« 今日から10月がスタート!値上げの秋は何時まで続くのでしょう… | メイン | 祈りの姿には日本人の原点が… »

2013年10月 2日

決断を示した安倍首相の正式表明…

強い決断力を表明した消費税増税の安倍首相の記者会見を見て…やはり、現政権のトップである安倍首相の自信と勢いを感じました。

安倍首相は法律で決めたことを、私が熟慮の末に決意した」と、はっきり述べていらっしゃいました。

その後の、夜の報道番組にも生出演をして国民に理解を求めていた首相の姿がとても新鮮に映り…つくづく発信力のある方だなと私は思いました。

オリンピック・パラリンピック招致の時のように自信に溢れ、三党合意に基づいてということではなく、私の安倍政権で行うということを強調していたように見えました。

本当に賃上げに繋がるのか、復興特別法人税の廃止など…疑問を感じるところもありますが「消費増税は、全て社会保障に充当する」と繰り返し話していらした部分がとても印象的でした。

でも、社会保障はすぐに足りなくなると思いますので、一体どこまで上がるのか、それを私たち国民がどれだけ負担すべきなのか…そのほうが心配になってしまう私です。

グローバル社会の中で生きている以上、もはや経済は一国だけの問題ではありませんので…そのような不安定要因の高い経済成長に力点を置くことには反対です。

成熟社会を目指すなら、他国からの影響を受けやすい経済成長はほどほどにして、もっと違うことを大切にして生きることに力を入れてほしいと思っていますが…経済界だけを優遇しているように思うのは私の偏見でしょうか。

経済界に重きを置くなら、脱原発への方針転換を期待することは難しいことだろうなと思いながら…高い発信力ある首相の姿を見て、残念だなと思いながら消費増税に関する正式表明のTVを見ました。

増税をした結果少しでも良い社会になるならいいと思いますが、私たち国民の負担だけが増えて少しも良くならないなら…と、考えてしまいますとホント嫌になってしまいますね。

信じたい気持ちはあるのに、信じ切れない自分の気持ちを無視することも出来ずに…憂鬱な気分を晴らせずに中途半端な思いに囚われている私です。

今日のガンディーの言葉「認識の試金石は、自分と自分を作ってくれた造成主の間の真実な調和の中に存在している。」

投稿者 jizai3 : 2013年10月 2日 13:18

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)