« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月28日

2月最後の日の朝に届いた嬉しいmail…


昨日の夕方の松山地域の田んぼの土の色ですが…春が近づいていることを知らせるには十分な土色に変化をしていました。

ところどころに汚れた雪がまだ残っているものの、自然は、確実に季節の変化を私たちに知らせているようでした。

今日で2月はおしまいです。

早いもので明日から3月です。

東日本大震災から、3年目を迎える3月11日がやって来ます。

今朝は私の大好きな人からとても前向きなmailが届きました。

彼女もあの震災から体調を崩して…すっかり元気をなくしてしまい、少しのうつ状態がみられ、かなり悲観的なことを言う時もあったのですが、身体の調子が良くなるにつれて考え方にも変化がみられるようになりました。

彼女の言動を通して…気持ちの持ち方、前向きな考え方、プラス思考の大切さなどを考えさせられることが多々ありました。

でも、彼女は自分のことで努力することの喜びを実体験を通して知ったようです。

精神面で強くなると、人は前向きになれるものですね。

考え方の変化が解るだけに、私は彼女の努力に敬意を払いたいと思っています。

「今後は、持続できるかどうか心配だけれども、あの日の落ち込みを忘れないで、生きているうちは前向き何回でもやってみる。」と、言っています。

3月を目前にして、とても嬉しいmailを受け取った私の気持ちは一足早く楽しい春がやって来たように弾んでいます。

今日はこの弾んだ気持ちでお客様たちをお迎えしたいと張り切っている私です。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 10:32 | コメント (0)

2014年2月27日

あの日からもうすぐ3年を迎えようとしているのに…

「春」と、呼ぶ日にふさわしい陽射しが降り注ぐようになりました。

毎日のように暖かさが増してくるようで、気分的には心地よい一日を過ごすことが出来ることが多くなって満足感を味わっていますが…あの東日本大震災からもうすぐ3年を迎えようとしているのに、これで良いのだろうかと思う事が目立ってきていることが気になっている私です。

26日に、国の新たな「エネルギー基本計画」案が明らかにされました。

原発の位置づけを政府案は「重要なベースロード電源」としました。

これから先の原発を減らして行くという方針とは矛盾する考えで、極めて解りにくいと感じました。

まるで福島での事故が無かったかのような案だと思い、とてもがっかりしている私です。

あれだけの事故を起こした原発の位置づけは、今の日本にとっては、あくまでも過渡的な電源だと思います。

取り返しの付かない事故を起こした日本の原発が、過渡的な電源であればこそ、今後、減らして行く電源としての位置づけは明確になると思います。

自民党の選挙公約は「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指す」という事だったはずですから、今回のエネルギー基本計画案とは矛盾を感じますし、整合性も見つからないと思います。

今後は、国会での与野党の議論を注視していかなければなりませんが…何事もなかったかのように振る舞う姿には欺瞞があり過ぎて醜すぎると思います。

私たちは、あの東日本大震災で起きたことから目をそらさずに、何が起きたのかを凝視すべきですし、漏れてしまった放射能はコントロールなどされていないという現実を誤魔化さないで受け止めることが日本人としての矜持だと思います。

この案に関しては、異論が出るのが当たり前のことだと思います。

当たり前のことを当たり前であると言えないとしたら…それこそ変な事だと私は思うのですが…

日本は、憲法によって言論の自由が保障されている国家なのですから。

如何なる時であっても、二度とあの暗い時代へ時計の針を戻すようなことだけはしてはいけないと強く思っている私です。

今日のガンディーの言葉「自己欺瞞の容量は驚くべきである。」

投稿者 jizai3 : 12:59 | コメント (0)

2014年2月26日

恐ろしさを感じる市民の財産の図書を破壊する行為…

たくさんの図書が破り捨てられた画面を見て…凍り付くような恐怖を感じたのは私だけではないと思いますが、平和を愛する国・日本で起きたことの現実に愕然となり大きなショックを受けている私です。

この度の破壊行為に対して、イスラエル大使館が300冊の「アンネの日記」を寄贈して下さるという報道を知り、ありがたいことだなとは思いましたが…皆の財産である市民の図書を破壊した行為を許せないと思っていますし、腹も立ちますが「アンネの日記」であることに深い意味があるような気がして…気懸りでなりません。

「アンネの日記」は、戦争の残酷さ、人種差別の恐ろしさ、平和希求の強い思い…感受性の豊かな年頃には、是非、読んでほしいと思っている書物ですし、教材に相応しい書物だと思います。

小学生の頃の私にとって本は一番の宝物でした。

今の私にとっても相変わらず書物は大切なもので…本から学んだものはたくさんありますし、自分という一人の人間としての原点の素になっているもので、本は私に考えることの大切さを教えてくれた私の師の存在でもあるのです。

ですから、どのような書物であれ今回の行為には腹が立って仕方ありません。

でも、今は、怖いという気持ちの方がずっと強くて…破り捨てる行為には何故?という思いを持っています。

この行為の目的は如何なるものなのでしょうか?

犯人像については、一人なのか複数なのか、検討もつきませんが…このような破壊行為が日本の図書館内で行われたことを想像しますと…怖くて怖くて、私の心は凍り付いてしまいそうです。

人々を怖がらせることが狙いであれば、犯人の狙いは達成されたことになるわけですが…

破られた書物が「アンネの日記」であったことが、不安で不安でたまらない私です。

今日のガンディーの言葉「自分の本当の価値を理解しようとせず、又、防御出来ることもしない人は人生の中で、他の何を防御することが出来ようか。」「病んだ肉体を耐え忍ぶことは出来るが、病んだ心を耐え忍ぶことは出来ない。」

投稿者 jizai3 : 12:28 | コメント (0)

