« 「謝罪」することの難しさ… | メイン | 自己否定の根底には他者からの承認を求める欲求が… »

2013年5月20日

納税の時期で賑わう銀行の窓口で…

今日は、午前中に固定資産税と自動車税を納入する為に銀行へ出掛けました。

銀行の中には大勢の方々がいらしていて、手には私と同じように納税通知書を持っていました。

30分ほど待たされてから支払いが完了しました。

1回目の切符の納税期限が5月31日ですので…もうしばらくの間、銀行は混み合うことと思いました。

コンビニ支払いもOKになっていますので銀行の方が空いているのかなと思いましたが…想像以上に銀行は混み合っていました。

私たちには納税の義務がありますが、税金を使う方々には税金を有効的に使う責任があると思いますので、決して無駄遣いすること無く大事な血税を使ってほしいと願っています。

銀行から戻ってくると、先日の満徳寺のお祭り(5/17)のことを教えに来たくれた方がいらして、お祭りの話をたくさん伺いました。

大崎市松山地域は、古い歴史を持つ小さな城下町ですが満徳寺の歴史はとても興味深く聴くことが出来ました。

地域の古い歴史を繋ぐことは私たちの年代にとって大変重要なことだと思いますが…敢えて意識しながら残すという意思を強く持って地域の良いものを残して行く努力をしなければいけないと思いましたが…Tさんの話はとても面白く興味をそそられるものでした。

千手観音様の話や大日如来様の話をたくさんして、最後には終活の話になり死生観やお墓の話にまで発展してしまいました。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 2013年5月20日 15:01

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)