« 約束は守る為のものか、それとも破ることを前提としたものなのか | メイン | 話すことの大切さ… »

2013年2月17日

鳴子温泉郷の足湯のCMに吉永小百合さんが!

昨日、JR東日本「大人の休日」のCMで、あの大女優の吉永小百合さんが鳴子温泉郷の足湯につかっている映像を見てとても驚いた私です。

もっと以前からも流されていたのでしょうか?

私が気づいたのは昨日でした。

その後、お店が繁盛すると言われている仙台四郎のCMも見ました。

きっと、東日本大震災で元気を失くした被災地を励ます為のJR東日本のCMだと思いましたが…すごく嬉しく思った私です。

吉永小百合さんは、作曲家である吉田正先生の門下生で、フランク永井さんのことも良くご存じの方で同じ吉田先生の門下生ですから何かしらの温かいご縁を感じてしまい、私たちフランク永井歌コンクールの実行委員会は、第5回「フランク永井歌コンクール」を来月にしてとても元気づけられた思いをしています。

又、昨日、大崎市松山地域では第15回「ねたきりゼロ」うんどうのつどいが開催されました。

65歳以上の元気な方々が演芸発表会と作品展示会を行いました。

大崎市松山老人クラブ連合会と松山まちづくり協議会(健康福祉部会)が主催して行われました。

一昨日、いらしたお客様の中には「明日ねたきりゼロ運動でカラオケを歌うので練習に来ました」という方がいらして元気に練習をしてゆきましたが…Fさんお得意の曲「夫婦旅」を披露したようです。

私が暮らす文化丁区では、区長夫人が中心となって「おらほのラジオ体操」をご披露してとても好評だったそうです。(東日本放送の個性的な本間アナが、1,2,3、と号令をかけているとても面白いラジオ体操です。)

それから、今日は大崎市が推奨している「音楽が聞える都市づくり」の企画で、大崎市松山公民館と市民サークル「松華蔵」が主催で開催される「如月コンサート」が午後2時から大崎市松山老人福祉センターで行われます。

出演は、Soil(ソイル)のお二人です。(2010年12月結成)

ヴァイオリニストであり、ドラマー、パーカッションも担当する佐藤実冶と、ピアノとヴォーカル担当の及川久美子によるデュオです。
クラシックを軸に様々なジャンルを取り入れた「二人五役」の多彩な演奏を楽しむことが出来る「如月コンサート」です。

早春の大崎市松山地域は、音楽を愛する人々が集まって歌を唄ったり、踊ったり、いい作品を観たり、ヴァイオリンやピアノの音色を楽しんだりしながら訪れる春を待ち望んでいるのです。

*明日は第5回「フランク永井歌コンクール」へ向けて5回目の実行委員会が大崎市松山総合支所分庁舎で午後7時から行われます。

今日のガンディーの言葉「良い考えは、香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 2013年2月17日 11:14

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)