« 不可解な合成写真とアナウンスに腹が立って… | メイン | 新聞週間の時の謝罪に意義を感じて… »

2012年10月19日

言論の自由も行き過ぎには疑問符が…


落ち葉の季節が近づきつつあります。

昨日、大阪橋下市長「週刊朝日」の件で、親会社である朝日新聞社を激しく批判して朝日系列の取材拒否を宣言しました。

その後、夜になって「週刊朝日」は、記事の中に不適切な記述が複数あったと週刊朝日編集長の名前で謝罪コメントを発表しました。

しかし、この件に関して橋下市長は「次号の内容は、朝日新聞グループとしての見解を受け止める。」と言い、次号の扱い方を冷静に見るといとうスタンスをとりました。

私も今回の「週刊朝日」の記事を目にすることが出来ましたので、読んでみましたが…言論の自由の自由権も行き過ぎは大変醜いものだと思いました。

行き過ぎた記事は、言論の自由という表現の根幹を揺るがすものでしかなく、自滅への道に繋がるものだと思いました。

名誉棄損とか、侮辱罪にも抵触してしまうのではないかと思いましたが、もうお亡くなりになっている方には、これらのことは当てはまらないということだそうです。

現大阪市長である橋下氏のルーツを辿ることで橋下 徹という人物に迫ろうという記事そのものに大きな疑問符を感じましたし「ハシシタ 奴の本性」などという緊急連載のテーマにも私は強い抵抗を感じました。

今更、行き過ぎた今回の掲載記事「週刊朝日」に対して100%の出資をしている天下の朝日新聞社が一切関係ございませんとは言い切れないと思います。

マスコミ取材の行き過ぎ記事は「一般の人々が望んでいるから…」という言葉を聞いたことがありますが…それは嘘だと思います。

国民のせいにはしないでほしいと思います。

個人であれ、公人に関することであれ、行き過ぎて下品だと感じる言論の自由の濫用は大変危険だと思います。

でも、それを自重するブレーキは、マスメディアが自らかけるべきだと私は思いますし、それが出来るのがマスメディアだと思います。

今回の週刊朝日の取材記事に関しては取材した側が多いに反省すべきで…橋下市長にきちんと謝罪して許しを請うべきだと私は思っています。

今日のガンディーの言葉「間違ったことを認識する事によって、人は泣き、人は怒り、人は笑います。しかし、このような事の代わりに、私共は、間違ったことを認識する事を静かに排除するように務めることが人の使命ではないだろうか。」

投稿者 jizai3 : 2012年10月19日 19:11

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)