« 昨晩開催の第5回「フランク永井歌コンクール」についての1回目歌コンの会議について | メイン | 行政監視委員会は、被災地の怒りを如何に受け止めるのか? »

2012年10月24日

意外と見えにくい本当のこと…


放射冷却による今朝の急激な気温の低下に戸惑いを感じた人は多いようでしたね。

「風邪気味で...」という方の声が聞かれるようになりました。

私も今朝の冷え込みの厳しさには本当に身震いしました。

主人も「寒い!寒い!」を連発していましたので…今朝はファンヒーターのスイッチも入れました。

寒い時には心温まる話題を求めたいと思うのですが…先日の夜の報道番組で、いじめに遭っている中学生が不登校をせずに一人別室で勉強を頑張り、テストの結果は上々なのに教室で学習を受けていないということで学習意欲が無いと内申点評価をされて、親子共々大変悩んでいる状況が映し出されていました。

大村知事がこの番組を見ていて「配慮したい」というコメントを出していましたので、期待したいなと思っていますが…少し考えただけで解ることだと思いますが、いじめに遭って辛いのに、高校進学をしたい一心で…校内の別室で一人っきりでも勉強をするということは、それだけでも学習意欲が非常に旺盛な子供であるのにと私は思いました。

これまでも、内申点評価の問題は多々あったと思います。

私が学習塾を経営していた時にも中学生にとって内申書のことは大きな関心事でした。

「内申点で評価されたくない!」という子どもたちの声は、以前、何度も聞いたことがありました。

人を評価するということは本当に難しいことだと思います。

突き詰めて考えてみますと、同じ人間が同じ人間の評価など果たして出来るのだろうかと…私は思っています。

人間にはいろいろな面があります。

人によって接し方も変わりますし、見方も違います。

まして、先生と生徒の間でなされる内申点の評価などは、テストの点数評価では無いのですごく難しいと思います。

今回のことは、いじめに遭っていても登校して別室で勉強するという行為そのものを正しく観察して、かなり学習意欲が高いと評価すべきだと思います。

本当のことが良く見えないことは世の中には多々あるものだと思いますが、日本の未来を担う子供のことに関してはくれぐれも慎重に対処すべきだと思います。

現代のような情報氾濫時代に生きている私たちには、いろいろな事柄を見極める確かな目と確かな心を持つことが求められているように思えてならない私なのですが…

今日のガンディーの言葉「真理は、確固たる信念が常に伴っていなければならない。」

投稿者 jizai3 : 2012年10月24日 14:19

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)