2014年2月25日

物事の決め方


嬉しいことに、ここ2・3日…毎日ぐんぐん春めいて来ています。

昨日は、午後から夕方にかけて用事があり出掛けましたが…思いがけず私の探し物が見つかってとても嬉しかったです。

「決めつけはいけないな」と、反省した私です。

主人は私よりもずっと気長な所があって…一見すると短気なようですが、どうやらこうしてお付き合いをしてみますと気短さんは私の方のようです。

物事を決めつけずに、多面的に観察する目は確実に私以上のようです。

ですから、昨日も「無理無理!」と、言い張る私をなだめて…「一応、見てみよう…」と、私を誘って…結局は、私が欲しかったものを見つけてくれました。

このようなわけで、私が松山に戻る時には満足感に包まれながら帰って来ることが出来ました。

ところで、最近のTVの中継で見る国会ですが…物事の決め方がとても乱暴になったと感じている私です。

時の政権の閣議でもって、重要事項を決めようとしているようですが…このような物事の決め方には大きな不安を感じてしまう私です。

与党の閣議だけで重要なことを決めるのはおかしなことだと思います。

与野党一緒に、たとえ弱体化している野党であっても国民の代表者である国会議員が揃っているところで重要なことであればあるほど…出来るだけ多くの人の意見を聞きながら、少数意見にも耳を傾けながら、物事を決めるべきだと思います。

数の原理だけで先走って物事を決めることは大変に危険なことだと思います。

特に憲法に絡む問題には慎重であるべきですし、日本は二度と戦争をしない国で在り続けるべきだと思います。

その為には、時の政権の閣議だけで全ての重要な問題を決めさせてはいけないと強く思っている私です。

強気であることも大事なリーダーの要素だとは思いますが、謙虚さを忘れた人間が犯すミスは取り返しがつかないことが多いことは歴史的に見て真実だと思いますので…そのような時には、周りにいる人や側近の人々が大きな注意を払う必要性があると思います。

大切なこと決める時には、十分な時間をかけ、反対の意見にも耳を傾けながら、冷静で、尚且つ慎重であるべきだと思います。

今日のガンディーの言葉「心にあることは、遅かれ、早かれ、必ず出てくるに違いない。」「きれいな心から叫ばれた言葉は、決して空しく進まない。」「果てしない忍耐を持たない人は『非暴力』を観察することは出来ない。」

投稿者 jizai3 : 11:46 | コメント (0)

2014年2月24日

春を感じる朝、耳に入って来た情報は…

今日は朝からめっきり春めいた感じで…この前までの寒さを忘れてしまいそうな一日のスタートとなりました。

今日一番の情報は、4月に行われる大崎市の選挙のことでした。

今回でリタイヤしてしまう議員の話や、出馬を決めた人の話など…いろいろでした。

今、私の周りで平成の合併が成功だったという話は全くと言っていいほどありません。

もう少し時間をかけて吟味すべきだったという話ばかりです。

自分たちが暮らす地域のことが自分たちで決めることが出来ずに、地域の職員たちは本庁だけを向いて仕事をしている。

地域の名称さえ知らずに、各地域の場所さえ知らない職員がいる。

なんでも本庁へ行けという。

地域の総合支所が権限もお金も何も持っていない...合併後の不満は増すばかりです。

「離婚できない結婚が合併である」と、断言した人がいましたが…人は過ちを犯すものですから、合併が正しくなくて間違いであったならば元の共同体へ戻りたいと思うのは当然のことだと思います。

やり直しがきかないことへの不便さを嘆く人の声は大きくなるばかりのようです。

このような中で迎える大崎市の4月の選挙は、現段階では、まだ盛り上がらないような気もしますが…今ほど「政治に力があれば!」と、思っているのは私だけではないと思います。

地域にとって大切なものは地域の人々が考えて決めることが一番大事なことであることを多くの地域民は思っているはずですし、地域の課題は、地域内で見つけて課題解決に向けて、その地域の人々が努力をすることが当たり前のことだと思います。

やっと最近になってその重要性が共通して解るようになってきているのではないかと思っている私なのですが…

もう一度、冷静に周りを見渡して、一人一人の市民が、今必要なものは何なのかをよく考えて…大崎市の政治の力にも期待が出来ればというような建設的な話し合いを、久しぶりに親しい方々と出来たことが嬉しかった私でした。

今日のガンディーの言葉「汽車を動かすのは、ホイッスルではない。しかし、動かす馬力はスチームの中で用意されている。」

投稿者 jizai3 : 14:34 | コメント (0)

2014年2月23日

2月最後の日曜日、春の兆しを感じて…

今日は2月最後の日曜日ですが…やっと暖かい春が近づいている兆しを感じることが出来ました。

落ち着いた陽射しは、穏やかで周りを包み込むような優しい雰囲気があります。

本当に…やっとという感じですね!

大雪の被害はまだまだのようで、全国的に地域の弱点がすっかり浮き彫りになってしまったようですが…異常気象を思わせる天候不順は、天候が不順なままに一層定着してしまいそうな気配です。

日本はそうでなくても自然災害の多い国ですから、今後はますます災害対策の強化が必要だと思われますが…東日本大震災を体験した我々は、科学技術の限界を思い知らされたのですから。

そして、尚、もうすぐあの震災から3年が経過しようとしているのに…漏れ出した放射能はコントロールなどされていないのですから…

大自然には科学技術を超えた力があることを認めた上で、自然と対峙しない災害対策が必要だと思います。

抗えないことには、どんなことをしても抗えないのですから…

それでも、自然は厳しく人間に迫ってくることも勿論ありますが…豊かな恵みを与えて、傷ついた私たちの心を癒す力も与えてくれるのですから…

原発は、平和利用の為とは言っても現代人が持つ科学力ではコントロール出来る代物ではないことを一日も早く肯定したほうが、人類の安心安全な未来の為には役立つのではないかと思っている私です。

こちらが絶対に駄目となれば、違う道を模索するのが考える力を持つ人間の行為なのですから…

春らしさを感じる中で…いい音楽を聴きながら少しでも心がウキウキすることを考えたいと思っている私です。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 11:47 | コメント (0)

