« 大きな揺れに驚いて… | メイン | 地域の老人会「百寿会」の楽しい忘年会が終わって… »

2012年12月 9日

雪降りの寒い朝を迎えて…


12月9日(日)午前10時半の大崎市松山文化丁区表通りの松山派出所交差点前の様子です。

交番の屋根にも雪が少し積もっていて、派出所も寒そうに見えます。

今朝は、もっと雪が積もっているかなと思って目覚めましたが、それ程の積雪ではありませんでした。

メイン道路は雪掃きが行われて車の流れはスムーズです。

12月も残すところあと3週間ばかりですが、本格的な冬の訪れに向かって日々寒さが厳しくなるようです。

この頃、私の知り合いなどでも「投票へ行くのやめようか…」と思っているという人の言葉を耳にするようになりました。

私は「投票所へは、どんな事をして行くべきだと思う。白票を投じることになっても行くべき!」と言っていますが…政治不信の大きさは想像以上です。

「何を基準にして投票すべきなのか、どこの党へ入れたらいいのか解らないという答えが圧倒的で、日本の危機的状況の時に、何故、政治家の人たちは協力をして日本を良い方向へ向かわせることが出来ないのか、不思議だ。このままでは誰がトップになってもどこの政党が政権を取ってもお互いの足の引っ張り合いを見せ付けられるだけで政治家なんて信用できない。」というのです。

内心ではその通りと思いながらも、こんな時には消去法で考えて、出来るだけ誠実な人柄の政治家へ一票を投じるべきだと思うと言いました。

寒さ厳しい時には、美味しいお茶など飲みながら、じっくりといろいろなことを話してみることもいいことですね。


先日、とてもきれいなお菓子を戴きました。

茄子や大根、お芋、バナナを彩ったきれいな和菓子を食べながらのティータイムはお話が盛り上がり充実の時間となりました。

人は、意見の相違を超えてじっくりと話すことが大切なことのようです。

話しても解らない人や通じない人もいると思いますが、それでも話し合うことは必要だと私は思います。

ですから、寒さ厳しい季節にこそ心が温まるような環境を整えて、美味しいお茶などを戴きながらじっくりと話し合う、大事な人との時間を大切にしたいものだと思います。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 2012年12月 9日 11:17

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)