« 行政監視委員会は、被災地の怒りを如何に受け止めるのか? | メイン | フランクさんの命日にはお墓参りをしてからレコード鑑賞会へ »

2012年10月26日

憲法改正への動きが高まっても決して戦争をしない国であることが大事!


昨日の午後は、石原東京都知事が知事を辞任して今後は衆議院議員として国会でもう一仕事をしたいという記者会見があり、いよいよご自分の気持ちを固めたようでした。

石原慎太郎さんは、80歳です。

若い人にはもっとしっかりしてほしいという気持ちを強く抱いているようですが、国政をこのままの状況にしておけないというお気持ちなのだろうと思いましたが…素晴らしくエネルギツシュな方だなと本当に感服をしております。

知事を途中でお辞めになることについては反対の御意見もあるようですが、中途半端と言われてもご本人にはそれ以上の熱い思いがおありなのだろうと思いました。

石原氏は、尖閣問題で大きな問題提起をし、結局は国が尖閣を国有化して今の中国との関係悪化を招いたようなことになっていますが…中国にすれば中華思想を根本にして反日教育に拍車をかけ国民の反日感情を煽り、これ幸いにとばかりに強硬な手段に出てきているのだろうと思います。

中国側からすれば、全ては想定内の出来事だったのではないかと思うのですが…

私は、日本国が尖閣を国有化したことはいいことだと思いますが…誰にも言わず公表もしないでむしろ内緒にしておけば良かったのではないかと思っています。

今後は、間違っても軍事衝突など決して起こさないようにくれぐれも注意を怠らないことだと思います。

石原新党の動きがこれからの第三極と言われる人々の集まりにどのような影響を与えて行くのかということを注視してゆくべきでしょうが、バラバラな第三極の面々がどこまで協調路線を貫けるかで勢力図は変わってくると思います。

しかし、このところのナショナリズムの気運の盛り上がりも大変気になっています。

この気運の盛り上がりも度が過ぎると怖いことになりますから…

とにかく私は日本が二度と戦争をしない国であり続けることが一番良いことだと信じています。

今日のガンディーの言葉「人生が薔薇にたとえられる。人生も、又、棘がいっぱいあるからだろう。」

投稿者 jizai3 : 2012年10月26日 12:00

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)