« 松小サマースクールのボランティア(○つけ作業)を通して… | メイン | 甲子園出場おめでとう!! »

2011年7月27日

初優勝の古川工業の健闘を讃えて!


昨日は、午後からギャラリーにはいろいろな人達が集まり、全国高校野球宮城大会決勝戦の様子を見守りました。

松山中学校の卒業生の中にも古川工業硬式野球部に入部をした野球好きの子供たちがいましたので…TVを観戦しながらみんなで声援をおくりました。

素晴らしい試合展開でとても感動しました。

松山地域からも数人の方々がクリネックススタジアム宮城に応援に行ったそうです。

この地域からは、これまで甲子園出場を果たしたことがありませんでしたので「宮城における甲子園空白地帯」などとも呼ばれていたようですが…東日本大震災後の初優勝は、とても感慨深く嬉しい出来事となりました。

宮城県からは、私立強豪高校(東北・育英)が甲子園へ行くことが多かったのですが今回は大崎市古川地区から古川工業高校が甲子園の出場権利を得て出場します。

公立高校の出場は9年ぶりになるそうです。

この夏の宮城の決勝大会が公立高校同士(利府対古川工業)という事も良かったことでした。

古川工業高校のプレーには力を合せてゲームをつくって行くという気迫がありました。

古川工業高校のエース山田君は大変落ち着きのある投手で高校生とは思えないような風格があり、頼もしく思えましたし、他の部員も頑張っている山田君を何とか助けようとチーム一丸となって、利府高校に立ち向かっていたと思います。

感激の初優勝でした。

感激の試合を観た後には「甲子園行きの嬉しい資金集めが大変だね!」とみんなが心配し始めました。

今回の嬉しいニュースは、東日本大震災からの、宮城の復旧・復興のシンボルにもなることなので、若い子供たちが全力で闘ったことを評価しての協力は私たちもしたいと思っています。

甲子園大会は8月上旬ですから、甲子園行きの応援団は、古川工業高校の同窓会や大崎市を中心にしての結束が必要だと思われますが…心弾む結束になりそうですね!

今日のガンディーの言葉「運命と人間の努力との間には、長く続けられる葛藤がある。努力を続けよう。そして、その結果は神に委ねよう。」

投稿者 jizai3 : 2011年7月27日 12:32

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)