稿者 jizai3 : 2011年4月 7日 14:19

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)