« 名前に込められた親の祈り! | メイン | 放射能問題の奥深さ...止まらない汚染牛の報道! »

2011年7月20日

一時の涼しさは、台風6号の影響…


大型で強くノロノロ台風6号の影響をTVで見て…猛烈な雨の降り方に恐怖を感じています。

この台風6号接近の影響でしょうか…宮城県大崎市の上空一帯はどんよりとした厚い雲に覆われているようです。

これまでの暑さが信じられないくらいに涼しい風が吹いています。

東北地方には海上がしける見込みがある為、太平洋側や日本海側南部では雨のところが多くなり…大雨の恐れもあるという予報を出しています。

海岸沿いの高波や、土砂災害や浸水などにも警戒するように呼びかけています。

TVの映像から流れる台風の被害は甚大で、空の便も新幹線も高速道路も、欠航や一部区間での運転見合わせなど…いろいろな所に大きな被害を与えています。

今後も激しい雨の恐れがあるとして、以前厳重警戒注意報が続きそうです。


行方不明者や怪我人も出ているようですし、避難勧告が出されているところもあり…次々に避難する人々の姿も映し出されています。

これほどの大きな台風が真夏に来るとは…秋の台風シーズンならいざ知らず、今回の台風6号は後から発生した台風7号も巻き込んで更に大きくなったそうです。

TVでは、午後2時頃の様子で、台風が過ぎ去ったと言われている和歌山県白浜町の様子を映しましたが、海岸に打ち寄せる白波のすごさには身がすくむ思いでした。

被災地にも土砂災害の恐れがあるという注意報が出されましたが、大震災の後だけに被災地にやって来る台風がもたらす雨には厳重注意が必要なようです。

もうさんざん痛めつけられた被災地が、又、自然災害を警戒しなければいけないということには恨めしささえ感じてしまいます。

「もう、いい加減やめてほしい!もう、これ以上痛めつけないで下さい!!」と、お願いしたい気持ちでいっぱいです。

それから「出来れば東北地方を避けて、遠い海上へ抜けて行って頂けませんか?」とも、言いたいのですが…

このような台風6号の話題の中でも "なでしこJAPAN" 大活躍の話だけは心弾む話です。

「大和撫子」~~小さくても強く、でも決して出しゃばらないという理想の日本女性の姿は、今最も多くの人々から熱く注目されているようです。

優勝の時に「TVを見ながら応援していて涙が出た!」と、いう人がたくさんいらっしゃることを知って…お互いに何度も喜びを噛みしめ合えることが毎日の嬉しい話です。

今日のガンディーの言葉「嵐がどんなに強くても、どんなに暗闇が暗くても、何処で神が我々の保護者であり、友人であるのですか。何故、そして、誰を恐れるのでしょうか。」

投稿者 jizai3 : 2011年7月20日 14:55

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)