2014年2月22日

努力することの尊さを学んだ人は…

多くの人々に感動を与えたソチオリンピックが終盤を迎えました。

どんな時でも向上心を失わず、逃げ出したいような自分の心を克服して…銀盤の上で見事な演技を披露した浅田選手が演技終了直後に流した涙とその後の笑顔に震えるような感動を覚えた人は本当にたくさんいらしたようです。

昨年、引退表明をした安藤美姫さんが今回のオリンピックを振り返って、とても解り易い解説をして下さいました。

審査は、その演技の加点や減点でかなり左右されるものらしいですね。

安藤さんは今回の審査については妥当だとおっしゃいました。

そして、安藤さんは、幼い頃からの真央さんを良く知っている人らしく温かいコメントを述べてから…「本当にお疲れ様でした」と、結びました。

メダル以上の価値があることを教えてくれた今回のオリンピックは本当に素晴らしいと思いました。

あまりメジャーではない競技も多く、初めて観たものも多かったですが…自分の目標に向かって常に最大限の努力をしている方々がいらっしゃることを知って心が洗われる思いでした。

でもよくよく考えてみますと、私たちの周りにも目立ちはしないけれども、コツコツと地域の人たちの為に惜しみないお世話をして下さる人や、人の評価を気にせずに日々善行を行っている人たちは…いらっしゃいます。

本当に大事なものは意外と人の目には付きにくいものなのかも知れません。

気づかないで暮らすことよりは、いろいろなことに気づかされて生きる方が良いと思っている私ですが…自分なりの努力をしていつも向上心を持って生きてゆきたいと思えるような、前向きの気持ちの朝を迎えたのはオリンピックの影響が大きいようです。

これからも、小さなことに意義を感じながら、ささやかな喜びを大切にして、出来るだけ不満を抱かず、素直な気持ちで自分らしく生きて行きたいと思っています。

今は、健康になってやっと自分を取り戻したような気分になっている私なのですが…

今日のガンディーの言葉「清い考えは喋られた言葉よりもはるかにもっと効果がある。」「心の内のランプが燃える時、全世界を照らす。」「自分の成すべきことを、やり遂げた静かな喜びは、どんな喜びとも比べられない。」

投稿者 jizai3 : 10:58 | コメント (0)

2014年2月21日

一晩で立て直しを図り、有終の美を演じた姿に涙して…

今朝の報道で、私たちは浅田選手が素晴らしい演技をしたことを知り、その映像を見ました。

「起きていて観ようか。」という主人の言葉に「私は、後からでいい...」と言って、今回のフィギアスケートの戦いは、いつも後から観ていました。

私と同じで…先日伺ったA美容室の先生も「真央ちゃんを見ると胸が痛くなるから…私は後から観るようにしているの。」と言っていましたが…お母様を亡くしてからの真央ちゃんの頑張る姿には涙が出そうになるので…私もいつも後からばかりの演技を観ていました。

今朝は何度も涙をこぼしながら真央ちゃんの素晴らしい滑りを観ました。

「自分を支えてくれた方々への恩返しが出来たと思う。」と、言って、いつも変わらずに誠実に答える真央ちゃんの姿には本当に胸が痛くなってしまいました。

主人も何度も涙をぬぐってTVを観ていました。

きっと、今回の真央ちゃんの演技には多くの人々が涙したことと思います。

今回のソチオリンピックには他にもいろいろなドラマがあったようで、一人の人間が世界の頂点を目指して努力する姿の表の部分だけじゃなく裏側になるものにも光が当たって私たちにも多くの出来事が伝わって来ました。

スポーツが持つ力の素晴らしさ、感動など…必死の頑張りを通してオリンピックは実にいろいろなものを伝えてくれたと思います。

メダルをとる以上の素晴らしさを伝えてくれた真央ちゃんが今後どのような道を選択しても…いつも前を向いて、ひたすら努力をし続けた素晴らしい実践者の生き方を私たちは決して忘れることはないと思います。

十分なオフの時間を楽しんでから、真央ちゃんらしい生き方をして頂きたいと思います。

~~浅田真央さん、本当にお疲れ様でした。感動をありがとう!~~

今日のガンディーの言葉「我々は、最大の努力という事に、どう名づけたらいいのでしょうか。割り当てられた仕事ではなく、自分のエネルギーを全て費やすような努力です。成功することは、一般にそのような清純な努力に通じることです。」

投稿者 jizai3 : 12:45 | コメント (0)

2014年2月20日

大雪の為に欠品になった生活必需品について…

私が生協の個配のお世話になってから…もう10年が経過します。

自宅玄関まで品物が届けられるので、いつもありがたく思いながら利用をさせて頂いています。

先日の大雪の後の月曜にいつも通り個配の品物が届いたのですが…交通事情により今回は牛乳を欠品とさせて頂きますというお知らせ文が入っていました。

これまで、一度も頼んだ牛乳が届かなかったことはありませんでしたので…昨日コンビニに行って購入してきました。

我が家は高齢者が二人だけなので…食料品に関しては何でも多少の我慢は出来ますが…牛乳となるとお子様のいらっしゃる家では生活必需品の中でも最も大事な毎日欠かせない飲み物だと思います。

それが、届かなかったことに関する思いは私にとってはとても複雑でした。

今回の大雪では、まだまだ不便な生活を強いられている人々は多いようですが…これだけ利便性に富んだ生活をしている私たちのライフラインが如何に脆弱なものかを思い知らされた出来事となりました。

豪雪発生被害で起きたビニルハウスの被害なども相当なもので…今後の葉物野菜の高騰なども予想されそうです。

しかし、同時に今回の豪雪発生被害は、ソチのオリンピック放送の影に隠れてしまったようにも感じている私です。

2011年3月11日に起きた東日本大震災による東京電力福島第一原発事故も2020年オリンピック・パラリンピック開催の喜びに薄められてしまったように思いながら…今の日本の在り方は何処かが変だと思って、心の奥底に深く横たわっているある種の不安をぬぐえないでいる私です。

