« 暑さのピークは今日までと… | メイン | 名前に込められた親の祈り! »

2011年7月18日

おめでとう” なでしこJAPAN”世界一!!

日本女子サッカーが始まってから30年ぶりにやっと念願の世界一に輝いたなでしこJAPANのメンバーの笑顔は最高でした。

強豪アメリカとの2:2の延長戦。そして、PK戦3-1で見事勝利を手にして"なでしこJAPAN"は世界一になりました。

今朝は、主人に何度か声をかけられ…4時少し前にやっと起きました。

アメリカに先制され、ハラハラドキドキの試合で、途中何度かもう駄目かとも思いましたが、なでしこJAPANは取られたら取り返すと…決して諦めず最後まで本当に良く頑張りました。

大きなアメリカ女性と小柄ななでしこさん達は体格の差はあっても、体力的にも精神的にも少しも引けを取ってはいませんでした。

全力で走り回り、ひたすらボールを追う姿は大変美しく輝いていました。

澤 選手の最後の同点ゴールは、何度見てもどのようにして蹴ったのかさえ解らないような見事さでした。

進行方向に身体を向けたスタイルではない状態で、身体をクロスしたような感じで素晴らしいボールを蹴って同点にし…PK戦に突入しました。

いつも思うのですが、サッカーの試合が延長になりPK戦で決着をつけるのは、どちらが勝っても負けても何となく残念な気がしていたのですが…今日は違った感情が湧き出て来て、ここまで頑張ってきた日本はきっと勝つだろうという気持ちが強くなり、初めに蹴ったアメリカ選手のボールを日本のゴールキーパーが右足で飛ばしてやった瞬間に、きっと勝つだろうという思いはますます強くなり…とうとう女子W杯優勝!の時がやって来ました。

東日本大震災後の日本を覆っている空気は重く、そして、まだまだ暗く、最近ではセシウム汚染の疑いのある牛が市場に流通していることが判明して、原発事故の放射能汚染の大きさには計り知れないものがあり、畜産農家の苦悩も増すばかりで…日本の第一次産業の壊滅的な被害を思うと本当に気持ちは沈む一方でした。

しかし、今朝、私はやっと自国が信頼できる確かな出来事を目にしました。

日の丸をつけて一生懸命に戦うなでしこJAPANの選手たちの頑張りに…涙がこぼれました。

胸いっぱいで朝食が食べられないくらいに感激しました。

チームワークを誇る可愛らしい日本の女性たちの頑張りに心から"おめでとう"を言いたいと思います。

決して最後まで諦めない大和なでしこ達の真の心の強さを見せて下さって本当にありがとうございました。

すごく嬉しかったです!

素晴らしい試合でした。

どうぞ、お気を付けて元気に帰国して、又、いい笑顔を見せて下さいね。

今日のガンディーの言葉「我々は、最大の努力という事に、どう名づけたらいいのでしょうか。割り当てられた事ではなく、自分のエネルギーを全て費やすような努力です。成功する事は、一般にそのような清純な努力に通じることです。」

投稿者 jizai3 : 2011年7月18日 11:11

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)