« 我が家のすぐ近くでも解体工事が… | メイン | もう、梅雨明けなのではないでしょうか?すごい真夏日が続いて! »

2011年7月 9日

大崎市古川Fプラザで行われたシンポジウムでは活発な意見交換が出来て!


今日も昨日と同じでとても暑い一日でしたが「シンポジウム」の会場である大崎市古川保健福祉プラザ(通称Fプラザ)は別天地の涼しさでした。

午後1時半予定通りに大崎市の震災復旧・復興を語るシンポジウムは開会となりました。

開会の挨拶は高橋憲夫議員で、初めに今回の大震災で命を失った方々へのご冥福を祈り黙祷を捧げてからシンポジウムは開催しました。

初めにこのシンポジウムの世話人代表として大友文司議員が挨拶をし、コーディネーターを務めた佐藤講英議員からシンポジストの紹介があり、本日の進行についての説明がありました。

Blog写真は「災害に強いまちづくり」というテーマに基づいて、東北大学大学院教授・大崎市震災復興計画策定市民会議委員長 ・源栄(もとさか)正人氏が講演をしていらっしゃるところです。

大崎市の自治体病院移転問題について市民の間では「災害拠点病院として自治体病院建設場所の穂波の郷が心配!」という声が上がっている為に、世話人の議員たちは源栄先生に自治体病院建設の立地問題の基準は何かという観点からの話をお願いしたそうです。

源栄先生は「技術的には何処へでも建てられます。」とおっしゃいました。

そして、病院建設で大事なことは「日常の利便性と災害時への備えと建設コストです。」と話し、更に「自治体病院は何処へでも建てられますが、地元の人間が何を大切に考えるかが大事である。」と導きました。

続いては「大崎市市民協働推進部長・高橋英文氏」が、大崎市の復興計画策定「基本理念と方針」に基づき~真の豊かさ 連携と協働による大崎の創生~という基本理念を説明して、新しい大崎市のまちづくりの方向性を話して下さいました。

次は「古川商工会議所副会頭」千葉 基さんが大震災後に議員たちに呼びかけてコンパクトシティーの提案をしたと話し、地域産業振興へ向けて具体的な提案7つを紹介し、地元農産品の事業創造なども手掛けたいという積極的な話も盛り込まれました。

次のシンポジストは「JAみどりの組合長」相沢成典さんが沿岸部の稲作の手伝いを実践していると話し、基本的な取り組みとしては、3・11前の生活に戻すことを一番に考えて倉庫やカントリーを早く直そうとしていると話し、食の安心や安全を考えると福島第一原発事故の問題は非常に大きな問題であると話しました。

次は、Fプラザに事務所を持っている「大崎市老人クラブ連合会会長」の小原 茂さんは老人クラブの原点である健康増進・助け合いの精神が今回の大震災には大変役立ったと話しました。それから、自治体病院建設にも触れ、穂波の郷に決まっている移転建設場所の地盤の心配を述べました。

シンポジストの最後は私ですが「菜の花の広場」女性代表として菜の花の広場の説明をさせてもらい、大崎市の自然環境の素晴らしさと豊かな食材、七つの地域文化が息づく地域づくりに力を入れることと、何よりも地域の子ども達をしっかり守るという心構えが大事だと思うと話し、今回の大災害については、大崎市の被害状況の特徴をしっかり分析して、大災害が与えた影響を考えてみる事が大切だと言い、これからは、母なるものの考えを根本において地域再生を考えた方が良いのではないかと話しました。

この後は、フロアーから具体的な復興に関する意見や、大崎市が自然再生可能エネルギーに積極的に挑戦してゆくべきだとか、プール使用については放射能物質の問題があるので、子供たちの将来の健康のことを考えてその日の放射能の値などもマメに情報として知らせてほしいという要望も出されました。

主な意見としては、自治体病院建設に関する意見や原発問題を契機にしたエネルギー問題などと、高齢者や、一人暮らし、弱者に対する行政の申請主義の限界などを感じさせられる発言が多かったようです。

午後4時まで、熱心な意見交換が行われました。

来週からは大崎市議会主催の東日本大震災対策調査特別委員会が大崎市8会場に分け、市民の大震災の体験や意見などを災害復興に活かすために意見交換会を行うそうです。

地域のニーズをくみ上げる仕組みをつくることはとても大事なことだと思いますので、いろいろな所でご自分の考えを述べて頂きたいと思っています。

7月11日古川地区(Fプラザ多目的ホール)19:00~20:30
         (長岡地区公民館)19:00~20:30 
  12日松山地区(松山公民館2F軽運動場)19:00~20:30
  12日田尻地区(沼部公民館 視聴覚室)19:00~20:30
  13日鹿島台地区(鹿島台総合支所大会議室)19:00~20:30
  13日三本木地区(三本木総合支所ふれあいホール)19:00~20:30
  14日鳴子温泉地区(鳴子公民館)13:30~15:30
  14日岩出山地区(岩出山総合支所大会議室)19:30~20:30

今日のガンディーの言葉「真実を話すには、繰り返し、繰り返し、自分の言葉を良く考えて言わねばいけない。」「単純の中で大きさがあるように、良きことは存在している。決して豊かさの中ではない。」

投稿者 jizai3 : 2011年7月 9日 20:32

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)