これで良いのかという思いを持ちながら…今日も衆院予算委員会の国会中継を見ている私ですが、NHK新会長の信じられないような就任会見での発言や、相次ぐ公人の失言、そして、それをすぐに打ち消す菅官房長官の言葉など…何か大切なものに少しずつ狂いが生じているような気がして底知れない私の不安は大きくなるばかりなのです。

今日のガンディーの言葉「間違っている知識に目をひからそう。この知識は真理を止め、真理を離脱させる悪い知識である。」

投稿者 jizai3 : 11:46 | コメント (0)

2014年2月19日

暦の上では「雨水」春の響きはまだ遠くて…

今日は、暦の上での「雨水」

これからの季節は、雪ではなく、降るのは雨ということのようで、言葉としてはとっても春らしい言葉ですが…春の訪れはまだまだ遠くに感じる今日この頃の寒さです。

木曜日についていたこの地域の雪マークが消え、明日のお天気マークは晴れの太陽マークに変わりました。

雪が降らなくなったというだけで、私の気持ちが軽くなりました。

もう雪はこりごりです。

ギャラリーの構内にもいろいろな所に雪がうず高く積もれています。

すっかり薄汚れてしまった雪ですが…大雪だったことを思わせるには十分な高さになって残っています。

この大雪では、私の周りでもいろいろなことがあったようでした。

物知りのOさんは「自然が織りなすことにはいろいろな出来事がある。人間は異常気象などという言葉で片付けてしまうが…大自然から見れば異常気象でもなんでもなく、自然のサイクルの中でのごくごく自然の出来事なのかも知れない。要するに自然を侮るなということだと思うよ。」と、澄ました顔で話してくれたことが私の心に残りました。

Oさんたちも、お伊勢参りをしての帰り道に大雪に出逢って大変な思いをしながらも…予定を延ばさずに遅れたけれども新幹線に乗って…松山に戻って来たのだそうです。
「でもね、内宮外宮をお参りした時には、素晴らしいお天気に恵まれたのだから...」と、穏やかに話してくれました。

研修旅行で東京へ出掛けて…やっと古川へ着いた人の話など、今回の大雪の影響を受けた人々は私の周りにも意外と多かったようでした。

何処へも出かけず、大雪がおさまることをじっと辛抱して待っていたという人の声も聞かれましたが…今回の大雪には多くの人々が苦しめられたようでした。

大自然の大きな力を決して侮ることなく、自然の流れに逆らわずに…どうやら私たちは、自然が持つサイクルの中もう少し慎ましく生きなければならないようです。

今日のガンディーの言葉「注意深く観察すれば天国は此処、私共の地球であり、空の彼方ではないということが解る。」

投稿者 jizai3 : 12:16 | コメント (0)

2014年2月18日

メインの道路に雪は少なくなっても周りはまだまだ雪景色…

半年に1度の定期健診の為に涌谷のT眼科へ向かう途中の雪景色です。

メインの道路の雪は無くなっていますが…私たちの周りの田畑はすべて見事なほどの雪景色です。

青い冬空が広がっていますが、昨日も今日も風がとても冷たくて、耳が痛くなり、外へ出ると身震いをしてしまいます。

この寒さはまだもう少し続きそうですね。

東北地方の木曜の天気予報には大きな雪マークがつきました。

ギャラリーの裏口には日が当たらないので…カチンカチンの凍り付いた所があってとても怖いので午前中にシャベルを出して氷を壊してみました。

だいぶ歩き易くなりましたが、凍り付いた道は滑って危険ですから…慎重に慎重に気を付けて歩くようにしていますが、雪が積もってしまいますと危険度は増すばかりです。

今回の大雪の被害は想定外だったようで…普段あまり雪が降らないところでの積雪には苦しめられた人々が多かったようです。

あと1ヶ月の辛抱だとは思いますが…今年の雪には悩まされた人々が多かったですし、事故なども多かったようでした。

天候不順や想定外の被害に振り回される2014年になりそうで…私たちの不安は増すばかりのようです。

大自然の中で息づいている私たちは、自然が持つ力の脅威には歯向かえないことを十分に知っているつもりですが…今回の大雪にもその力の凄さを見せつけられた思いがして怯んでしまった私です。

今日のガンディーの言葉「全て、神に属している時、我々は何を差し出したら良いのだろうか。」

投稿者 jizai3 : 15:56 | コメント (0)

2014年2月17日

美味しく食べられることの幸せ…

今回ひいた風邪は10年ぶり以上の事でしたが…食欲が全くないことが辛かったです。

何かを食べようと思っても…食べられず、私は水と青汁と牛乳ばかりを飲んでいたように思います。

食べることのきっかけとなったのは、焼き芋でした。

残った焼き芋でサツマイモのサラダを作ってブロッコリーとか、ゆで卵とか、きゅうり、人参、玉ねぎなどを入れてマヨネーズであえたのですが…それを食べられるようになってから少し食欲が出たように思います。

食欲がない時に、何か食べられるものはないかしらと思って考えても何も食べたいものが見つからずに…今回は本当に参ってしまいました。

お菓子もアイスクリームも果物も食べたくなくて…でも、お昼に偶然お芋屋さんがピーピー鳴らしてやって来ましたので、ホカホカのサツマイモを食べましたら少し元気が出てきて…救われました。

主人は「お芋やさんに感謝だね。今度も来たら買ったほうがいいよ!」などと言っています。

ギャラリーにいらっしゃる方の中にも私たちと同じように食欲がなくて困ったと言う方は多いようでした。

やはり、何かがきっかけで食べられるようになったそうです。

皆様方も「食べ物が美味しくないと人生の喜びは半減する。」と、おっしゃっていました。

「美味しいな!」と、思って食事が出来ることは本当に幸せなことだと思いました。

食べ過ぎは決して良くありませんが…腹八分目で美味しく食事が出来ることに感謝したい気持ちでいっぱいの私たちです。

今日のガンディーの言葉「良い考えは香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 11:57 | コメント (0)

