« 寒い時期に暖かい陽射しが注ぐと得したような気分になって… | メイン | 社会の在り方を決める重要法案がこんなにも簡単に決定してしまってよいのだろうか? »

2013年11月17日

脱原発を主張する元首相の言葉に妥当性を感じて…

小泉元首相が、記者クラブで演説を行った報道が流れてからだいぶ経ちます。

元首相が「今、安倍首相が持っている権力を使えば脱原発は出来るはず...」と発言したことが大きく捉えられ、巨大政党の自民党に動揺を与えているようです。

以前の小泉さんは原発推進論者だったとして考え方の変化を認めないようなことを発言する人もいるようですが…国内で起きたあの3.11以降に考え方が変わった人は相当数いらっしゃることと思います。

あの東日本大震災後に人生観が変わったと答える人を責めるよりも、変わったことに妥当性があると認めることの方がずっと大切だと私は思います。

原発の「安全神話」を信じていた人たちが…原発は一度暴走すると人間の力では制御出来ないものだと解ったのですから。

それに、原発の最終処分に係る年月が何十万年とか、何千年とかと言うのですから…今現在生きている人が誰一人として見届けられないような物をこれまで通り推進しようとする方がどうかしていますし甚だ無責任だと思います。

最終処分場も決められないままにこのままの状況を認めることは出来ませんし、脱原発に向かうしか安全に人類が生き残る道はないと考えるべきだと思います。

それに、今日の日本は、一基も原発が動いていないのですから…

別問題はありますが…小泉元首相の発言には妥当性を感じる私です。

原発以外で、希望を感じられるようなエネルギー開発を期待したいと思っています。

そうすることが新しい日本の産業振興に役立つはずだと思うのですが…

但し、この原発問題には国の成り立ちの根幹に関するような重大事項が隠されているように思えてならないのですが…そのあたりのことがとても心配です。

そうであっても、地域独占企業の限界を感じた今こそ、大きくを切れるチャンスだと思います。

思い切って…」という決断に期待を寄せたい私です。

今日のガンディーの言葉「認識の試金石は、自分と、自分をつくってくれた造成主の間の真実な調和の中に存在している。」

投稿者 jizai3 : 2013年11月17日 11:22

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)