« 今朝起床時の我が家の室温は12℃…寒い朝がやって来て… | メイン | 新聞休刊日の朝は寂しさを…寒いこんな日にはアツアツの鍋焼きうどんがいい! »

2013年11月10日

失った信頼を取り戻すには大きな努力が必要…日本人としての原点に立ち返ることが大事!

「謝罪シーン」が毎日のようにTV画面に映し出されています。

私が幼い頃、何度も繰り返して刷り込まれた言葉として「悪いことをして他人を騙すことが出来ても、騙した本人と大いなる存在の方はその事を知っている。」ということでした。

ですから、誤魔化すことは本当にいけない事だと思って育ちました。

それでも、時々は悪いことをして仏壇の前に座らされて頭を下げたことがありましたが…幼い私には、怖い言葉でした。

確かに自分と大いなる者は騙すことが出来ないと思いながら大きくなりました。(全てのことは、自分以外の誰かが知っていると考えることはとても怖いことだったのです)

平気で自分を騙すようになったなら、これはもう人間性の低下と言わざるを得ないと思いますが…相手が気づかなければ良しと考えて、むしろ騙される人が悪いという考えをしてしまう事もあるようです。

嘘も言い張れば嘘ではなくなるという人もいますし…死ぬまで騙せばいいのだ!嘘をつく時にはそのくらいの覚悟を持つことが大切だなんて言う大人も私の周りにはいましたから…

しかし、誤魔化しを正当化することは間違っていますし、騙す人がいけないのです。

誰にも解られなくても、人が見ていなくても、決して誤魔化しをしない日本国民へ、今こそ立ち戻るべきだと思います。

これは、私の友人から聞いた話ですが…あまり成績の良くないお孫さんだったそうですが…小学4年生の時の担任教師から「人が見ていなくても決して誤魔化しをしないところがY子さんの素晴らしいところです。整理整頓でも掃除でも、先生がいてもいなくてもいつも同じように取り組む姿勢はとても立派です。ご家族皆様で褒めてあげて下さい。」と言われたそうです。

私の友人は涙が出るほど嬉しかったそうです。

お孫さんは、両親が忙しく私の友人が1歳の頃から面倒をみていたそうですから…息子夫婦から「お母さんのおかげ様で、素晴らしい言葉を頂くことが出来て感謝しています。」と言われ…子育ての責任を大いに感じながらお孫さんをみていたので、すごく嬉しかったと話してくれました。

人が見ていても、見ていなくても手抜きをせずに最後まで責任を果たすことをきちんと習慣化して身に着けさせたことは本当に良い事だと思い、私も孫を育てる手伝いをした時に参考にさせて貰ったのですが…最近では要領のいい子が高い評価を受けたりすることが多いようですが…誤魔化さないで正しく生きるように導くことは教育の本筋だと思います。

しかし、海外旅行などをしますと、全てが自己責任の世界で「盗んだ人よりも、盗まれた人のほうが悪い。」ということがまかり通っているなと感じることが度々あります。

でもどう考えても、盗みはいけない事ですから、罪深いことだと小さい時からきちんと教えるべきだと思います。

今回の度重なる謝罪会見も…みんなが揃って行えば罪が軽減するとでも考えているかのように、謝罪そのものが軽くなってしまいました。

罰を受けるから誤魔化しをしないのではなく、経営者として、あるいは創業の精神に反する行為は決して行わないと自分自身と向き合って内なる声に恥じない生き方をすべきだと思います。

日本人がどのような国民性を持ち、これまで国際社会の中で評価を受けてきたかという原点に立ち返って猛省すべきだと思います。

そして、本来の日本人の在るべき姿を思い起こし、それぞれの分野で再度信頼を得られるような生き方を新たに構築すべき時だと思うのですが…

誤魔化しをしながら暴利を貪るような生き方は、最も日本人には似合わない生き方であることを強く自覚すべきだと思います。

今回の謝罪問題で思うのは、価値観の多様化などと言わずに、もっと日本人として子供から大人まで誰もが頷けるような純な価値観をお互いに確かめ合うことが重要なことだと思います。

今日のガンディーの言葉「一つの約束を破るということは、他の約束を破ることに明確に繋がる。」「人生のどんな時でも、私は、神の存在を認識出来る。それは、誰かを恐れているからだろうか。」

投稿者 jizai3 : 2013年11月10日 11:16

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)