« 言論の自由も行き過ぎには疑問符が… | メイン | 困難な時こそ話し合いを… »

2012年10月20日

新聞週間の時の謝罪に意義を感じて…


週刊朝日」が大阪市長橋下 徹氏を題材にした連載記事を中止する発表しました。

私は、新聞週間のこの時期の連載Stopの判断と朝日新聞社広報部のお詫びの言葉には意義を感じました。

今回の出来事を深刻に受け止めていることが伝わりました。

表現の自由という自由権は人類が良く発展する上ではとても大切なことであり、守るべき権利だと思います。しかし、今回のような連載記事は、度を越しており、差別や偏見には一際敏感に対応してきた朝日新聞社の報道姿勢とは思えないような記事だったと思います。

又、ノンフィクション作家・佐野眞一氏のコメントは、全ての対応は週刊朝日に任せると言い、配慮を欠く部分があったことについては遺憾の意を表しますと話していますが…共同で制作した連載記事である限りは、他人事のように聞こえてしまう遺憾の意を表すという表現でなく、ストレートに申し訳ありませんでしたと自分の言葉として謝罪すべきだと思います。

人間は誰もが完璧ではなく、不完全なのですから常に過ちを犯すものだと思います。

しかし、問題を指摘され、過ちを認めたのであれば素直に謝罪すべきだと思います。

マスメディアには、もともとこのように問題提起をしながらも、間違った報道を正す役割も同時に担っているところだと思いますが…時間を置かずに早速謝罪をして記事の連載を中止すると即断したことは朝日新聞出版の親会社である朝日新聞社の判断はとても良かったと思います。

表現の自由があるからこそ、決して自滅の道を辿らないように自らがそれぞれに気を付けなければいけないことだと思いました。

それから、今回の出来事は、マスメディアだけでなく、私たち一人一人も気を付けなければいけないことだと思いました。

言論の自由という素晴らしい自由権を如何に使うかは人間一人一人に課せられている問題だと受け止め、この素晴らしい権利が理想社会を構築するのに役立つように使われることを祈りながらペンを持つ覚悟を再認識することに繋がることを願ってる私なのですが…

今日のガンディーの言葉「取り巻く環境に奴隷の如く生きている人は、心が鈍くなっています。」「一つの種から生まれる全ての活動は、同じ種とお互いに混じり合う。」

投稿者 jizai3 : 2012年10月20日 11:21

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)