2014年2月16日

大根おろしのようなぬかるみの朝を迎えて…


今朝は心配したような大雪の朝ではありませんでしたが…道路はぬかるんでいて大根おろしのような雪道で、歩きにくさは相当なものでした。

Blog写真は、大崎市松山文化丁区表通りの交差点前の様子ですが…路面はビシャビシャです。

歩道の雪も融けかけていますので…とても歩きにくく、大雪にならなかったのは幸いでしたが、歩きの人には泥はねなどに注意をしながらの歩行になるので大変そうです。

おかげ様で風邪のほうもだいぶ良くなってきたようです。

少しずつ食べ物が美味しく感じられるようになってきました。

食べるものが美味しくないと人生の喜びは半減するものですね。

何を食べても美味しいと感じられることのありがたさを想う日々です。

今週の中頃には、又、雪マークの天気予報が出ているようですが…本当にもう雪はいらないと思っています。

暖かい春の訪れが待ち遠しくて、首が痛くなりそうな思いをしている私なのですが…

短期間にいろいろなことを経験した私たちですが…あの体験すら遠い日の出来事のようで、時々二人で「まるで嘘みたいだね!」と言っていますが…当たり前の日常が送れることのありがたさにただただ感謝の私たちです。

今日のガンディーの言葉「良い考えは香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 10:59 | コメント (0)

2014年2月15日

またしても大雪の予報が…

またしても大雪の予報が出ている東北地方です。

雪はもうたくさんなのですが、昨晩から雪が降り、今朝は10㎝ほどの積雪がありました。

とても水っぽく、意外と暖かいのでこの前の固まった雪が片付く易くなっていました。

明日が本格的な雪模様になっていますが…雨に変わってしまいそうな空模様です。

今朝も雪掃きの朝でしたが…腕も肩も腰にも痛みが残りました。

重みのある湿っぽい雪は、片づけるのが大変です。

右肩の上の方に違和感があり、その後しばらくは筋肉痛のような痛みが残るはずです。

毎年のことですが…雪国で暮らす人のことを想えば私の住む地域はまだまだましな方なのにつくづく年齢を感じさせられる年頃になってしまいました。

「1年って言えない!」という言葉に真実味があると感じた2014年の2月15日の朝でした。

それでも、今朝はフィギュア男子・羽生選手が金メダルに輝いたニュースを聴いて大変嬉しく思いました。

日本選手が、スケートで頂点に立てたなんて…本当に素晴らしい快挙だと思います。

仙台出身ということが、東日本大震災で被災をした人々を励ましてくれることに繋がると思って…ただただ嬉しく思える一日のスタートになりました。

今日のガンディーの言葉「精神が目を覚ました時、全ての悲しみは消える。」「自分に神を持つ人は、全てを持っている。」

投稿者 jizai3 : 11:00 | コメント (0)

2014年2月14日

健康であることへの感謝を込めて…

2月12日(水)は、午後3時半からの2ヶ月に1度の定期健診をいつも通りに終えて自宅へ戻って来ました。

何事もなく、TVでのオリンピックを楽しみながら時は過ぎていったのですが…

午後9時頃に主人が急に歩けなくなって両足に力が入らなくなったと言い…私は急いでお風呂から上がって救急車を呼びました

息子も直ぐに駆けつけてくれて…一緒に市民病院の救急センターへ向かいました。

丁度10年前に脳梗塞を起こした時のことを思い出し、私は自分が如何に慌てているかを知りながらも…何も出来ずにただ主人を見ているだけでした。

病院ではすぐに検査をしてくれました。

CT検査の後に医師から呼ばれて「これから、一応念の為にMRIを撮りますが、脳梗塞の心配はないと思います。血液検査も大丈夫でしたし...」と言われました。

先生の診断は「新しく脳梗塞が起きた事もありませんし、心配はいりません。何の手当もすることがないので帰っていいですよ。」と言われたのですが…一泊だけさせてもらうことにして私は息子と午前2時近くにタクシーで帰りました。

翌日は午前10時まで病院へ迎えに行って…三人で無事に帰ってきました。

昨日は、一度もギャラリーに出ずに自宅で過ごして…出来るだけいつものように暮らすようにと言われましたので水分補給だけは気を付けて…今日はいつも通りにお店を開けました。

お店を開けるなり、同級生のMさんや明るいH子さんの顔を見て…幸せを感じた私ですが…いつものように歌を愛するお客様たちがいらして下さってギャラリーは賑わっていますが…いつも通りの生活が出来ることにとても感謝をしている私でした。

ありきたりの日常の中に静かで満ち足りた幸せがあることを十分噛みしめながら皆さんの歌を聴いている私たちです。

主人はどちらかというとあまり水分をとる方ではなかったのですが…昨日あたりからは意識をして水分補給に努めているようです。

今回も本当にいろいろな方々のお世話になってしまいました。~ありがとうございました~

私の風邪も少しずつ回復しつつあるようで...お昼に食べた焼き芋がとても美味しく感じられて嬉しく思いました。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 13:42 | コメント (0)

2014年2月12日

真冬にひいた風邪は治りがよくなくて…

風邪のウイルスは、なかなか強烈なようで…私の喉の痛みは殆どなくなりましたし、熱もないのですが、咳は時々出ます。

ですから、マスクはまだ手離せないでいます。

主人の喉もだいぶ落ち着いたようですが…マスクは邪魔だと言って日中はかけていません。

風邪の症状が出てから約1週間が経ちますが…完治したとまでは言えないでいます。

昨日は建国記念日であり、東日本大震災から2年11ヶ月目にあたる一日となりました。

各地でいろいろな行事なども行われたようですが…いろいろな人々が共に話し合う時間を持つことは良い事だと思います。

来月の11日が来れば、あの日から丁度3年目ということになるわけですが…東日本大震災の災禍は、20年開催のオリンピック・パラリンピックの喜びに隠れてしまって、薄れたようにも感じることもありますが、決して忘れさせてはいけない出来事だと思っています。

