« 簡素化して行われた松山地域の鎮守さま羽黒神社春季例祭 | メイン | 素敵で古き良き日本家屋に移転した「菜の花の広場」 »

2011年4月16日

雷が鳴り、茨城県付近では強い余震が、そして大崎市の昼はまるで夕方のような暗さに…


今日は昼近くに茨城県沖発生の地震があり、緊急地震速報のチャイムが鳴りました。

速報の注意地域に宮城県はありませんでしたが…それでも体感の揺れを感じました。

その頃からは雷が鳴り、辺りはどんどん暗くなり、何となく不安になるような景色が広がりました。

揺れの後には風が強くなり…雨も降り出しています。

遠くからは、雷の音が時々聞こえてききます。

地盤が緩んでいる所に雨が降りだしたのでは…と、土砂災害が心配になります。

もう十分に痛めつけられている被災地で暮らす人々の不安は増すばかりだと思い、憂鬱な気持ちになってしまいました。

被災地ではお天気がとても気になります。
雷の音と昼の暗さを想って…いよいよ天変地異の始まりなのかなどと思ってしまいました。

でも、天気予報では夕方の3時頃には天気は回復するでしょうと言っています。

午後からは、気温は下がるようですが…春らしい落ち着いた陽気がとても待ち遠しい私です。

今日のガンディーの言葉「人生は安楽な事ではない。棘がいっぱいある。」

投稿者 jizai3 : 2011年4月16日 12:02

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)