« 一時の涼しさは、台風6号の影響… | メイン | スロウ・リーデングの物語のさわりを読んで… »

2011年7月21日

放射能問題の奥深さ...止まらない汚染牛の報道!

地元紙大崎タイムス社が今朝の第一面で「被曝懸念の牛200頭出荷」と報道しました。

稲わらは、原発事故発生前から、又その後も田んぼに横倒しになっていたようですし、事故後に地面から生えた牧草と比べると被曝面積が大きかったそうです。

福島第一原発で放射能事故が起きた直後に「露地野菜」などに対しても被曝の危険性があるという情報が出ていましたので…野ざらしにしていれば稲わらも麦わらも被曝の危険性は当然出てくるものと思われます。

以前に、ある方から「牛も家族、飢えさせるわけにはいかない!」という言葉を聞いたことがありました。

その時、私は「自分の子どもや孫にでも、同じことが言えるの?」と聞き返したのですが…すごく嫌な顔をされて、この話は中断してしまいました。
このあたりから、ある種の危険性は想定内だったのではないかと私は思っています。

豚は稲わらを食べない?~~ので大丈夫と聞きましたが…3.11以来心配な出来事ばかりが次々と起こり、本当にうんざりしています。

汚染わらを食べたとみられる牛の数も日増しに増えて…心配は募るばかりです。

全農宮城本部では、19日に組合長会議を開いて出荷を見合わせることを決めたそうですが、いつ何を食べさせたかの履歴調べも大事かも知れませんが、正しく放射能性物質を測定する機器を揃えて一日も早く全頭検査をすることが先だと思います。

現実問題を直視することが大事で、そこから解決策を諮るべきだと思います。

もうこれ以上、放射能汚染牛の頭数が増えるニュースには耳を塞ぎたい気持ちです。

今のところ「食」しても直ちに健康被害を心配する線量ではないという発表がなされていますが、この発表そのものが信じられないと言い、直ちに無いという事は、いずれは起きるかも知れないという事を十分に含んでいる言葉で…本当に信じられない言葉だと言っている人たちがたくさんいるのです。

「原発のウソ」の著書の中で「安全な被曝量など存在しない!」小出裕章先生は、はっきりと語っていらっしゃいます。

人が生きる上で、信頼すべき人や物事や事象を信頼できないという事は本当に悲しいことですし、風評被害にも拍車をかけてしまうことになりそうで…気持ちは沈むばかりです。

今回の福島第一原発事故で「安心で安全だ!クリーンで安価なエネルギーだ!!」という原発神話の大前提はすっかり崩れ去りました。

政府発表の行程表ステップ1についても「楽観的過ぎる!」と心配している方々もたくさんいらっしゃいます。

原子力から得る電気には私自身たくさんの恩恵も受けましたが…2011.3.11福島第一原発事故が発生してから、私の考えはまるっきり変わりました。

原発は人間とは決して共存できないもの
だという結論に至りました。

原発のリスクの大きさには背筋が凍る思いです。

日本の子供たちの未来を守る為に、今こそ、原発の危険性を真剣に訴え、原発の恐怖を警告している方の言葉に、私たち日本人はしっかりと耳を傾けなければいけないと思います。

今日のガンディーの言葉「間違っていた知識に目をひからかそう。この知識は、真理を止め、真理を離脱させる悪い知識である。」

投稿者 jizai3 : 2011年7月21日 19:00

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)