前へ進まなければいけないことは確かですが…心の傷跡は時間が経過して薄れる部分と、深まってしまう部分があると思われます。

気が遠くなるくらいの時間をかけないと忘れることなんて出来ないという人の声もありますし、決して忘れたくないという人もいます。

かけがえのない人を失ったことで出来た心の穴を埋めるには本当に時間がかかるものだと思います。

エネルギー問題がやや表面化した都知事選も終わって…今はせめて日本政府には何事もなかったかのように原発再稼働へ安易に舵を切ることのないようにお願いしたい気持ちでいっぱいです。

今日のガンディーの言葉「良い考えは香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 11:24 | コメント (0)

2014年2月11日

まだまだ融けない雪に苛立ちを覚えて…


今朝の自在窯&ギャラリー構内の様子ですが…ところどころの地面が顔を出し始めました。

お天気は良く暖かい陽射しが注いでいます。

でも、早い時間の道路は路面凍結で…歩く時にはかなり神経を使います。

今朝は燃えるゴミの日でしたが、大雪の名残りで集積所へ車を寄せることは難しいですし、歩いて運ぶのは怖いしで…よくよく考えて今朝は止めました。

主人は「無理して出さなくてもいいじゃないか。」と言いましたので…燃えるゴミ袋一つはギャラリーの裏口に置いたままにして、次回に出すことにしました。

昨晩は、先日鳴子に一緒に出掛けた主人の妹から℡が来て、土曜日に旦那様がインフルエンザで入院したことを知りました。

「貴方達は大丈夫だった?」と、聞かれて…私が風邪をひいて地域の病院へ行ってお薬をもらった事を話し、主人も少し喉が痛いと言っていると告げました。

主人の妹も「喉の調子が少し変で!」と、言っていました。

妹の旦那様は、急に高熱が出て呼吸が苦しくなって大変だったそうです。

私たちは二人とも喉の調子が悪く、咳が少し出て、熱などはありませんが…二人とも全く食欲がありません。

食べたくないし、何を食べても美味しくないし…明日は2ヶ月に一度の通院の日なので医師に症状を伝えると主人は言っています。

何十年ぶりに引いた風邪ですが…つくづく健康であることのありがたさを思い知らされている二人です。

苛立つ気持ちで大雪の名残りを見ながら…春はもうすぐそこまでやって来ているのでしょうが、本格的な春の訪れを心待ちにしている私です。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 11:46 | コメント (0)

2014年2月10日

何度も聞こえる救急車の音に…


歩きにくいなんていうものではないくらいに大変な大雪の影響です。

大雪が積み上げられている様子を見ますと…融けて元通りになるまでにはかなりの日数を要するものと思われます。

驚異的な今回の大雪では命を亡くした人もいますし、怪我をした人もたくさんいらしたようです。

気温も低いのでなかなか融けないようですし、凍りかけた道路を歩くのは本当に怖いです。

表通りを行き交う車もかなり減速をして走っているようですが…週末にやって来る寒波にも要注意だそうです。

最近では、外に出るたびに救急車の音を耳にしている私ですが…寒さで体調を崩した人や、転倒などの怪我で救急車を呼んでいるのかしらと思ったりしていますが…出来れば救急車のお世話などにならずに暮らせることが一番良いのですが、こんな時期は無理をせずに外出なども出来るだけ控えて静かに生活をすることがいいみたいです。

都知事選が終わって予想通りの候補者・舛添氏が勝利しました。

大雪の影響もあって投票率は50%以下ということでしたが…想像以上に盛り上がりはなかったようでした。

投票率が低いと、組織票を持つところが強いのは周知のとおりですが…日本の首都・東京の投票率が低過ぎることがとても気になります。

圧倒的与党優位の国政も都政も…日本の民主主義が問われるのはこれからだと思います。

明日は建国記念日です。

建国の意味など、日本人の一人として改めて考えてみたいと思っている私です。

今日のガンディーの言葉「良い考えは、香水のようだ。」

投稿者 jizai3 : 15:17 | コメント (2)

2014年2月 9日

大雪!


Blog写真は、夕方5時半ごろの自在窯&ギャラリーの構内の様子です。

35㎝以上の積雪があったと思える大雪の朝、主人の車は空回りで…自宅からギャラリーに来ることさえ出来ずに今日は臨時休業となってしまいました。

私も雪掃きに挑戦をしたのですが…重い雪で腕と腰が痛くなってしまって、すぐにリタイアでした。

仙台では78年ぶりの大雪だそうです。

でも、午後からは主人の同級生の息子さんが除雪をしてくれましたので、やっと夕方にギャラリーに来ることが出来ました。

本当にありがたいと思い、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

ギャラリーの玄関前の道路も雪だらけで…全てが閉ざされてしまったような静かな世界に入り込んでしまったようでしたが、時折、どこからか救急車の音がけたたましく聞こえてきます。

今日は、何も出来ないままに一日が終了してしまいそうです。

今日のガンディーの言葉「あなたのポケットに入り込む全ての平和を辿りなさい。そうすれば、そうすることで、そのような投影の多くを学ぶことになるでしょう。」

投稿者 jizai3 : 18:00 | コメント (0)

2014年2月 8日

立春を過ぎた寒さを余寒と呼ぶのだそうですが、今季最強の寒波に見舞われそうな日本列島


連日の霜柱の朝は、本当に冷え込んでいます。

立春を過ぎた寒さのことを余寒というそうですが…今夜から明朝にかけては今季最強の寒波に包まれそうな日本列島です。

太平洋側にも大雪警報が出されています。

一時暖かくなったしまったことを経験した私たちには…大変に堪える寒さになっているようです。

私の風邪は、喉の痛みがすっかりなくなり、微熱も無くなって後は食欲が出てくれたらいいのですが、何となく具合が悪いという感じは本当に無くなりました。

木曜日の昼から薬を飲みはじめて、今日の昼で丁度2日目になります。

昨日よりは気分も良く、肩の痛みもたいぶ軽減してきました。

私には、具合が悪くなるということが殆どないので…今回はすっかり参ってしまいました。

最近では、寝過ぎるほど寝ているのですが…眠い感じは相変わらずで横になりたい気持ちは多々あります。

暖かくして休むことが一番良いようですね。

疲れなども溜まっていたのだと思います。

私は、ここ何十年も風邪ひとつひかないでいたのですから…子供の頃は月に一度くらいは風邪をひいて、病弱な子供だと思われていましたし、自分でも身体の弱い子どもと思い込んでいたのですから。

本当に大人になるにつけて丈夫になった私なのです。

具合が悪いと集中力も途切れがちで…いいことなしですね!

