« 雷が鳴り、茨城県付近では強い余震が、そして大崎市の昼はまるで夕方のような暗さに… | メイン | 大崎市水道お客様センター(古川リオーネ)へ、漏水による申請を済ませて… »

2011年4月17日

素敵で古き良き日本家屋に移転した「菜の花の広場」


菜の花の広場ホームページ

今回の東日本大震災に於ける被害で、大崎市古川七日町バス停前で開設していた「菜の花の広場」は、大崎市役所プレハブ庁舎北会議室駐車場出口前のお屋敷に移転しました。

今日は、移転後初めて主人と二人で古き良き日本家屋に出掛けました。

Blog写真は移転した「菜の花の広場」・庭のしだれ桜です。

大崎市の桜はまだ蕾のところが殆どですが...移転場所「菜の花の広場」のしだれ桜は素敵でした。

落ち着いた日本庭園に囲まれた日本家屋は独特のいい雰囲気を醸し出し、懐かしさと穏やかさを感じさせてくれる和の空間は私たちに安らぎを与えてくれました。

午後には会員の仲間が次々と集まってきて、お互いの無事を喜びながら、親睦を深めながら美味しいお茶を戴きながら楽しいおしゃべりをしてきました。


3・11の巨大地震後には、ハムやお肉や、卵、牛乳、野菜などを低価格で販売して多くの人々に喜ばれ、多く市民から「菜の花の広場の活動に助けられた!」というお褒めの言葉を数多く頂いてとても嬉しかったという報告を受けました。

加美町のF氏が片道50分かけて自転車を漕いで食材を積み、菜の花の広場で販売をした行為が皆に喜ばれたということでした。

牛乳も卵もなかなか手に入らない時に、菜の花の広場ではそれらを提供することが出来...皆様に喜んでもらえたそうで、販売を手伝った会員たちもとても嬉しそうでした。

今日の再会は、本当に久しぶりでしたが、水のない時に水を運んでくれたり、おにぎりを届けてもらったり、電話やmailで励ましてもらったり...たくさんの励ましを頂き、いい仲間の存在が大変心強く、頼もしい限りで...とてもありがたいと思いながらの帰宅となりました。

*当分の間「菜の花の広場」は、毎日曜日午前10時から午後3時半まで開設しておりますのでどうぞ気軽にお出かけ下さいますようご案内申し上げます。

今日のガンディーの言葉「精神は、善良な人々の仲間がいなければ、干上がってしまう。」

投稿者 jizai3 : 2011年4月17日 16:31

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)