« 暑い夏には、青汁と梅干しが効果的! | メイン | おめでとう” なでしこJAPAN”世界一!! »

2011年7月17日

暑さのピークは今日までと…


お花畑のようなきれいな絨毯は、加美町のやくらいガーデンの2f・素敵な結婚披露宴会場に敷き詰められていた絨毯です。

外の暑さを忘れてしまうくらい静かな空間で、ゆったりの時間を過ごして久しぶりに充実感がありました。

あの日から5日が経過しても暑さは増すばかりで、連日真夏日が続いていますが…大型台風が近づいているようでTVでは「暑さのピークは今日まで!」と天気予報士は告げています。
でも「本当かしら?」と、思ってしまうくらいに気温は上昇している感じです。

今日は朝からギャラリーにいますが、室内にいても真夏の陽射しが非常に強いことが解ります。

東京で暮らす友人が「今年の暑さには参ってしまう!夜も寝苦しくて!!」と℡をかけてきました。

節電を心がけているけれど…この前の夜中、暑くて目が覚めて起き上がろうとしたらすごい眩暈がして…大声で娘を起こして、何とか大丈夫だったけど、死ぬかと思ったわと言っていました。

意識が薄れてゆきそうになって、怖かったとも言っていました。

「救急車を!」と、娘さんは思ったそうですが…アイスノンや保冷剤で冷やしたら顔色も良くなってきて意識もはっきりしてきたので、居間のエアコンをかけたままにして朝まで過ごしたそうです。

翌朝は、8時頃に普通通りに起きることが出来て、大事には至らなかったそうですが…暑くて暑くて目覚めたから良かったけどあのままだったら「室内で睡眠中に熱中症で亡くなる!!」という記事になったかも知れないわねと話していました。

「人間なんて、考えてみれば儚いものね!」と言っていました。

彼女は、東日本大震災以降、心がくすんでしまったそうです。

あの大震災で亡くなった多くの方々の不条理な死を考えると、胸が痛くて仕方ないと言い…気持ちが沈んだままで晴れ晴れすることが無くてと、言っていました。

「巨大地震と大津波だけでも大変なのに、福島第一原発事故は最悪ね!それなのに、脱原発に舵を切った菅さんのことを散々けなして、身内からも批判が出て、菅さんだって民主党の選挙で選ばれた代表なのに、政治家にモラルハザードが起きていると思うわ。私は誰が何と言っても菅さんを支持する。原子力なんていらない!電気はほしいけれど、原子力はイヤ!孫のことを考えたら今すぐにでも原発はSTOPしてほしい。安全神話なんて大嘘!核は核なのよ。原爆を落とされた国なのに…核の平和利用なんて、偽善だわ!!」と吐き捨てるように言いました。

普段はどちらかというと穏やかな人なのに…意外でしたが、彼女の言うとおりだと思いました。

3・11を境に日本は大きく変化してしまったのだと思います。

どんなにあがいても、私たちはもう3・11前の生活には戻れなくなったことを認めて生きるしかないのだと思います。

これからの日本の再生を考えるには、この現実をスタートラインにして人の生き方、国の在り方を一人一人が真剣に考えなければいけないと思います。

若い頃、教員をしていた彼女の言葉には切羽詰まったものがあり、私も憂鬱な気分になりましたが…避けては通れないような気持ちになりました。

今日、私は、宮沢賢治の詩「私が先生になった時」を思い出しました。

私が先生になった時 自分が真理から目をそむけて 子供たちに本当のことを語れるか

私が先生になった時 自分の未来から目をそむけて 子供たちに明日のことが語れるか

私が先生になった時 自分が理想をもたないで 子供たちに胸をはれといえるか

私が先生になった時 自分がクラスの外にいて 子供たちに仲良くしろといえるか

私が先生になった時 一人手を汚さずに自分の腕を組んで 子供たちにがんばれといえるか

私が先生になった時 自分の戦いから目をそむけて 子供たちに勇気を出せといえるか

~~先生を親に置き換えたりして、それぞれに自分の立場で真摯に子供たちと向き合う場面を想像してみると人間としての生きる真実が見えてくると思います。~~

今日のガンディーの言葉「天空の下で眠っているような人を、誰が奪うことが出来ようか。」「我々は、何かを差し出そうとする時、自分自身の真なる部分を差し出さねばならない。」

投稿者 jizai3 : 2011年7月17日 15:15

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)