早く良くなりたいと思っている私です。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 11:12 | コメント (0)

2014年2月 7日

久しぶりにひいた風邪に体力は消耗して...疲れ易くて


喉の痛みはだいぶ良くなりましたが…眠くてすぐに横になりたい気持ちです。

お薬を飲む為に、何かを食べなければと思うのですが…何も食べたくないし、本当に困っています。

すっかり体力が消耗して疲れやすくなっています。

いつものように元気になれたらと思うのですが…久しぶりにひいた風邪は私の気力や活力まで奪ってしまったようです。

食欲が出てくれば元気になれそうですので…今は食べたいものを一生懸命に考えているところです。

お茶やコーヒーなども飲む気がしないでいますので、最近は白湯ばかりを飲んでいます。

肩の関節が痛くて、肩こりが重症化した感じですが、お医者様は「感冒にかかれば仕方のないことで、症状としては当たり前のことですから...」と、おしゃっていましたので我慢するしかないのかと思っています。

一日も早く元気になりたいと思っている私です。

そして又、皆さん方の歌を聴いて元気になりたいと思う私です。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 10:29 | コメント (0)

2014年2月 6日

喉が痛くて….

昨晩から喉が痛くて、咳も出て、微熱もある感じで肩が痛くて風邪の症状がありました。

昨日は、午後7時から翌日の午前8時まで13時間も眠りましたが…それでも具合が悪くて今日は近所の病院へ行きました。

お医者様は「インフルエンザとかではなく、普通の風邪でしょう。お薬を飲んでとにかく休んでいて下さいね。」とおっしゃいました。

風邪をひいたのは、何十年ぶりのことで食欲もなく…ただただ今は眠いだけです。

お昼に飲んだお薬でのどの痛みはだいぶおさまりました。

今日は早く帰って休むつもりです。

主人にうつさないようにと思っているのですが…

今日のガンディーの言葉「人間の身体は楽器に似ている。そのまた音も楽器で忠実に表現される。」

投稿者 jizai3 : 13:39 | コメント (0)

2014年2月 5日

誕生祝は、雪の鳴子温泉郷で…

Blog写真は、2月4日立春・鳴子ホテルの11fのお部屋から眺めた夕暮れの大崎市鳴子地区の様子です。

雪は残っていましたが…穏やかな日没を向けようとしていました。

昨日は、主人の妹のお誕生日で妹の旦那様から私たちも誘われて鳴子ホテルに宿泊しました。

平日でも、鳴子ホテルにはお客様たちがいっぱいで賑わっていました。

午後6時からは、鳴子ホテルが売りにしているバイキングの夕食を楽しみました。

お酒などを戴きながら美味しい食事を戴き、いろいろな話をしながら2時間食堂に居て、その後はバーでカラオケを唄い、部屋に戻って、又、おしゃべりをして充実の時間を過ごしました。

主人の妹夫婦と一緒に出掛けたのは、孫の結婚式と佐世保で行った三男の結婚式以来でした。

主人の妹夫婦はとても仲が良く…結婚生活はもう49年になるそうです。

気を遣わなくてもいい人たちなのでとても楽しい2日間でした。

今朝の鳴子は猛吹雪で、前方が見えにくい状態でした。

時々強い風とともに雪が吹雪くのでとても寒かったのですが…ホテルの中にいると暖かくて外の寒さは想像も出来ないほどでした。

鳴子ホテルの玄関前で撮影した猛吹雪の様子です。

ホテルのフロント横のガラス窓からの眺めです。

植木が綿帽子をかぶって…寒そうです。

栗原市瀬峰地区は5㎝の積雪があったそうですが、松山地域は小牛田との境界線にある野田橋を過ぎたあたりからは雪がぐーんと少なくなってほんの少しの積雪でした。

でも、風は強く、午後からもビュービューという鈍い呻り音をたてています。

暖かくなった後の寒さは、とても寒く感じるものですね。

今週末にも、又、強い寒さがやって来るようですが…お互いに風邪などひかぬように気を付けて過ごしたいものですね。

食事の用意や片づけの無い日を過ごすことが出来て素晴らしい気分転換となり…いっぱいおしゃべりが出来た誕生会は最高でした。

~晃一さん、ありがとう!~

今日のガンディーの言葉「注意深く観察すれば天国は此処、私共の地球であり空の彼方ではないということが解る。」

投稿者 jizai3 : 13:36 | コメント (0)

2014年2月 4日

民主主義の最たるものが選挙だというが…

の開花のニュースを聞く季節となりました。

昨日の節分が終わり、暦の上では立春ですが…体感温度は、昨日と比較しますと10℃以上もあると思われますが…今朝の我が家の室温は8℃でした。

昨日、午後6時半の帰宅時の室温は18度もありましたので今日は低温ですが…思ったほどの寒さではありません。

昨日の報道で、大阪市長の橋下氏が、辞任をして選挙をするということを知りました。

私は、先日の名護市長選でも思いましたが…民主主義に選挙はいい手段だとは思いますが…同時に、私は名護の選挙に民主主義の限界を見た思いでした。

やはり、大切だと思うのは意見の違う人々とのとことん行う話し合だと思います。

私には、今回の高額なお金を使って任期を全うせずに行われる大阪市の選挙には大義があるとは思えないのです。

選挙ばかり行っても、ますます市民・国民は政治から遠ざかるばかりではないのでしょうか?

「民意」と政治家の方々は良く言いますが…市長に選ばれたことも市議に選ばれたことも、私はどちらも民意の表れだと思います。

むしろ、表示された民意を軽んじているのは政治家の方々だと思います。

選ばれた人は、合意を得る為にどれだけの努力をしているというつもりなのでしょうか?

高度な民主主義国家とは思えないような言動が目立っているようで…本当に悲しくなってしまいます。

選挙に意義がないとは思えませんが…私たち国民が与えられた権利を行使せずに、何故、放棄するのかを政治家たちはもっと真剣に考えるべきですし、投票率低下の原因ももっと深刻に受け止めるべきだと思います。

政治に期待が寄せられず、政治家を信頼出来ないでいる国民は本当に不幸だと思います。

心を込めて相手のことを考えながら、お互いに歩み寄れるところまできちんと話すことは、選挙をすることよりも重要なことだと私には思えるのですが…

「日本人は、話下手」から一日も早くに脱却することが、戦後レジュームからの本当の脱却になる近道だと思っている私です。

政治家同士とも、アジアの隣国同士とも、上手に話すことが出来るように、煽られたら、即、煽り返すのではなく…もっと高度で成熟した日本の民主主義国家の姿を示すことのほうが重要だと思います。

今日のガンディーの言葉「きれいな心から叫ばれた言葉は、決して空しく進まない。」

投稿者 jizai3 : 11:39 | コメント (0)

2014年2月 3日

今日は節分、ポカポカ陽気で春めいて…

お客様から頂いた「金のなる木」ですが…今年の花の色はだいぶピンクがかっています。

昨年は真っ白だったのですが…2014年に咲いたお花のきれいな薄紅色はとても春っぽく見えます。

「節分」の今日のお天気はだいぶ春めいています。

朝から暖かかったのですが…日中はポカポカ陽気で、夕方から寒さがぶり返すなんて考えられない雰囲気ですが…明朝は真冬に逆戻りという天気予報が出ています。

昨日は、大勢の方々のいい歌をたくさん聴かせて頂きました。

だいぶ混み合っていましたが、自在窯&ギャラリーにいらっしゃる方々のマナーは大変良く、お互いに皆の歌を静かに聴いて下さいますので…待ち時間が長くても文句も言わずに順繰りに唄って下さいますので経営者と致しましてはとても嬉しく思っております。

いつも遠方からいらして下さっているKさんが「小野寺さん、このぐらい混んでいてもマナーがいいと気持ちがいいですね。人の歌を聴くことも勉強ですから…」と言って下さいました。

15名以上になる時に、私は「待ち時間がだいぶありますが…」と言いますが、そのような時のほとんどのお客様の答えは「歌わなくてもいいから、聴いているだけでもいいから入れて下さい。」という言葉です。

「じゃー出直します。」と言ってお帰りになる方はほとんどなく…本当に、皆様方は歌がお好きな方たちばかりです。

今年の1月から2月にかけて…歌えるギャラリー自在窯はとても賑わっています。

おかげ様で、週三回(金・土・日)のカラオケ店がだいぶ定着したようです。

今年もいい歌をたくさん聴きながら、皆様方と共に楽しい日々を元気に過ごしたいと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 14:56 | コメント (0)

2014年2月 2日

明日は節分…福を呼び込む豆まきを…

今日のお昼に戴いた恵方巻です。

とてもきれいで…食べるのがもったいないくらいでした。

このお寿司を見ますと「あぁーもう春がやって来るな!」と思います。

私の友人は「福が来るように…」と、言いながらラーメンと一緒に2個食べて「美味しいこと!」と言っていました。

楽しく語らいながら美味しいお昼を戴きましたが…次々とお客様たちがいらして、唄う人、昼食を食べる人と…ギャラリーは正午前から賑わい始めました。

今日は、大崎市松山地域の2月の音楽的行事をお知らせ致します。

日 時 2月16日(日)開催 「如月コンサート」:音楽が聞こえる都市づくり事業の一環として実施します。午後2時開演

会 場 大崎市松山老人福祉センター

定 員 70名(申し込み先着順)

料 金 入場料は無料

*希望者は事前申し込みをお願いします。 (℡可) 大崎市松山公民館55-2215

主 催 大崎市松山公民館・市民サークル「松華蔵」

~~ソ二ド・デル・ビエント~~「風の音」 異国情緒たっぷりのアンサンブルユニットの演奏をお届致しますので、是非、ご家族皆様お揃いで聴きにいらして頂きたいと思いますので心よりご案内申し上げます。

今日のガンディーの言葉「人生の楽しみを喜ぶのではなく、人を喜ばすことが楽しみである。」

投稿者 jizai3 : 19:27 | コメント (0)

2014年2月 1日

今日から2月…

今日から2月ですね。

今朝はだいぶ冷え込んだ朝を迎えましたが…午前10時の太陽は暖かい陽射しを注いでくれています。

風邪が流行っているようです。

私の知り合いの方も大きなマスクをかけて咳をして熱は無いけれども喉が痛いと言っています。

午前中に嬉しい報告を受けました。

身体の調子が悪くて外出を控え、家にばかりいた人が…少し良くなって車で出掛けるようになりました。

気分を変えてみようということになって家もリホームすることを決めたという事でした。

明るい笑顔で彼女はこの件を伝えてくれました。

いつも案じておりましたので本当に良かったなと思いました。

今の時代は、真面目な人ほど生きにくい世の中のようですから…上手な気分転換は人として良く生きる上では必要不可欠なもののようです。

いつものように元気で明るく話す彼女と楽しい会話を楽しめたらいいなと思った私ですが…2月最初の嬉しいニュースは、春を告げるような心温まるお知らせでした。

来週は冬に逆戻りで寒さがぶり返すという予報ですが…それでもほんの少しでも春の足音は近づきつつあるようで何となくウキウキしている私です。

今日のガンディーの言葉「大きな事ではなく、良い事を考えよう。」

投稿者 jizai3 : 11:19 | コメント (0)